犬のアレルギーの症状について。おすすめのドッグフードもご紹介

犬も、人間と同様に食物アレルギーを発症することがあります。
犬のアレルギーの症状には、どのようなものがあるのでしょうか?
この記事では、犬のアレルギーの症状と、アレルギー対策のドッグフードの選び方について解説します。 2022年03月23日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の健康ケア犬のカテゴリ - 犬の健康ケア
  • VIEW:988

犬のアレルギーの症状

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは、犬のアレルギーの症状についてご説明します。
ドッグフードを食べた後にこれらの症状がみられたら、そのドッグフードに含まれている成分が犬に合っていない可能性があります。

痒み・皮膚炎

犬の食物アレルギーの症状としては、痒みが挙げられます。
犬がしきりに家具などに身体を擦りつけるような素振りをする、足で身体を掻くなどがみられた場合には、アレルギーの症状によって身体に痒みが生じているのかもしれません。
また、犬が身体を掻くことにより、皮膚炎を発症してしまうこともあります。
炎症はさまざまな部位にみられますが、顔や足先、尻尾などが多いです。
皮膚炎をそのまま放置しておくと、傷口から細菌感染を起こしてしまうこともあるため、注意が必要です。

下痢、嘔吐

食物アレルギーによって、下痢や嘔吐が起こる場合もあります。
これは、腸に刺激があることが原因で、だいたい食事をしてから数時間経ったことにみられるでしょう。

犬のアレルギーの原因となる食材

犬は、さまざまな食物からアレルギー反応が見られます。
主にアレルギー症状を引き起こしやすい食材としては、牛肉や乳製品、鶏肉や小麦などが挙げられます。
これらの食材は、多くのドッグフードに含まれているため、アレルギーに悩む犬はしっかりと対策をしなければなりません。
特に安価なドッグフードは、小麦やとうもろこし類を使用したものも多いです。
必ずしも安価=粗悪というわけではありませんが、ドッグフードの成分や使用している食材は注意して確認する必要があるでしょう。

アレルギー対策のドッグフードの選び方

出典:https://www.shutterstock.com/

アレルギーに悩む犬に対しては、しっかりと対策を検討する必要があります。
次に、アレルギー対策のドッグフードの選び方について見ていきましょう。

グレインフリーのものを選ぶ

アレルギー対策として、グレインフリーのものを選ぶことがおすすめです。
グレインフリーとは、小麦やとうもろこし、大麦などの穀物を使用していないもののことを指します。

注意すべき点は、グレインフリーのドッグフードを与えたからといって、絶対にアレルギーを予防できるわけではない、という点です。
穀物類はあくまでアレルギーの原因のひとつであるため、牛肉アレルギーの犬にグレインフリーのドッグフードを与えても意味はありません。
穀物類は炭水化物が摂れる食材なので、穀物類アレルギーでない場合には、あえてグレインフリーのドッグフードを与える必要はないでしょう。

人工添加物が少ないものを選ぶ

ドッグフードに使用されている添加物は、賞味期限を延ばしたり美味しそうな見た目を維持するものであり、犬から見れば必要のないものです。
人工添加物も、犬によってはアレルギーの原因となる可能性があるため、避けたほうが無難でしょう。

人工添加物の例を挙げると、酸化防止剤であるBHAやBHT、発色剤の亜硫酸ナトリウム、甘味料のキシリトールなどです。
しかし、添加物を一切使用していないドッグフードは、極端に賞味期限が短く扱いにくいというデメリットもあります。
そのため、添加物を使用していたとしても、天然成分を使用したドッグフードを選ぶようにしましょう。

アレルギーを完全に予防することはできない

どんなドッグフードであっても、アレルギーのリスクはあります。
犬のアレルギーの原因となる食材がわかっていれば、手作りフードで対応することもできるでしょうが、犬に必要な栄養素を満たす食事を毎日作るのは、現実的ではないでしょう。
そのため、大切なのは愛犬のアレルギーは何が原因で起こっているのかを特定することです。
動物病院で愛犬のアレルギーの原因を特定できれば、その食材が使用されていないドッグフードを探しやすくなるでしょう。

アレルギーが心配な犬におすすめのドッグフード4選

出典:https://www.shutterstock.com/

最後に、アレルギーが心配な犬におすすめのドッグフードをご紹介します。
これらのドッグフードで完璧にアレルギーが予防できるわけではありませんが、一般的なドッグフードよりも症状が出るリスクは低いといえるでしょう。

ネイティブドッグ プレミアムフィッシュ 低アレルゲン

犬のアレルギーに配慮して作られたドッグフードです。
アレルギーの原因になりやすい原料をカットして、ジャガイモと魚をベースに作られています。
粗悪な原材料や合成着色料、保存料は使用していないため、安心して犬に与えることができるでしょう。


ネイティブドッグ プレミアムフィッシュ 低アレルゲン

アーテミス 犬 アガリクスI/S 小粒

アレルギーの原因となる食材を抑えた上で、犬の健康も維持できるように考えて作られたプレミアムドッグフードです。
人間が食べられる基準であるヒューマングレードの食材を使用しているため、安心して犬に与えることができます。
ビタミンやミネラル、酵素などが含まれたアガリクス茸を使用しているのも特徴です。


アーテミス 犬 アガリクスI/S 小粒

アーテミス フレッシュミックス スモールブリードアダルト

ヒューマングレードの食材を使用した、複数の動物性たんぱく質をバランス良く配合したドッグフードです。
犬にとって有害な物質は使用していないため、アレルギーが心配な犬にもおすすめです。
独自の製法により、栄養成分の吸収効率を高めて効率良く栄養補給することが期待できます。


アーテミス フレッシュミックス スモールブリードアダルト

アカナ グラスフェッドラム

肉類の中でも、アレルギーのリスクが低いラム肉のみを使用したドッグフードです。
また、穀物類やポテト、タピオカなどのアレルギーや肥満になる可能性のある原料は使用していません。
人工着色料や人工保存料も一切使用していないため、安心して与えることができます。


アカナ グラスフェッドラム

アレルギーを完全に予防するのは難しい…

出典:https://www.shutterstock.com/

犬のアレルギー症状としては、痒みやそれに伴う炎症、下痢や嘔吐などが挙げられます。
辛そうな犬を見るのはかわいそうな気持ちになりますが、犬のアレルギーを完全に防ぐことはとても難しいことなのです。
ですが、アレルゲンを特定したり低アレルゲンのドッグフードを与えたりするなど、ある程度の予防や症状改善の糸口はあるはずです。
犬の健康のことも考えて、アレルギーに配慮した人工添加物を使用していないドッグフードを選んでみてはいかがでしょうか。

参考サイト

トクトク本舗(参照日:2022-02-02)
https://item.rakuten.co.jp/tokutoku-honpo/c10k5ux6iy/

わんぱく(参照日:2022-02-02)
https://item.rakuten.co.jp/wanpaku-izukougen/at-ag6s/

Dog Paradise +NYAN(参照日:2022-02-02)
https://item.rakuten.co.jp/dogparadise/4562192370942/

爽快ペットストア(参照日:2022-02-02)
https://item.rakuten.co.jp/nyanzaq/64992570606/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事