犬がよく水を飲む理由は?考えられる病気や原因をご紹介

犬が何度も水を飲む姿を見ると、体調不良や病気を疑いたくなりますよね。ここでは、犬がよく水を飲む理由や考えられる病気、原因についてご紹介します。 2022年02月03日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の健康ケア犬のカテゴリ - 犬の健康ケア
  • VIEW:4,904

犬がよく水を飲む原因とは?

出典:https://www.shutterstock.com

犬は運動をたくさんした後や夏場の時期はたくさん水を飲むことがあります。しかし、それ以外でもたくさん水を飲む場面があります。
ここでは、犬がたくさん水を飲む原因についてご紹介します。

体内の水分量の減少のため

たくさん走った時や気温が高い時などは、体内の水分量が減少します。そのため、犬はたくさん水を飲みます。たくさん水は飲みますが、一時的なものなので、落ち着けば飲む量も落ち着きます。
犬は遊びに夢中になりやすく、脱水症状を起こすまで水分不足に気が付かないことがあります。犬と一緒に遊んでいる時には、こまめに水分補給できる時間を設けるようにしましょう。

薬の副作用

犬は薬の影響でたくさん水を飲むことがあります。病気の症状を緩和するためにステロイド剤を処方されることがあります。ステロイド剤の中には、服用することでたくさん水を飲むという症状が見られる場合があります。
内服薬を服用し始めてから、たくさん水を飲むようであれば、処方した動物病院に連絡し相談するようにしましょう。

病気のため

犬は病気の影響でたくさん水を飲むことがあります。たくさん水を飲むという症状がみられる病気はそこまで多くないため、病気の原因も比較的突き止めやすいです。

たくさん水を飲む症状が見られる病気は、糖尿病、慢性腎不全、クッシング症候群、子宮蓄膿症などです。これらの病気はできるだけ早く治療を行う必要がある病気です。特に、子宮蓄膿症は数日で症状が進行し、命に関わる病気なので、避妊手術をしていないメス犬は特に注意しましょう。

考えられる病気とは?

出典:https://www.shutterstock.com

犬が水を全く飲まないと脱水を起こしてしまう可能性があるため、水をしっかり飲んでくれると安心です。しかし、あまりにもたくさん飲みすぎてしまうという事の裏側には、病気が隠れている可能性もあります。
ここでは、犬がたくさん水を飲んだ時の考えられる病気についてご紹介します。

糖尿病

糖尿病とは、血中にある糖を細胞内へと取り込むことができずに、血中の糖の濃度が上昇してしまう状態の病気です。

犬の場合は膵臓から放出されるインスリンの分泌量が少なくなったため引き起こされる事が多いです。インスリンは、糖の代謝や血糖値を一定に保つ働きをしています。

糖尿病の治療として、インスリン注射を行い、定期的に血液検査を行い、血糖値をコントロールしていきます。

慢性腎不全

慢性腎不全とは腎臓の機能が徐々に低下していく病気です。

腎臓では、体の老廃物を体外に排泄することや電解質の調節、ホルモンの産出・分泌などの働きをしています。腎臓の細胞は一度機能しなくなってしまうと元に戻ることはありません。さらに、病状が進行してから症状が出てくるため、発見も難しくなります。

慢性腎不全の原因は、老化、自己免疫性疾患、腎障害、腫瘍などです。治療としては、食事療法、点滴、内服薬の処方などです。

クッシング症候群

クッシング症候群とは、副腎皮質から分泌されるコルチゾールが大量に放出されることにより起こる病気です。

コルチゾールは、タンパク質を分解、インスリンの働きを阻害、炎症・免疫を抑える、血圧の維持など様々な働きをするホルモンです。過剰に分泌されることにより体に悪影響を与えます。さらに、糖尿病、急性膵炎などの病気も併発する可能性があるため、できるだけ早く治療を行うことが大事です。

子宮蓄膿症

子宮蓄膿症とは、子宮内で細菌感染を引き起こし、子宮に膿が溜まってしまう病気です。避妊手術をしていないメス犬にみられ、診断を受けたらすぐに手術が必要となる緊急性の高い病気です。

原因としては、ヒート後に子宮内に細菌が侵入することです。避妊手術をしていないメスであれば、発症する可能性はあるため、ヒート終了後2ヶ月は犬の様子を見ていく必要があります。

子宮蓄膿症は発見が遅れればそのまま死に至る怖い病気です。出産をさせる予定がないのであれば、避妊手術をしておくことをおすすめします。

水をたくさん飲む時の対策法とは?

出典:https://www.shutterstock.com

犬が水をたくさん飲む時には、自宅で何らかの対策をする必要があります。
ここでは、水をたくさん飲む時の対策法についてご紹介します。

1日にどれくらい飲んでいるのか確かめる

犬がたくさん水を飲む時には、1日にどれくらい水を飲んでいるのか確かめることが大事です。犬は1日に最低でも体重×50ml以上の水を飲みます。そのため、倍以上の量を1日に飲んでいるのであれば水を飲みすぎといえます。
1日にどれだけ飲んでいるのか確かめるためには、与える水の量を測定しながら与えることです。水がなくなったらまた測定して、新しい水を与えていきます。

犬が1日の水分量を測定することで、動物病院での診療の手助けにもなります。いつから水をたくさん飲むようになったかをメモしておき、伝えられるようにしておきましょう。

動物病院を受診する

犬がたくさん水を飲んでいると思った時には、まず、動物病院を受診することをおすすめします。
たくさん水を飲む症状がみられる病気はの中には、命に関わる病気もあります。水を多く飲んでいるだけで健康に見えるかもしれませんが、体の中でも病気が進行している可能性もあります。病気によっては後遺症が残ってしまうケースもあるため、できるだけ早く動物病院を受診することをおすすめします。

たくさん飲んだ量をしっかり確認

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、犬がよく水を飲む理由や考えられる病気、原因についてご紹介しました。
犬がたくさん水を飲んでくれることは一見健康的に見えます。しかし、あまりにも多くの量を飲んでしまう場合は何らかの病気が隠れている可能性もあるのです。

水をたくさん飲む症状が見られる病気は糖尿病、慢性腎不全、クッシング症候群、子宮蓄膿症などです。これらの病気はできるだけ早く治療を行う必要があるため、動物病院の受診がおすすめです。
水を飲む量は自宅でも測定することができるので、たくさん水を飲むと感じる場合は確認してみましょう。自宅で測定できない場合は、動物病院で相談しましょう。

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事