うさぎには何を与えたらよい?おすすめのラビットフードをご紹介

うさぎは、当然のことながら毎日食事をします。
うさぎの餌選びは、うさぎの健康を維持するためにもとても大切です。
この記事では、うさぎの餌の種類や与え方のほか、おすすめのラビットフードもご紹介します。 2021年11月04日作成

  • ペット - うさぎペット - うさぎ
  • VIEW:2,750

うさぎの餌の種類

出典:https://www.shutterstock.com

うさぎの餌には、さまざまな種類があります。
それらの特徴を知り、うさぎに何を与えるのか検討するとよいでしょう。

チモシー

うさぎは草食動物なので、食事のメインはチモシーになるでしょう。
チモシーは牧草ですのでカロリーが低く、うさぎの肥満の心配も少ないです。
ちなみに、チモシーを触ってみるとわかりますが、それなりの硬さがあります。
チモシーをうさぎがしっかりと歯を使って食べることで、歯の伸びすぎを予防することにも繋がるでしょう。
また、食物繊維が豊富であることも特徴のひとつです。
チモシーは、うさぎがいつでも食べられるように常備しておくのがよいでしょう。

アルファルファ

アルファルファは、チモシーと比べると栄養価が高い牧草です。
イネ科のチモシーとは違い、アルファルファはマメ科の牧草になります。
栄養価が高いため、子ウサギのころはアルファルファを与えてもよいでしょう。
しかし、アルファルファは嗜好性が高く、うさぎがチモシーを食べなくなってしまう可能性もあります。

ペレット

ペレットは、チモシーを原料にしたラビットフードです。
チモシーのほかに、うさぎに必要な栄養素を加えています。
また、ペレットにはソフトタイプとハードタイプの2種類の硬さがあり、歯が弱くなってきた高齢のうさぎでもソフトタイプのペレットであれば、問題なく食べることができるでしょう。

野菜

うさぎは草食動物なので、「やっぱり野菜を中心に与えるべき!」と考える人もいるかもしれません。
しかし、うさぎは野菜よりもチモシーをメインに与えたほうがよいでしょう。

野菜は嗜好性が高く、うさぎが喜んで食べることが期待できます。
そのため、高齢になって食欲低下をしてきたうさぎなどには、おやつとして小松菜や人参、青梗菜などの野菜を与えるとよいでしょう。
また、暑い時期には水分補給としれレタスやキャベツを与えるのもおすすめです。
ただし、与えすぎると下痢の原因にもなるため、注意しましょう。

ちなみに、ほかの動物と同様に、うさぎにもねぎ類などは与えてはいけません。
じゃがいもの芽や皮なども、うさぎにとって有害なので与えるのはやめましょう。

うさぎの餌の与え方

出典:https://www.shutterstock.com

うさぎは草食動物ですが、餌を与えすぎると肥満になってしまいます。
うさぎを適正体重に保つためには、どのように餌を与えればよいのでしょうか?

うさぎの餌の量

基本的に、チモシーは常に食べ放題の状態にしておきましょう。
チモシーはうさぎの主食であり、いくら食べても肥満になることはありません。
食物繊維が豊富で、飲み込んだ毛の排出なども期待できます。
そのため、チモシーがなくなることがないように、常にチモシーの量には気を付けておきましょう。
また、チモシーと併せてペレットも与えることがおすすめです。
ペレットは、パッケージに記載されている量を目安に与えましょう。
先述したように、野菜はうさぎが満腹にならないように少量であれば、おやつとして与えても問題ありません。

うさぎの餌の回数

チモシーは先述した通り、どれだけ与えても問題ありません。
ペレットは、朝晩2回に分けて与えましょう。
朝は少量にして、夜に多く与えます。

おすすめのラビットフード4選

出典:https://www.shutterstock.com

最後に、おすすめのラビットフードをご紹介します。
「種類がたくさんあって、どれを与えたらよいか迷っている」という人は、購入時の参考にしてみてはいかがでしょうか?

スーパープレミアムチモシー1番刈り牧草

牧草には6つのランク分けがされており、もっとも品質のよいスーパープレミアムの中でもさらに厳選されたチモシーです。
ジップ付きなので、いつでも新鮮なチモシーをうさぎに与えることができます。
また、500gの内容量はうさぎが新鮮なうちに食べ切れる、ちょうどよい量です。


スーパープレミアムチモシー1番刈り牧草

うさぎの健康食 おいしいチモシー

穂がたっぷりの、スーパープレミアムチモシーです。
しっかりとした香りは、うさぎの食欲を刺激してくれるでしょう。
650gで少し容量が多いため、うさぎの複数飼育をしている人におすすめです。


うさぎの健康食 おいしいチモシー

チモシーのチカラ ハイファイバー

チモシーに加えて、さまざまな栄養素を含んだラビットフードです。
チモシーが苦手であまり食べないうさぎには、このラビットフードを併せて与えるとよいでしょう。
ユッカ抽出物を配合することにより、うさぎの尿臭にも配慮しています。


チモシーのチカラ ハイファイバー

ラビットプレミアムフード

チモシーを主食とすることを前提にして、栄養バランスが最適になるように成分設計がされたラビットフードです。
全年齢に対応しており、うさぎの成長に合わせて餌を切り替える手間がありません。
歯に負担のかからない硬さに調整し、高齢のうさぎでも安心して食べることができるでしょう。
また、嗜好性の高いアルファルファをベースにしているため、うさぎの食欲がないときにも喜んで食べてくれることが期待できます。


ラビットプレミアムフード

草食動物のうさぎの主食はチモシー

出典:https://www.shutterstock.com

草食動物であるうさぎには、主食としてチモシーを与える必要があります。
チモシーはいくら食べても肥満になる心配がなく、歯の伸びすぎを予防できるという点から、うさぎがいつでもチモシーを食べられるような環境にしてあげましょう。
また、チモシーに併せて朝晩2回のペレットを与えることで、十分な栄養素を摂取することができます。
少量の野菜を与えることで、うさぎの気分転換にもなるでしょう。

ただし、ねぎ類などはうさぎにとって有害なので、絶対に与えてはいけません。
うさぎはあくまでチモシーが主食なので、ペレットや野菜は栄養補給の手段として与えるとよいでしょう。

参考サイト

mapet(参照日:2021-10-01)
https://item.rakuten.co.jp/mapet/s-2/

ライフナビ(参照日:2021-10-01)
https://item.rakuten.co.jp/life-navi/e458784h0000/

Fantasy World(参照日:2021-10-01)
https://item.rakuten.co.jp/fantasyworld/137028/

charm 楽天市場店(参照日:2021-10-01)
https://item.rakuten.co.jp/chanet/168576/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事