犬のドライブボックスの必要性は?おすすめグッズもご紹介

犬と一緒にドライブを楽しむためには、ドライブボックスを活用することがおすすめです。ここでは、ドライブボックスの必要性やおすすめドライブボックスもご紹介します。 2021年08月30日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬とおでかけ犬のカテゴリ - 犬とおでかけ
  • VIEW:6,021

ドライブボックスの必要性とは?

出典:https://www.shutterstock.com

犬とともに暮らしていると、犬を車に乗せて移動する機会も多いのではないでしょうか?遊びやレジャーだけでなく、動物病院の診察やトリミングサロンに連れ出す時にも利用することも多いでしょう。ドライブする時には、車に犬をそのまま乗せるのではなく、ペット用のドライブボックスを利用することがおすすめです。
ここでは、ドライブボックスの必要性についてご紹介します。

安全に移動することができる

犬を車の中で自由な状態にしてしまうと、犬が予測不能な行動をとった時にアクセルやブレーキペダルの誤操作の危険性や、窓から外に飛び出してしまう可能性があります。さらに、急ブレーキにより犬の体が投げ出されてしまう可能性もあり、かなり危険です。
ドライブボックスを利用することで犬の位置がしっかり固定されるので、犬がいたずらすることもなくなり、安全に走行することができるようになります。

ドライブ中の体調不良を予防

運転中、犬が自由な状態なままだと、揺れにより車酔いを引き起こすことがあります。いくら走行に気をつけていても、車の揺れは防ぐことはできません。
ドライブボックスを利用することで、車の操作による揺れを最小限に抑えることができます。そのため、車酔いにもなりにくい環境を作り出すことにも役立ちます。

あまりにも車酔いがひどい場合は、ドライブボックスの利用だけでなく、かかりつけの動物病院に相談し、酔い止め薬を処方してもらうといいかもしれませんね。

車を清潔に保つ

犬が車の中をあるきまわると、自然に抜け毛やよだれなどにより汚れてしまいます。
ドライブボックスを利用することで、犬があるきまわることなく、掃除の場所もドライブボックスの中や周辺のみにすることができます。

ドライブボックスの選び方とは?

出典:https://www.shutterstock.com

犬の体に合ったサイズを見つける

ドライブボックスを選ぶ時には、犬の体に合ったサイズを見つけるようにしましょう。犬の体に合わないものを利用すると、運転中に飛び出してしまうことや、そもそも利用することができずに、再度購入しなければいけなくなってしまいます。
ドライブボックスを購入する時には、犬の体の大きさをしっかり測定し、さらに、車に装着できるかも検討するようにしましょう。子犬の頃に購入する時には、成犬になっても利用することができるかも確かめておくといいかもしれませんね。

安全性を確認する

購入を検討しているドライブボックスの安全性も重要なポイントです。犬が飛び出さないような対策がしてあるか、庫内に熱がこもりやすくなっていないか、体を踏ん張ることができるような滑り止めがあるかどうか、などもみてみましょう。
さらに、長時間車に乗せる場合は、犬がボックスの中でリラックスできるかもみておくといいかもしれません。

お手入れのしやすいものを選ぶ

ドライブボックスには、犬の抜け毛やよだれだけでなく、嘔吐物がついてしまうことがあります。洗うことができるような素材を使用していると、しっかりお手入れができるので、清潔を保つことができます。お手入れ方法を確認しながら選んでいくことをおすすめします。

おすすめグッズをご紹介

ペット ドライブベッド

愛犬とのドライブを快適に過ごすことができるドライブボックスです。1年間を通して快適に過ごすことができるようなスエード生地を採用しており、夏場だけでなく、寒さ厳しい季節でも快適に利用することができます。ドライブボックスはシートベルトでしっかり固定ができ、後部座席だけでなく助手席にも取り付けることが可能です。飛び出し防止リード付きなので、犬が飛び出すことなく安全です。


ペット ドライブベッド

ペット用 ドライブボックス PDFW-50

顔を出して外を見渡すことができるドライブボックスです。犬の様子をすぐに確認できるので安心です。飛び出し防止リードが付いているので、犬が飛び出すことを防いでくれます。メッシュの屋根がついているので、元気な犬にも最適です。中敷きにはペットシーツをしっかり固定できるので、掃除も簡単です。シートベルトでしっかり固定できるので安心して使用することができます。


ペット用 ドライブボックス PDFW-50

アイリスオーヤマ 4WAY ペットカート

様々なシーンに対応できる4WAYカートです。カート、キャリングカート、キャリー、ドライブボックスとして活用できるので、お出かけが多い飼い主さんにおすすめです。シートベルトでしっかり固定できるので、滑り落ちることがなく、サイドはフルオープンできるので、犬が顔を出すこともできます。中敷きはペットに優しいクッションが敷いてあり、側面はメッシュで風通し抜群です。お手入れも家庭用洗剤を含ませた布で優しく拭き取り風通しの良い場所に陰干しするだけなので、とても簡単です。


アイリスオーヤマ 4WAY ペットカート

折りたたみ式 おでかけボックス

キャリーとしても利用できるドライブボックスです。ショルダーベルトに車のヘッドレストにかけることでしっかり固定することができます。上部のネットはファスナー式になっており、開閉自由になっています。キャリー内には、飛び出し防止用のリードが付いているので安心して利用可能です。


折りたたみ式 おでかけボックス

ドライブボックスを活用しよう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、ドライブボックスの必要性やおすすめドライブボックスもご紹介しました。ドライブボックスは犬が安全に移動することができ、車の揺れも最小限に抑えることができるので車酔いなどの症状を抑えることにも効果が期待できます。
車の中に、犬を自由にしてしまうと、車の操作を誤ってしまうことや、走行中に車の窓から飛び出してしまい大事故につながりかねません。
犬と一緒にお出かけをする時には、必ずケージに入れるか、ドライブボックスを活用するようにしましょう。

参考サイト

・マックスシェアー maxshare(参照日:2021-08-16)
https://item.rakuten.co.jp/maxshare/a12058/

・犬とEnjoy!ドッグパーク (参照日:2021-08-16)
https://item.rakuten.co.jp/dogland/533244/
https://item.rakuten.co.jp/dogland/534926/

・mitas (参照日:2021-08-16)
https://item.rakuten.co.jp/oobikiyaking/1335/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事