ボルゾイの特徴や値段を解説!ボルゾイの飼育に必要なおすすめアイテム5選

ボルゾイはゴージャスな出で立ちの超大型犬です。その優雅な見た目からお金持ちが連れていそうなイメージを持たれますが、実際はどのような犬種なのでしょうか。今回はボルゾイの特徴や値段、飼育に必要なアイテムなどご紹介していきます。 2021年05月12日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の種類犬のカテゴリ - 犬の種類
  • VIEW:6,940

ボルゾイの特徴は?

出典:https://www.shutterstock.com

ボルゾイの大きな特徴と言えば長い四肢で、後ろ足で立ち上がると前足を大人の肩にかけられるほどの超大型です。
また狩猟犬の中でも視覚を武器に狩りを行うサイトハウンドに分類され、かなり遠くまで見渡せるくらい視力が良い犬でもあります。
一見穏やかに見えるのですが実は俊足で、その速さは時速50kmを超えるそうです。

ボルゾイの値段は?

出典:https://www.shutterstock.com

ボルゾイは欧米では人気の犬種で、入手も比較的簡単なのですが、日本では住環境や運動時間に問題があることからなかなかお目にかかることはありません。
もちろんペットショップなどで売っていることはないでしょう。
ですので、ボルゾイを自宅に迎え入れたいのであれば、信頼できるブリーダーから直接購入することがおすすめです。

ボルゾイの価格は個体や時期によって価格が変動し、10万円~30万円前後と言われています。
もし安く売られている場合、性格的に不安定の有無や、遺伝病がないかなどの確認をするようにしましょう。

ボルゾイの飼育で気をつけるべきポイントとは?

出典:https://www.shutterstock.com

超大型犬であり日本の犬ではないということから、飼う際には様々な注意すべき点があります。
ここからはボルゾイを飼育する際のポイントをご紹介していきます。

食事

ボルゾイは超大型犬です。そのため食事の量が多いです。
ドッグフードも良質なものを与えなければいけませんし、餌代がかなり高くつくということをまず覚えておきまそう。

1日に必要なフード量を2回に分けて食べさせてください。
フード内のガスを抜くためにスプーンなどで潰してから与えることで、胃腸への負担を減らすことができます。

飼育環境

ボルゾイは広大な寒冷地で獲物を追い駆け回ってきた犬種です。そのため飼育環境にはそれなりのスペースと徹底した温度管理が重要になってきます。

基本的には室内飼いで、庭などの広い場所に自由に出られるようにすることがおすすめです。

夏の暑さには弱く、室内で熱中症にならないよう24時間エアコンの温度調節が必須です。

散歩や運動

2時間程度の散歩に加えて、ドッグランなど広い場所での遊びや激しい運動の時間もしっかり取ってあげましょう。
運動量が少ないとストレスになってしまい、情緒不安定や神経質になり攻撃的なる可能性があります。十分な運動や散歩が必要不可欠となります。

被毛

被毛は週に2~3回ブラッシングをしてください。被毛のチェックはできれば毎日することが望ましいです。
換毛期には毛が大量に抜けるので、ブラッシングの回数を増やしましょう。スキンシップによるコミュニケーションも取ることができ、良好な信頼関係を作ることができるのではないでしょうか。

しつけ

超大型犬なだけに噛みつく力もかなり強いです。そのためしっかり動きをコントロールできるようしつけは必須になります。

ボルゾイは成犬であれば大人しいイメージですが、子犬期はかなりやんちゃです。
また神経質な面もあるので、怒りながらのしつけは絶対にやめてください。
ボルゾイは褒めれば伸びる性格ですので、優しく向き合いながらしつけを進めるようにしましょう。

ボルゾイの飼育におすすめのアイテム5選

① ファーミネーター 超大型犬用

ボルゾイのような長毛種は頻繁なブラッシングが必要なため、スリッカーブラシがおすすめです。
ファーミネーターは、ボルゾイの隠れたアンダーコートまで届くので、手早く簡単に抜け毛を取り除くことができます。

滑らかな人間工学デザインで握りやすい持ち手となっています。
ワンプッシュで取り除いたムダ毛を処理することができ、ブラッシングの手間を軽減してくれます。


ファーミネーター 超大型犬用

② 大型犬ボウルスタンド

ボルゾイは超大型犬なので、食事の時の配慮も必要です。
フードボウルや水入れなどはそのまま置くのではなく、高さを出してあげなければいけません。
この商品は、体高がある犬におすすめのボウルスタンドです。
このスタンドに市販のフードボウルを入れ込んであげると、楽な姿勢で食事や水分補給をすることができます。


大型犬ボウルスタンド

③ ペットサークル

ボルゾイを室内で飼育する際には、かなりの広さの部屋が必要です。
放し飼いが望ましいですが、留守番中や入られたくない部屋などがある場合にはペットサークルがあれば便利です。
この商品は自由自在に変えることができるため、居住スペースに合わせ使用することができます。


ペットサークル

④ デニム製お散歩用セット

ボルゾイは散歩や運動が必須の犬種です。そこで必要になるのがハーネスや首輪になるでしょう。

この商品はハーネス・首輪・リードの3点セットになっており、場面に合わせて使い分けることができます。
また、デニム製でしっかりした素材になっているため安心して使用できます。

散歩をする時や運動をさせる時には、飼い主のマナーとしてしっかり繋いでおくことが重要なので、お得なセットはいかがでしょうか。


デニム製お散歩用セット

⑤ 冷感アルミジェルマット

冬の寒さには強く、夏の暑さに弱いボルゾイは常に室内温度の管理も必要ですが、この商品のような冷感グッズを使用してあげることもおすすめです。
この商品は冷感アルミジェルマットで、大型犬でも楽々寝ころぶことができる大きさとなっています。
特に暑さが厳しい日などは、エアコンと併用してみてはいかがでしょうか。


冷感アルミジェルマット

穏やかでひょうきんな面も!

出典:https://www.shutterstock.com

ボルゾイは日本でなかなかお目にかかることができない珍しい犬種です。
自宅で迎え入れようと考えている方は、ボルゾイの特徴・特性に合わせて飼育環境を整えてあげる必要があります。
おすすめアイテムもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考サイト

P&LUXE(参照日:2021-04-11)
https://item.rakuten.co.jp/pluxe1/10008377/#10008377

雑貨ペットいい物いっぱいRaraMart(参照日:2021-04-11)
https://item.rakuten.co.jp/raramart-phoenix/ns00201/

BBR-baby 1号店(参照日:2021-04-11)
https://item.rakuten.co.jp/auc-roadster/10005948/

シーピーイーマート(参照日:2021-04-11)
https://item.rakuten.co.jp/cpemart/90010004/

Interiorshop COZY(参照日:2021-04-11)
https://item.rakuten.co.jp/interior-cozy/marukan-alumigelmat-3l/

著者情報

Hanaco

子育てをしながら、専業主婦ワーカーとしてお仕事をさせていただいております。以前はチワワを2匹飼っていました。
調べることや文章を考えることが好きで、自分の考えや経験などを活かせるようなお仕事をしたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

オススメ

新着記事