飼いやすい犬ってどんな犬?飼い始めに必要なグッズもご紹介

犬を初めて飼う人は、しっかりと犬を育てられるか心配だという人もいるでしょう。
「しつけがうまくいくか不安」という人もいるかもしれません。
この記事では、たくさんの種類がいる犬種の中から比較的飼いやすい犬種をご紹介します。 2021年03月14日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の種類犬のカテゴリ - 犬の種類
  • VIEW:8,630

飼いやすい犬の条件

出典:https://www.shutterstock.com

はじめにいっておくと、飼うのが楽な犬は存在しません。
すべての犬は毎日の食事はもちろん、散歩や定期的なブラッシングが必要です。
ですが、犬種によっては比較的飼いやすいこともあるため、まずは飼いやすい犬の条件について見ていきましょう。

吠えにくい

犬は吠える動物ですが、犬種によっては吠えにくい場合もあります。
あまり吠えない犬であれば、集合住宅でも鳴き声で近隣住人の迷惑となることも少ないでしょう。
ただし、性格には個体差があるため、絶対に吠えない犬種というのは存在しません。

散歩時間が少なくて良い

犬は、どんな犬種であっても毎日の散歩が必要です。
ボーダーコリーやラブラドールレトリバーなどの運動量が豊富な犬種であれば、1日朝晩2回の合計2時間程度の散歩時間を確保しなければなりません。
しかし、愛玩犬として繁殖されてきた犬種は、そこまでの散歩時間は必要ないでしょう。
だいたい1日30分程度の散歩時間を確保できれば、運動不足になることはないはずです。
犬との散歩は大切なコミュニケーションですが、毎日行うとなるとなるべく短い時間が良いと感じる人もいるかもしれません。
犬と一緒に遊ぶことが大好きな人であれば、毎日の散歩時間が必要かどうかはあまり気にする必要はないでしょう。

抜け毛が少ない

犬を飼っていると悩まされるのが、抜け毛です。
特に換毛期になると、室内中に犬の抜け毛が散らばるため、掃除に苦労をするでしょう。

しつけがしやすい

犬を飼うことの初心者が、ボーダーコリーやジャーマンシェパードを育てるのは難しいでしょう。
頭が良いといわれている犬種は、しっかりとしつけをしなければ手のつけられない犬になってしまいます。
そのため、飼い主を含めほかの人や犬に友好的な犬種を選ぶことをおすすめします。

飼いやすい犬種とは?

出典:https://www.shutterstock.com

それでは本題である、飼いやすい犬種を見てみましょう。
先述したように、飼うのが楽な犬種はいませんが、手のかかりにくい犬種という意味での飼いやすい犬種をご紹介します。

トイプードル

出典:https://www.shutterstock.com

トイプードルは、テディベアのような見た目の愛らしさから人気の高い犬種のひとつです。
抜け毛が少なく被毛のにおいも少ないため、部屋の掃除に悩まされることは少ないと言えます。
ただし、運動能力が高い犬種ですので、毎日朝晩各30分程度の散歩時間を確保する必要があります。また、トイプードルは、数ある犬種の中でもトップクラスに頭が良いとされています。

シーズー

出典:https://www.shutterstock.com

シーズーはかなり大人しい性格をしているため、初めて犬を飼う人でも問題なく飼うことができるでしょう。
愛情深くしつけもしやすいことが、老若男女問わずに人気となっている理由のひとつです。
散歩時間はそこまで多くを必要としていませんが、きれいな被毛を保つために定期的なブラッシングをする必要があります。

チワワ

出典:https://www.shutterstock.com

チワワは、小型犬の中でもトップクラスの人気を誇る犬種です。
毎日の散歩時間をそこまで必要とせず、さまざまな被毛のカラーから選ぶことができるのも人気の理由として挙げられます。
しかし、チワワは頭が重いためソファーやベッドなどから降りるときに頭から落ちてしまう危険があります。場合によっては骨折や命に係わることもあるため、注意が必要です。

キャバリアキングチャールズスパニエル

出典:https://www.shutterstock.com

キャバリアの愛称で知られる犬種ですが、この犬種も飼いやすい犬として挙げられます。
家族に対して愛情深く、無駄吠えをすることもほとんどありません。
また、知らない人や犬ともフレンドリーに接することができるため、初心者向けの犬種といえるでしょう。

犬の飼い始めに必要なグッズ4選

出典:https://www.shutterstock.com

犬を初めて飼う人は、何を用意したら良いかわからないということもあるでしょう。
最後に、犬の飼い始めに必要なグッズの中からおすすめの商品をご紹介します。

(1)Keat フードボウルスタンド

犬に食事をさせるときは、食器を床に置く人も多いのではないでしょうか?
もちろんそれでも犬は食べることができますが、食器台を設置してあげると食べやすくなり、咀嚼もしやすくなります。
この食器台は傾斜が付いているため、犬は最後の一粒まで残すことなく食事をすることができるはずです。


Keat フードボウルスタンド

(2)パラシュートコードでできたリード

犬の散歩をする上で、リードは絶対に付けなければならないアイテムです。
このリードはカジュアルな見た目でありながら、丈夫さはもちろん、少しの光でも反射してくれます。夜道の散歩にもおすすめのリードです。


パラシュートコードでできたリード

(3)iDog 水玉くまさん

とても可愛らしい見た目のおもちゃです。触るたびにカシャカシャとなる音が犬の好奇心を刺激します。また、鳴き笛も入っており、犬が咥えるとピーピーと音が鳴ります。
犬が喜ぶおもちゃを与えることで、おもちゃ好きになってくれるはずです。


iDog 水玉くまさん

(4)Woody circle

木目調のおしゃれなケージです。インテリアと馴染むデザインで、部屋の雰囲気を損なうこともありません。
開閉はスライドドアで簡単に行うことができます。

飼いやすい犬に育てよう!

出典:https://www.shutterstock.com

基本的に、すべての犬は飼うのが大変です。
毎日の食事や散歩はもちろん、病気になったら動物病院へ連れて行かなければなりません。
犬を飼い始める前に、犬が10歳、15歳、それ以上の年齢になっても付き添ってあげられるかどうかを、しっかりと考えましょう。
長い時間を一緒に過ごすからこそ、飼い主自らが犬を「飼いやすい犬」に育て上げることが大切です。

参考サイト

犬の服のiDog(参照日:2021-02-04)
https://item.rakuten.co.jp/idog/li036-l/

Another Select(参照日:2021-02-04)
https://item.rakuten.co.jp/anotherselect/le_st_01/

I DOG & I CAT(参照日:2021-02-04)
https://item.rakuten.co.jp/idog/rm-ty056-/

Pet館〜ペット館〜(参照日:2021-02-04)
https://item.rakuten.co.jp/dog-kan/228169/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事