ジャンガリアンハムスターは飼いやすい?性格や飼い方をご紹介

小動物のペットとして代表的な存在である、ハムスター。
ハムスターにはさまざまな種類がありますが、その中でも特に人気が高いのがジャンガリアンハムスターです。
この記事では、ジャンガリアンハムスターの特徴や性格、飼い方について解説します。 2023年02月17日作成

  • ペット - ハムスターペット - ハムスター
  • VIEW:4,599

ジャンガリアンハムスターの特徴・性格

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは、ジャンガリアンハムスターの特徴をご説明します。
併せて、性格についても見てみましょう。

小さな身体

ジャンガリアンハムスターの一番の特徴といえば、その身体の小ささでしょう。
オスとメスで若干の大きさに差はありますが、小さければ体長約6cm、大きくても12cm程度にしか成長しません。
また、体重は30~45gとかなりの軽さなので、優しく扱わないとすぐに怪我をしてしまうでしょう。

運動量が多い

ジャンガリアンハムスターは、その小さな身体に似つかわしい運動量を必要とします。
そのため、「身体が小さいから、小さなケージでいいか」と安易にケージを選んでしまうと、十分に運動ができずにストレスが溜まる原因になってしまうでしょう。

カラーバリエーションが豊富

ジャンガリアンハムスターには、カラーバリエーションが豊富なのも特徴です。
野性味の強いノーマルやプディング、パールホワイトやブルーサファイアなどがあり、飼い主の好みによって選ぶことができます。

縄張り意識が強い

ジャンガリアンハムスターは、ほかのハムスターに比べると縄張り意識が強いです。
そのため、同じケージでジャンガリアンハムスターの多頭飼いをすると、激しい喧嘩をしてしまうこともあります。
運動量も豊富で縄張り意識が強いジャンガリアンハムスターは、実はハムスターの初心者には不向きだといえるでしょう。

性格に個体差がある

ジャンガリアンハムスターは、基本的にメスのほうが温厚だといわれています。
オスは好奇心旺盛で活発であり、縄張り意識がメスよりも強く神経質です。
メスはオスよりも温厚な性格をしており、ストレス耐性も高いといわれています。
しかし、これはあくまで目安であり、ジャンガリアンハムスターの性格には個体差があります。

ジャンガリアンハムスターの飼い方

出典:https://www.shutterstock.com/

ハムスターには、種類によって飼育の際のコツが異なります。
次に、ジャンガリアンハムスターの飼い方を見ていきましょう。

広々としたケージを用意する

先述したように、ジャンガリアンハムスターは運動量が豊富です。
そのため、十分に走り回れるケージを用意しましょう。
また、トンネルや階段などのインテリアも設置することで、好奇心旺盛なジャンガリアンハムスターは飽きずに生活することができます。

日中は構わない

ジャンガリアンハムスターは、夜行性の動物です。
そのため、日中は寝ていることが多いでしょう。
当然ながら人間は夜行性ではないため、日中にジャンガリアンハムスターを構いたくなることもあるかもしれません。
しかし、本来であれば寝ている時間帯にむやみに構ってしまうのは、ストレスの原因にもなるため避けたほうが良いでしょう。

温度管理を徹底する

ジャンガリアンハムスターは、寒さに弱い動物です。
そのため、特に寒い時期には温度管理をきちんとしなければなりません。
室温が10℃を下回ると疑似冬眠をしてしまい、そのまま死に至ることもあるため、十分に注意が必要です。
ジャンガリアンハムスターが快適に過ごせる温度は、20~26℃だといわれています。
そのため、エアコンやストーブ、ペットヒーターなどを使用しながら、ジャンガリアンハムスターが快適に過ごせる温度を保たなければなりません。

ジャンガリアンハムスターを飼うときにおすすめの商品4選

出典:https://www.shutterstock.com/

最後に、ジャンガリアンハムスターを飼うときにおすすめの商品をご紹介します。
フードや運動グッズなどをご紹介するので、ジャンガリアンハムスターを迎え入れる際の参考にしてみてはいかがでしょうか?

アラタ プレミアムフード ジャンガリアンハムスター専用

ジャンガリアンハムスターの大好きな穀物類を、数種類ミックスしたジャンガリアンハムスター専用のフードです。
ヒマワリの種のように殻の残る穀物がないため、すべて食べきることができます。
栄養バランスに優れており、このフードを与えるだけで健康の維持が期待できるでしょう。


アラタ プレミアムフード ジャンガリアンハムスター専用

ハムスター 木製ハウス

象の可愛らしいデザインの、ハムスター用ハウスです。
このハウスは上に登って遊ぶこともでき、木製なので好きなだけ噛むこともできます。
そのため、このハウスを設置しておけば、ハムスターの遊びたい、かじりたい、寝たいなどのさまざまな欲求を解消することができるでしょう。


ハムスター 木製ハウス

SANKO サイレントホイール フラット15

運動量が豊富なジャンガリアンハムスターのためには、回し車の設置が必須です。
夜行性であるジャンガリアンハムスターが夜に思い切り回し車で走ると、かなりの騒音になります。
しかしこの回し車は、回っていることに気が付かないくらい静かなので、夜間の騒音対策になるでしょう。


SANKO サイレントホイール フラット15

SANKO フラットウォーマー

ケージの底面に敷くタイプの、ペットヒーターです。
断熱シートが付属しており、保温効果が高まることが期待できます。
このペットヒーターを使用して、ジャンガリアンハムスターを寒さから守ってあげましょう。


SANKO フラットウォーマー

ジャンガリアンハムスターは意外に飼うのが難しい?

出典:https://www.shutterstock.com

ジャンガリアンハムスターは、小さな身体でちょこちょこと動く様子がとても可愛い動物です。
その見た目から飼うのが簡単だと考えられがちですが、実は縄張り意識が強く、ハムスターの中でも飼うのは難しいといえます。
そのため、はじめてハムスターを飼う人は、ジャンガリアンハムスターの選ぶのはおすすめできません。
もしもジャンガリアンハムスターを飼いたいのであれば、特徴や性格をきちんと理解した上で、飼育グッズを用意してから迎え入れましょう。

参考サイト
charm(参照日:2023-01-13)
https://item.rakuten.co.jp/chanet/62209/
https://item.rakuten.co.jp/chanet/234720/

minimini(参照日:2023-01-13)
https://item.rakuten.co.jp/minimini05/s4894/

petyasan.com(参照日:2023-01-13)
https://item.rakuten.co.jp/heaven/5124/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事