ドッグラン初心者必見!ドッグランを利用する際の注意点をご紹介

犬を飼うと、運動不足やストレス解消のために愛犬をドッグランに連れて行きたいと考える人もいるでしょう。
ドッグランはいろいろな人や犬がいるため、犬の社会化勉強にも最適です。
この記事では、ドッグランを利用する際の注意点や必要なものについて解説します。 2022年10月23日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬とおでかけ犬のカテゴリ - 犬とおでかけ
  • VIEW:1,930

ドッグランを利用する際に知っておいたほうが良い注意点

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは、ドッグランを利用する際に知っておいたほうが良い注意点についてご説明します。
ドッグランは、思い立ってすぐに利用できるわけではないので、事前にきちんと確認しておきましょう。

ある程度社会化を経験させてから連れて行く

犬をドッグランに連れて行くときは、ある程度社会化を経験させておく必要があります。
ほかの犬や人に慣れていない犬が突然ドッグランに行くと、パニックを起こしてしまうこともあるでしょう。
場合によっては、ほかの犬と喧嘩をしてしまう可能性もあります。
愛犬がほかの犬と仲良くできるか不安なときは、リードを付けながらドッグランに入場することがおすすめです。

ノミやダニに気を付ける

ドッグランでは、不特定多数の犬たちと触れ合います。
また、ドッグランは芝生が敷かれていることが多いです。
そのため、ノミやダニには十分に気を付けなければなりません。
愛犬のために日頃ノミやダニに気を配っていたとしても、ほかの犬はそこまで気にされていないことも考えられます。
当然ながら、愛犬のノミやダニ対策を施すことは、ほかの犬への配慮にも繋がります。
愛犬をドッグランに連れて行く前にはノミやダニ対策のスプレーなどを噴霧しておき、帰宅後はノミやダニ予防のシャンプーなどで被毛をきれいにすると良いでしょう。

基本的なしつけをしておく

ドッグランではさまざまな犬と触れ合うため、場合によってはトラブルに発展することもあるでしょう。
そんなときに愛犬のことを抑えることができなければ、思わぬ事故に繋がります。
愛犬をドッグランに連れて行く際は、事前に基本的なしつけを済ませておきましょう。
「伏せ」や「待て」などを教えておくことで、未然にトラブルを予防することができます。

ドッグランを利用する際に必要なもの

出典:https://www.shutterstock.com/

ドッグランを利用するには、最低限必要なものがあります。
次に、ドッグランの利用に必要なものやマナーについて見ていきましょう。

ワクチン接種証明書

犬をドッグランに入場させるときは、狂犬病などのワクチン接種の証明書が必要になります。
これは、ほぼ全てのドッグランで必要になるため、必ず持参しましょう。
愛犬はもちろん、ほかの犬が安心して利用できるために必要なもので、ドッグランのほか動物が利用できる施設には必須です。

リード・ハーネス

ドッグランといっても、いきなりノーリードで入場できるわけではありません。
ドッグランに慣れていない犬やほかの犬とのトラブルを避けるためにも、リードやハーネスは必ず持って行くようにしましょう。
また、ドッグランなどほかの犬や人が多く集まる場所での「来い」のしつけのために、ロングリードを持って行くのもおすすめです。

ルール・マナー

当然ながら、ドッグランを利用する上でのルールやマナーがあります。
ドッグランなどによってルールは異なりますが、愛犬がほかの犬や人に迷惑をかけないようにマナーを守るようにしましょう。
また、排泄物を放置するなどのルール違反もしてはいけません。
愛犬に何かあったときすぐに対処できるように、愛犬から目を離さないのも飼い主としてのマナーです。

ドッグランで必要なグッズ 4選

出典:https://www.shutterstock.com/

最後に、ドッグランで必要なグッズをご紹介します。
これらのグッズは必需品ともいえるため、必ず用意しておきましょう。

ペット用水筒 AUTO PET MUG

ドッグランで愛犬の水分補給をさせるためには、このボトルがおすすめです。
ボトルの中心部分を押すことで、上部に水が溜まってすぐに水分補給をすることができます。
皿部分が大きく、大型犬でも利用できるでしょう。


ペット用水筒 AUTO PET MUG

ペット用リード

ドッグランで利用するリードは、これがおすすめです。
太めのリードはほかの犬が目につきやすく、足が引っかかるのを予防できます。
また、飼い主側としてもリードが太いほうが持ちやすいでしょう。
ただし、当然ながら小型犬の場合は首に負担がかかりやすくなるため、中型犬以上の犬種に使用したほうが良さそうです。


ペット用リード

丸ロープ ロングリード

15mの長さがあるロングリードです。
はじめてドッグランに行くときは、ロングリードを使用することをおすすめします。
このリードは十分な長さがあるため、呼びの訓練にも使用できるでしょう。


丸ロープ ロングリード

ドギーマン アミーバーボール

ドッグランで愛犬といっしょにボール遊びをする際は、これがおすすめです。
このボールは網目状になっているため、万が一ほかの犬が咥えてしまったときにも、喉に詰まってしまい窒息するなどの事故には繋がりにくいでしょう。
また、天然ゴムを使用しており、安心して犬に与えることができます。


ドギーマン アミーバーボール

ドッグランではルールやマナーを守りましょう

出典:https://www.shutterstock.com/

ドッグランを利用する際は、ある程度社会化を学ばせてから利用しなければ、思わぬ事故に繋がる可能性もあります。
そのため、愛犬のしつけやルール、マナーをきちんと守る必要があるでしょう。
また、ノミやダニ対策もしておいたほうが良さそうです。
愛犬はもちろん、ほかの犬や人も気持ちよくドッグランを利用できるように、事前に準備できることはしておきましょう。

参考サイト

PET SELECT(参照日:2022-09-15)
https://item.rakuten.co.jp/petselect/6890010400/

GENTiL(参照日:2022-09-15)
https://item.rakuten.co.jp/kyoujudou/z-105/

すらい堂(参照日:2022-09-15)
https://item.rakuten.co.jp/suraido/longlead-15/

charm(参照日:2022-09-15)
https://item.rakuten.co.jp/chanet/84356/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事