フレンチブルドッグのフード選びで意識したいポイントとおすすめのフード15選

フレンチブルドッグの体質や特徴を考えたフードを選びたいと思っても、何に気を付ければ良いのか分からないという飼い主さんは多いのではないでしょうか。ここでは、フレンチブルドッグのためのフード選びで意識したいポイントやおすすめをご紹介します。 2022年08月18日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の食べ物犬のカテゴリ - 犬の食べ物
  • VIEW:517

フレンチブルドッグならではの体質や特徴からドッグフードを選ぼう

画像素材 - クリエイティブプロジェクト用の写真、ベクター画像、イラスト | Shutterstock

出典:https://www.shutterstock.com

もちろん個体差はあるものの、犬種によってなりやすい病気や体型は異なります。ドッグフードを選ぶ際は、できればこうしたポイントも考慮して、できる範囲で病気を防いだり健康の維持を助けたりできるようなものを選びたいですよね。

もちろん、ドッグフード選びだけで病気の確実に防ぐことはできません。しかし、毎日の体をつくるドッグフードだからこそ、健康への影響は軽視できないものです。フレンチブルドッグがかかりやすい病気の対策のために、栄養にこだわってつくられているフードもあります。

フレンチブルドッグがかかりやすい病気と注意すべきポイント

フレンチブルドッグがなりやすい病気は、濃皮症やアレルギー性皮膚炎といった皮膚の病気、外耳炎、涙やけなどが代表的です。他にも、椎間板ヘルニアや消化器疾患、尿石症、短頭種がかかりやすい気管虚脱や鼻腔狭窄など、さまざまな病気で治療を必要とするケースが考えられます。

特に、皮膚疾患で病院にかかる子が多いようで、アレルギーなどに配慮したフード選びは健康を守るための対策の1つにもなります。他の病気に関しても、フードだけでは対応できないものもありますが、病気のリスクをできるだけ減らすという意味では大切になってくるポイントとも言えるでしょう。

フレンチブルドッグのためのドッグフードを選ぶのであれば以下の点に配慮してみてはいかがでしょうか。

・良質なタンパク質と脂質が含まれていること
・栄養バランスが適正であること
・オメガ3とオメガ6がバランスよく配合されていること
・見ても分からない原料が記載されていないこと
・アレルギーに配慮されたフードであること
・消化の良さを考慮したものであること

こうしたポイントの他に、かかりつけの獣医師がすすめるものなどもあわせて検討してみてはいかがでしょうか。

フレンチブルドッグにおすすめのドッグフード15選

ロイヤルカナン フレンチブルドッグ 子犬用

生後12ヶ月までのフレンチブルドッグのために作られたドッグフードです。子犬が食べやすい粒の大きさと、食欲をそそる自然由来の香り、そして美味しさの追求。子犬が持つ抵抗力をサポートする栄養がつまっています。


ロイヤルカナン フレンチブルドッグ 子犬用

ロイヤルカナン フレンチブルドッグ成犬・高齢犬用

ロイヤルカナンの大人犬用のフードです。子犬用のフードは先ほどご紹介したとおりですが、大人になったら適したタイミングで大人用フードへと切り替えましょう。シニアになってもあげることができるため、あまりフードを変えたくない人にぴったり。フレンチブルドッグの筋肉質な体型や、健康的な皮膚を維持するために必要な栄養を考慮して作られています。


ロイヤルカナン フレンチブルドッグ成犬・高齢犬用

ウェルケア フレンチブルドッグ専用 オールステージ

オールステージ対応のフレンチブルドッグ用フードです。国産の総合栄養食で、1日に必要な栄養を考えて作られており、他に何か付け加える必要はありません。口や鼻が特徴的なフレンチブルドッグが食べやすいよう設計。間接やお腹の健康維持のことも考えた栄養バランスとなっています。


ウェルケア フレンチブルドッグ専用 オールステージ

グリーンフィッシュ 犬用フード

イタリア生まれ、地中海や大西洋でとれた新鮮な魚を主原料としたプレミアムフードです。FFDIAF(欧州ペットフード工業会連合)のガイドラインに則って作られた、品質もお墨付きのフード。食い付きがとてもよく、リピート率が高いのも特徴です。人間が食べられる上質な魚をたっぷりと使用しており、フードからも魚の味と香りが感じられます。


グリーンフィッシュ 犬用フード

プロマネージ フレンチブルドッグ専用 成犬用

アレルギーの原因となりやすい食材をできるだけ使わず、チキンやターキー、米を厳選して使用。フレンチブルドッグのために作られたフードです。皮膚の病気にかかりやすいことを考え、ビタミンB郡やオメガ3脂肪酸を含んでいます。オメガ3脂肪酸を含む緑イ貝は、関節の健康維持にも役立つといわれています。


プロマネージ フレンチブルドッグ専用 成犬用

ニュートロ ナチュラルチョイス

さまざまな味で、犬種や体の悩みなどから選ぶことができる、多くの飼い主さんに選ばれているドッグフードです。月齢やライフステージ、好みに応じてぴったりなものが見つかることでしょう。主原料の1つとなる肉類は、チキン生肉が使われているものとラム肉が使われているものがあります。食物アレルギーの心配がある子には、よりアレルギーを起こしにくいとされるラム肉のものがおすすめです。


ニュートロ ナチュラルチョイス

NSオリジン オリジナル

犬の本来の食事に着目し、獲物からとれる「丸ごと」の栄養をドッグフードからもとれるように工夫。85%もの豊富な肉原材料には、内臓や軟骨まで敢えて含めて使用しています。さまざまな動物性タンパク質が摂取できるように、オリジンでは6種類以上もの動物のお肉を使用。消化が苦手な炭水化物の含有量は20%以下にまでおさえているのも特徴です。


NSオリジン オリジナル

アカナ アダルト スモールブリードレシピ

小型犬用の総合栄養食です。新鮮な放し飼いで育てられた鶏肉や、産み落とされたばかりの卵、天然のカレイ、新鮮なフルーツや野菜をたっぷりと使用。60%は鶏肉や白身魚、卵といったタンパク質が占めており、生物学的に適正と考えられる量と種類の栄養を再現しています。穀類やジャガイモ、タピオカは一切使用されていません。


アカナ アダルト スモールブリードレシピ

POCHI ザ・ドッグフード ベーシック ワイルドサーモン

美味しいサーモン生肉を主原料とし、ミートミールやポテト、穀物、グルテンは含まれていない、安心と健康にこだわったドッグフードです。このシリーズには、他にも、3種のポルトリーやラムといった味のバリエーションがあります。


POCHI ザ・ドッグフード ベーシック ワイルドサーモン

ニュートロ シュプレモ 小型犬用

8ヶ月以上の子に与えることができるドッグフードです。顎の小さな小型犬や超小型犬でも食べやすい形となっており、主原料にはチキンやチキンミール、玄米などが使用されています。肥満防止の必要がありながら、食欲旺盛なフレンチブルドッグが大満足するのは、シュプレモカロリーケアとの置き換え。上手に組み合わせて、健康的にお腹を満たしてあげることができます。


ニュートロ シュプレモ 小型犬用

ロイヤルカナン 小型犬用 ミニ ライトウェイトケア 減量したい犬用

ダイエットが必要な小型犬のために作られたフードです。鶏や七面鳥といった肉類が使用されており、たんぱく質は28%以上。100gあたり323kcalとヘルシーに食べられるよう調整されています。


ロイヤルカナン 小型犬用 ミニ ライトウェイトケア 減量したい犬用

アーテミス アガリクスI/S

食材へのこだわりが格別なアーテミスのドッグフード。多くの栄養をもつアガリクス茸やEF-2001乳酸菌を取り入れていることが大きな特徴です。アレルギーの原因となりやすい素材をできるだけ使わず、風味を保つためにお肉や野菜もすべて冷蔵保存されたものしか使っていないという、こだわりが魅力。添加物や油などで風味をつけなくても、食材そのものがもつ風味で高い嗜好性を保っています。


アーテミス アガリクスI/S

このこのごはん

素朴で可愛いパッケージが印象的な小型犬用のフードです。高たんぱくで低脂肪、室内飼いの犬の健康を考えた栄養バランスとなっています。鶏ささみや鶏レバー、鹿肉、まぐろといった動物性のたんぱく質を配合しています。人間が食べることのできる品質の高さと、鰹節の自然な風味が食欲をそそります。多くの飼い主さんが太鼓判を押す、人気の高いフードです。


このこのごはん

ドッグフード工房 選べる750g×3袋セット

全犬種対応の、国産のドッグフードです。使用する食材はすべて天然のものだけ。無添加という安心感が得られます。鶏肉、鹿肉、馬肉、野菜といった種類からお試しサイズで3つが選べます。まずは試してみて食い付きを確かめたいという方にぴったりです。


ドッグフード工房 選べる750g×3袋セット

ネイティブドッグ プレミアムフィッシュ 低アレルゲン

全年齢対応の、アレルギーに配慮して作られたフードです。涙やけ、皮膚荒れ、かゆみ、抜け毛などの皮膚トラブルの心配がある子の、毎日のケアとして取り入れてみたいという方にぴったりです。主原料は新鮮な魚と芋となっています。


ネイティブドッグ プレミアムフィッシュ 低アレルゲン

フレンチブルドッグには食材や栄養バランスにこだわったフードを選ぼう

出典:https://www.shutterstock.com

ドッグフードの中には、フレンチブルドッグのためだけに作られたものから、小型犬用のもの、全犬種対応のものなどさまざまな商品があります。全犬種対応のものでも、犬の健康を考えて作られた高品質なものはたくさんあります。体質や好みも考えながら、ぜひ品質の高い安心できるフードを選んでくださいね。

著者情報

こば

小さな頃から保護された犬や猫を迎えて生活。現在は黒猫の「ジジ」に翻弄されながら、発見と感動の毎日を送っています。
実体験を振り返りつつ、飼い主さんの役に立つような情報を分かりやすく記事にすることを目標にしています。

オススメ

新着記事