犬はりんごを食べても大丈夫?与え方や栄養素を解説

栄養が豊富に含まれている果物として知られている、りんご。
りんごはジャムやタルトなどに加工して食べられていることも多く、私たち人間にも馴染みの深い果物です。
そんな栄養豊富なりんごですが、犬に与えても問題ないのでしょうか?
この記事では、犬にりんごを与える際の注意点などについて解説します。 2021年08月18日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の食べ物犬のカテゴリ - 犬の食べ物
  • VIEW:3,737

犬はりんごを食べても大丈夫?

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは本題である、犬はりんごを食べても大丈夫かどうかについてご説明します。
また、犬にりんごを与える際の注意点も見ていきましょう。

犬はりんごを食べても大丈夫!

結論からいうと、犬にりんごを与えても問題ありません。
みずみずしくほのかに甘いりんごは、すりおろして離乳食として与えるのもよいでしょう。

すりおろすか細かく刻んで与えるのがおすすめ

犬は食事をするときには、基本的にあまり噛むことなく、飲み込みます。
そのため、りんごを丸ごと与えることはないにせよ、カットしてから与えるときにも注意が必要です。
カットしたりんごでも、飲み込んでしまうと喉に詰まらせる可能性があります。
犬にりんごを与える際は、すりおろすか細かく刻んでから与えたほうが無難です。

皮はしっかり洗ってから与える

皮付きのりんごを犬に与える場合には、しっかりと洗ってから与えましょう。
皮自体に有害な成分は含まれていませんが、場合によっては農薬やニスが付着しているかもしれません。
万が一犬が農薬やニスが付着されたりんごを食べると、身体になんらかの影響が現れる可能性もあるでしょう。

また、りんごの皮は消化しにくいため、皮ごと与えるときは刻んで与えるとよさそうです。

アレルギーに注意

はじめて犬にりんごを与える際は、少量ずつ与えましょう。
もしかしたら、りんごによるアレルギーが発症することがあります。
特にシラカバやスギ、ブラクサなどのアレルギーを持つ犬は、りんごを与えないほうがよいでしょう。

種は取り除いて与えましょう

りんごの種には、微量ながらアミグダリンという成分が含まれています。
アミグダリンはシアン化合物の一種であり、犬によっては中毒症状に近いものが現れることがあるでしょう。
そのため、犬にりんごを与える際は、かならず種を取り除いて与える必要があります。

加工品は与えないほうがよい

りんごジャムなどの加工品は、糖分過多になる可能性が高いため、与えないほうがよいでしょう。
犬にりんごを与える際は生のままでのみ与えて、余計な味付けはしないようにすることをおすすめします。

与えすぎに注意!

りんごには糖分が含まれているため、与えすぎには注意が必要です。
また、どんな食材もそうですが食べ過ぎは下痢や嘔吐の原因にもなります。
そのため、りんごはおやつ感覚で1切れ分を目安に与えるとよいでしょう。

りんごに含まれる栄養素

出典:https://www.shutterstock.com/

次に、りんごに含まれる栄養素についてご紹介します。
また、その栄養素が犬にどのような影響を及ぼすのかもチェックしておきましょう。

ポリフェノール

抗酸化作用が期待できるポリフェノールが、りんごには100種類以上含まれているといわれています。
それらはまとめてりんごポリフェノールと呼ばれますが、主に高血圧に悩んでいる犬などにおすすめです。

リンゴ酸・クエン酸

りんごの酸味にもなっているリンゴ酸やクエン酸も、犬にとってメリットの多い栄養素といえます。
夏バテ予防にも最適なりんごは、ドッグスポーツにチャレンジしている犬にもおすすめの果物といえそうです。

カリウム

塩分を体外に排出する働きがあるカリウムも、りんごには含まれています。
りんごは水分も多く含まれているため、暑い時期に効率良く水分補給ができる果物といえるでしょう。

ペクチン

水溶性の食物繊維であるペクチンは、腸内環境を整えることができる栄養素です。
腸内の善玉菌を増やすことで、免疫力の維持が期待できます。

りんごを使用した犬用おやつのおすすめ4選

出典:https://www.shutterstock.com/

最後に、りんごを使用したおすすめの犬用おやつをご紹介します。
生のりんごをカットして与えるのが手間だと考える人は、これらのおやつを与えてみてはいかがでしょうか?

ドットわんドライリンゴ7

青森産のりんごの、7品種をミックスした犬用おやつです。
独自製法のフリーズドライで、生のりんごのような風味と食感を残しています。
ドッグフードにトッピングするなど、手軽に犬にりんごを与えることができるでしょう。


ドットわん ドライリンゴ7

フリーズドライ 信州りんご

信州産完熟ふじをカットして、フリーズドライに仕上げた犬用おやつです。
りんご本来の風味と栄養素をそのまま感じることができるので、犬は喜んで食べてくれるでしょう。
まるでティーパックのような、おしゃれなパッケージも特徴です。


フリーズドライ 信州りんご

りんごコロコロ

契約農園でじっくりと育てた国産のりんごを使用した、ドライフルーツです。
添加物は一切使用していないため、りんご本来の味わいを楽しむことができます。
ひとつのカットが小さめのため、しつけのご褒美としてもよいでしょう。


りんごコロコロ

こだわり果実園の手作り ドライフルーツりんご

農薬不使用で、無添加で作られたドライフルーツです。
長野県産のりんごを使用しており、素材本来の味が活かされています。
「りんごの王様」とも呼ばれるふじを使用しているため、犬は喜んで食べてくれるでしょう。


こだわり果実園の手作り ドライフルーツりんご

りんごを上手に与えて健康維持に役立てよう

出典:https://www.shutterstock.com

りんごは昔から食べると「医者いらず」といわれるほど、栄養素が豊富に含まれた果物です。
そのため、適量であれば犬に与えることによるメリットも多いでしょう。
水分やカリウムが含まれているため、暑い時期の夏バテ予防にも最適です。
ただし、犬の消化器に負担がかからないように、すりおろしたり刻んだりしてあたえることをおすすめします。

参考サイト

PEPPY(ペピイ) 楽天市場店(参照日:2021-07-06)
https://item.rakuten.co.jp/peppyshop/273004-01-01/

PET PARADISE(参照日:2021-07-06)
https://item.rakuten.co.jp/pet-para/166-87448/

帝塚山ハウンドカム(参照日:2021-07-06)
https://item.rakuten.co.jp/ashu/tge-090777/
https://item.rakuten.co.jp/catfood/tge-090875/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事