猫にスイカを与えても大丈夫?メリットや注意点を解説

夏を連想させる食べ物として、スイカを一番に挙げる人も多いのではないでしょうか?
みずみずしく甘いスイカを、猫に与えたいと考える人もいるはずです。
この記事では、猫にスイカを与えても大丈夫かどうかや、猫にスイカを与えるメリットなどについてご説明します。 2021年06月19日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の食べ物猫のカテゴリ - 猫の食べ物
  • VIEW:874

猫にスイカを与えても大丈夫?

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは本題である、猫にスイカを与えても大丈夫かどうかについて見ていきましょう。
また、スイカジュースなどの加工品についてもご説明します。

猫にスイカを与えても大丈夫!

結論からいうと、猫にスイカを与えても大丈夫です。
むしろ、猫にとってスイカはメリットの多い野菜のひとつといえます。
スイカは中毒の心配は少ないため、安心して与えることができるでしょう。

スイカジュースなどの加工品は与えない

スイカジュースなどの加工品は、猫には与えないようにしましょう。
加工品には、保存料などの添加物が含まれている可能性があります。
また、糖分を添加していることも考えられるため、肥満などのリスクが高くなってしまうでしょう。
そのため、猫にスイカを使用した加工品は与えずに、あくまで生のスイカを与えるに留めておいたほうがよいといえます。

スイカの種と皮は食べられない

猫にスイカを与えても問題ありませんが、種と皮は与えないようにしましょう。
なぜなら、スイカの種と皮は猫が消化することができないからです。
消化のできない種と皮を食べてしまうと、胃腸に大きな負担をかけてしまいます。

猫はスイカの味が好きではない?

実は、猫は甘味を感じることができません。
猫は肉食動物のため、甘味を感じる細胞が退化していったといわれています。
そのため、スイカの甘味を感じることがなく、スイカを味の薄い水分のかたまりとして認識をしていることも考えられます。
スイカの甘味を感じないことから、スイカの味を嫌いだと感じる猫もいるでしょう。

猫にスイカを与えるメリット

出典:https://www.shutterstock.com/

次に、猫にスイカを与えるメリットをご紹介します。
メリットを知っておくと、夏に積極的に与えたいと考えるでしょう。

水分補給

スイカは、全体の90%が水分でできているといわれています。
そのため、猫にスイカを与えることで効率よく水分補給をすることが期待できるでしょう。
特に暑い時期になると熱中症などのリスクが高くなるため、定期的な水分補給が大切になります。
しかし、猫はあまり積極的に水を飲まない動物です。
そんな猫に水分補給をさせるためにも、暑い時期に猫にスイカを与えるのは大きなメリットとなるでしょう。

利尿作用

スイカにはカリウムやシトルリンなどが含まれているため、利尿作用が期待できます。
こまめにおしっこをすることは体内の余分な毒素を排出できることから、高血圧の予防にもつながります。

抗酸化作用

スイカに含まれるリコピンやビタミンCには、抗酸化作用があります。
抗酸化作用とは、さまざまな病気の原因となる活性酵素を抑える作用であるため、猫の健康的な生活をサポートしてくれるでしょう。

猫にスイカを与える際の注意点

出典:https://www.shutterstock.com

最後に、猫にスイカを与える際の注意点についてもチェックしておきましょう。
猫にとってメリットのあるスイカでも、与え方次第で猫に有害となる可能性もあります。

与えすぎに注意!

どんな食べ物でもそうですが、猫にスイカを食べさせるときには、与えすぎに注意しなければなりません。
猫にスイカを与えすぎると、水分を摂りすぎて下痢になる可能性があります。

また、スイカに含まれる糖分により、糖分過多となってしまうこともあるでしょう。
猫は生きる上で多くの糖分は必要ないため、糖分過多になると糖尿病の発症リスクも高くなります。

そのため、あくまでおやつ程度の量を与えるようにしましょう。
ひとつの目安としては、一口分か二口分です。
与えすぎると、下痢などのリスクのほか、満腹になって食べるべきキャットフードが食べられなくなることもあるかもしれません。

疾患がある猫は要注意

心臓や腎臓に疾患のある場合は、猫にスイカを与えないほうがよいでしょう。
なぜなら、スイカに含まれるカリウムが疾患のある猫の身体に悪影響を及ぼす可能性があるからです。
特に腎臓疾患のある猫は、スイカを食べることで高カリウム血症を発症することがあります。

アレルギーに注意!

猫はスイカを食べることで中毒症状を引き起こすことは少ないですが、アレルギーには注意が必要です。
スイカはウリ科であるため、ウリ科のアレルギーを持っている猫には与えることはできません。
もしも猫がどのアレルギーを持っているかわからない場合には、ごく少量のスイカを与えてみましょう。
どんな食べ物でも、はじめは少量与えることからはじめます。
少量のスイカを与えてから少し経って猫の様子が変わらないようであれば、安心してスイカを与えることができるでしょう。

小さくカットして与える

猫にスイカを与える際は、種と皮を取り除いて実のみ与える必要があります。
そのため、種の取り除きがないようにするためにもスイカを小さくカットして与えるようにしましょう。
小さくカットすることで、消化もしやすくなるはずです。

適量を与えればスイカは猫にメリットが多い野菜

出典:https://www.shutterstock.com/

猫にとってスイカは、水分補給を効率よくできる貴重な野菜です。
日頃から水を飲むことが少ない猫は、スイカを与えて熱中症の対策をすることができます。
ただし、スイカを与えすぎると糖尿病や高カリウム血症のリスクが高くなるため、適量を与えるのを守る必要があります。
また、スイカのアレルギーがないか確認するためにも、はじめのうちは少量のスイカを与えて様子を見るようにするとよいでしょう。
暑い時期には、みずみずしいスイカを愛猫と味わってみてはいかがでしょうか?

参考サイト

文部科学省 食品成分データベース「スイカ」(参照日:2021-05-25)
https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=7_07077_7

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事