猫のトイレはどこに置いたら良い?置き場所や失敗する原因について

トイレは、私たち人間と同じように、猫にとってもとてもプライベートな空間です。
トイレが正しい場所に置かれていなければ、猫は落ち着いて排泄をすることができなくなってしまいます。
この記事では、猫のトイレの正しい置き場所や、猫がトイレを失敗する原因について見ていきましょう。 2021年05月11日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫のトイレ猫のカテゴリ - 猫のトイレ
  • VIEW:7,184

猫のトイレの置き場所はどこが良い?

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは本題である、猫のトイレの正しい置き場所についてご説明します。
これらを守ることで、猫は落ち着いて排泄をすることができるでしょう。

人通りの少ない場所

私たち人間もそうですが、人が多い場所では落ち着いてトイレにいることができません。
猫の場合も同様で、トイレはなるべく人通りの少ない静かな場所に置いてあげると良いでしょう。
玄関やリビングなどは、人の往来が激しいため避けたほうが良さそうです。
また、玄関やリビングにトイレを置くのは、においも気になるのでやはりおすすめできません。

来客者の目のつかない場所

猫は警戒心が強いため、知らない来客者がいると落ち着きません。
猫によっては来客の度に見えない場所まで隠れてしまうこともあるでしょう。
トイレを来客者の見える場所に置いておくと、猫は来客者がいる間はトイレに行けなくなってしまいます。
そのため、来客者が来る心配のない場所にトイレを置いてあげると良いでしょう。
寝室は来客者が来ることが少ないため、寝室にトイレを置くのもおすすめです。

換気扇の近く

猫のトイレは、どうしてもにおいが気になってしまいます。
そのため、近くに換気扇がある場所に置くと良いでしょう。
ですが、なかなか換気扇のそばというのも難しいでしょうから、風通りの良い場所にトイレを置くことをおすすめします。
コンセントが近くにあれば、空気清浄機を設置するのも良さそうです。

カーペットの上は避ける

猫のトイレのまわりは、こまめに掃除をしても猫砂などで汚れてしまいます。
そのため、カーペットの上にトイレを置くことは避けたほうが良いでしょう。
汚れがつくとなかなか洗濯はできませんし、そのままにしておくのも不衛生です。
なるべくマットなど、滑らない場所の上に置くことをおすすめします。

猫がトイレを失敗する原因

出典:https://www.shutterstock.com/

猫のトイレのしつけは、ほかの動物に比べて簡単だといわれています。
しかし、猫によってはトイレを失敗してしまうこともあるでしょう。
猫のトイレの失敗は、何が原因なのでしょうか?

トイレや猫砂が気に入らない

猫によっては、トイレや猫砂が気に入らないため、わざとトイレを失敗している可能性があります。
こだわりの強い猫は、猫砂が変わっただけでも嫌がることもあるでしょう。
そのため、もしも猫砂を変えたいのであれば、徐々に変えていくことをおすすめします。
また、トイレのサイズが気に入らないことも考えられるでしょう。
トイレが小さかったり大きかったりして、落ち着いて排泄ができないのかもしれません。
猫のサイズや成長に合わせて、トイレのサイズにも気を配ると良いでしょう。

トイレが汚れている

猫のトイレは、きちんとこまめに掃除をしていますか?
猫はとてもきれい好きな動物であるため、トイレに自分の排泄物が残っていると嫌がってトイレを違う場所でしようとすることがあります。
できれば猫が排泄した都度掃除をするのが良いですが、最低でも1日1回は掃除をするように心がけましょう。

病気

もしかしたら、泌尿器系の病気が原因で猫がトイレを失敗しているのかもしれません。
普段と比べて何度もトイレに行ったり、逆に全然トイレに行かなかったりするのであれば、病気を疑う必要もあります。
ちなみに、猫の一般的な排泄回数はおしっこが3回前後、うんちが1~2回です。
猫のトイレの回数に極端に異常が見られる場合には、一度獣医師へ相談したほうが良いでしょう。

おすすめの猫用トイレ4選

出典:https://www.shutterstock.com/

最後に、おすすめの猫用トイレをご紹介します。
猫のプライベートが守られているようなトイレを選ぶことで、トイレの失敗もなくなるはずです。

(1)ユニ・チャーム デオトイレ 快適ワイド

高さがある壁で囲まれているため、猫が安心して排泄ができるトイレです。
底部にはトイレシートを敷くことができるため、猫砂とトイレシートの効果により、においが室内にこもる心配も少ないでしょう。
トイレシートを敷くことで、猫のおしっこの健康状態をチェックすることもできます。


ユニ・チャーム デオトイレ 快適ワイド

(2)アイリスオーヤマ 上から猫トイレ

一見トイレに見えない、スタイリッシュなデザインの猫トイレです。
上から入るタイプのトイレであるため、猫砂が散らばる心配がありません。
また、プライベートが守られているため、猫は安心して排泄をすることができるでしょう。
しかし、高さがあるため子猫や足腰の弱くなってきたシニア猫は避けたほうが良さそうです。


アイリスオーヤマ 上から猫トイレ

(3)キャットレストルーム

これは、猫のトイレを隠すための商品です。
トイレをおしゃれに隠して、生活感を出させません。
また、猫砂が散らばる範囲が狭まり、掃除も楽にできるでしょう。
見た目に反して、通気性の良さも好評です。


キャットレストルーム

(4)1週間取り替えいらず猫トイレ

フルカバーで、猫砂の飛び散りを防いでくれるトイレです。
また、このトイレの専用商品の脱臭サンドはしっかりと猫のおしっこのにおいを取り除いてくれるため、1週間取り替えなくても問題ありません。
脱臭シートを敷くこともでき、排泄物のにおい対策は万全です。


1週間取り替えいらず猫トイレ

猫のトイレの置き場所には気を配りましょう

出典:https://www.shutterstock.com/

私たち人間と同じように、猫も静かな場所で落ち着いてトイレを済ませたいと考えています。
また、猫は人見知りな性格の個体が多く、来客者のいる空間にトイレがあると、緊張からトイレに行くことができなくなります。
猫のことを第一に考えるのであれば、人通りが少なく、風通しの良い場所にトイレを置くことをおすすめします。

参考サイト

コーナンeショップ(参照日2021-04-09)
https://item.rakuten.co.jp/kohnan-eshop/4520699691663/

キャットランド(参照日2021-04-09)
https://item.rakuten.co.jp/cat-land/227724/
https://item.rakuten.co.jp/cat-land/314715/

MAXSHARE(参照日2021-04-09)
https://item.rakuten.co.jp/maxshare/a14402/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事