インコを飼うときに掛かる費用についてご存じでしょうか?

インコを購入する際の金額は他のペットに比べると、かなり安価です。ただ飼育をする上では、それなりの経費が掛かるということを事前に把握しておいてください。そうすることで、いざというときに焦らずに済むからです。 2019年06月04日作成

  • ペット - 小鳥ペット - 小鳥
  • VIEW:15,276

インコを飼うときの初期費用について

https://www.shutterstock.com/

まずお気に入りのインコを探している最中の人は既にお気づきかもしれません。生体代金はインコの種類によって大きな開きがあります。数千円から数万円という場合も珍しくないのです。気軽にペットショップなどで購入できるタイプのインコの場合には、一番高額なインコでも2万円程度です。逆に大きなインコには20万円以上の生体価格が付けられている場合もあります。

さらに飼育用品の購入時にケージ代に1,2万円はかかります。その中に仕込む基として水入れや餌入れなどを合わせると1万円~3万円程度はかかります。初期経費としては、インコの生体代金+身の回りの飼育グッズを考えておかないといけないので、最低でも2万円~3万円は必要と思っておいてください。

ランニングコストも計上しておく

ペットを飼育するということには必ずランニングコストがかかります。しかも、その種類はあまりにも豊富です。インコの場合でも簡易な餌の場合には1000円以内で購入も可能です。但し、十分な栄養を考えると、良い餌をという考え方に結び付くものです。ビタミンを豊富に摂取するためには葉野菜を飼い主さんが与えるという方法もあります。

エサ代や衛生費、そして万が一の病院代金などをトータルで考えても、やはり1万円以内で何とか収まるかどうか?というラインではないでしょうか?決して数千円で済むということはないのが、ペットと暮らすということです。

インコの設備費用の内訳

https://www.shutterstock.com/

インコのケージを購入した後に、餌入れや菜差しというものが必要になります。そしてインコには止まり木も必要になります。冬場はヒーターを使う家庭も多いようです。病院などに出かける場合には、キャリーバックも準備しておく方が安全でしょう。どうしても、生き物ですので体調を崩す場合もあるのです。そうならないように予め、準備をしておく方が安心です。

・エサ入れと菜差し 3000円~5000円
・止まり木 2000円~10000円(高級なもの)
・キャリーケース 5000円~10000円
・冬場のヒーター 5000円前後

これらの設備費はどうしても必要になります。生体代金だけと考えず、少し余裕を持って準備をすることをお勧めします。

案外と盲点になるのは防音対策

近隣に住む人に鳴き声のクレームを言われる前に防音対策を講じておく必要もあります。部屋の壁に防音材を敷き詰めるという方法や、防音用のアクリルケージを準備する必要性もあります。大型インコではないので、大丈夫!という安易な気持ちが周りに迷惑をかけるきっかけになるのです。騒音問題に発展しないように専門の業者に防音を依頼せざるを得ない場合も想定しておきましょう。

インコの医療費について

https://www.shutterstock.com/

インコは消化器系の病気にかかることが多いので、動物病院に行くことも想定しておいてください。この場合、初診料に1000円前後の経費がまずはかかります。そして検査費用に1万円前後、投薬に3000円前後というのが一般的な医療費です。これ以外も、突発的な費用が掛かる場合もあります。

その場合には予め月額、もしくは年払いでペット保険に加入しておくという方法もあります。この場合にはおおむね3000円程度の保険料が必要になります。インコの医療費を払うことを思えば、保険料については転ばぬ先の杖として、加入を検討する方が非常に多いようです。

インコと幸せに暮らすために

https://www.shutterstock.com/

ペットと暮らすためには、必ず飼育費用が必要です。それらをきちんと捻出して、お世話を十分にしていても、病気にかかる場合もあるのです。総合的に考えて月に掛かる経費を予めインコ費用として別に準備をするなど、飼い主さんとしてはきちんと、備えておく必要性も高いのです。

著者情報

UCHINOCO編集部

UCHINOCO編集部では、ペットに関するお役立ち情報をお届けしています。

オススメ

新着記事