グレーの猫を飼いたい!グレーの猫種をご紹介

グレーの猫は、上品で知的に感じます。
人によっては、グレーの猫を飼ってみたいと考える人もいるでしょう。
この記事では、グレーの猫種をご紹介します。 2024年06月23日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の種類猫のカテゴリ - 猫の種類
  • VIEW:4,379

グレーの猫種

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは、グレーの猫種についてご紹介します。
それぞれの猫種の特徴も見ていきましょう。

ロシアンブルー

ロシア原産のロシアンブルーは、その名のとおり美しいグレーの毛色が特徴です。
短毛種で被毛はとても柔らかく、光沢があります。
また、目は大きく鮮やかな緑色をしているのが印象的です。
体型はしなやかで筋肉質であり、その身体つきも上品な印象を持たせます。
その見た目や性格から、ペットとしても老若男女問わずに人気がある猫種です。

シャルトリュー

フランス原産のシャルトリューも、グレーの被毛が特徴の猫です。
シャルトリューの被毛はやや短毛で、ふんわりと柔らかな手触りが魅力として挙げられます。
また、優しそうな表情も特徴的で、いっしょに過ごしていると愛嬌を感じる瞬間が多々あるでしょう。
ちなみに、目は黄色であることが多く、その美しさについ見入ってしまうはずです。

ブリティッシュショートヘア

イギリスが原産のブリティッシュショートヘアも、青がかったグレーの毛色が特徴的です。
また、骨格がしっかりしており、がっちりとした体型も特徴として挙げられます。
被毛は短いですが密度が高く、触り心地はとても良いです。
顔立ちは丸く大きな丸い目がチャームポイントで、その温厚そうな見た目から多くのファンがいる猫種でもあります。

コラット

タイ原産のコラットも、グレーの毛色で知られる猫種です。
コラットの毛色はロシアンブルーのような青がかったグレーが特徴で、光の当たり方によってはシルバーのように見えることもあります。
見た目もロシアンブルーに似ていますが、ロシアンブルーよりはやや細身の体型です。
また、大きな目は表情豊かで知的な印象を受けさせます。

ネベロング

アメリカで誕生したネベロングは、長いグレーの被毛が特徴です。
ネベロングは長毛種で、とても良い毛並みをしています。
また、大きすぎず小さすぎない体型をしているのを特徴のひとつです。
グレーの猫の中では独特の外見の持ち主であるため、一部では熱狂的なファンもいます。

グレーの猫の性格

出典:https://www.shutterstock.com/

次に、グレーの猫のそれぞれの性格をご説明します。
毛色は同じであっても性格は異なるため、気になる猫種があればチェックしておきましょう。

ロシアンブルーの性格

ロシアンブルーは、落ち着きがあり控えめな性格をしています。
騒がしい環境を苦手としているため、小さな子どもがいる家庭よりも静かで落ち着いた雰囲気の家庭のほうが向いているといえるでしょう。
また、人間に対しては非常に愛情深く、信頼している家族には甘えることもありますが、知らない人には警戒心を示すこともあります。

シャルトリューの性格

シャルトリューはとても人懐こく、フレンドリーな性格をしています。
また、家族の一員として家庭内での活動に積極的に参加してくれることから、猫といっしょに遊んだり寝たりしたい人にはおすすめの猫種といえるでしょう。
遊び好きで活動的な一方で、とても温和な一面も持ち合わせており、子ども以外にもほかのペットとも上手に遊ぶことができます。
ちなみに、シャルトリューは比較的鳴き声が小さいので、集合住宅でも近隣の迷惑になることは少ないでしょう。

ブリティッシュショートヘアの性格

ブリティッシュショートヘアはとても冷静で、自己主張が弱い穏やかな性格をしています。
しかし、家族に対する愛情も深く、ひっそりと寄り添ってくれるでしょう。
また、独立心が強いため一人で過ごす時間が好きですが、人間との交流も楽しむことができます。
ちなみに、運動量はそれほど多くなくのんびりとした時間を好む傾向にあるため、積極的に猫と遊びたい人には不向きかもしれません。

コラットの性格

コラットは、とても愛情表現が豊かな猫です。
特に家族に対して愛情深く、いつもお世話をしてくれる人には最大限の愛情を注いでくれるでしょう。
また、活発で好奇心も旺盛です。
しかし、環境の変化に敏感で不安を感じやすい面もあるため、模様替えや引っ越しなどをしない安定した環境が必要になります。

ネベロングの性格

ネベロングはロシアンブルーの長毛種とされることもあり、性格もロシアンブルーに似ている部分が多いです。
控えめでシャイな性格ですが、一度慣れるととても愛情深く接してくれるようになります。
また、飼い主に撫でられることも大好きです。

グレーの猫の飼い方

出典:https://www.shutterstock.com/

グレーの猫種は、特徴や性格が違うためそれぞれ飼い方も異なります。
最後に、グレーの猫の飼い方についてご説明します。

ロシアンブルーの飼い方

ロシアンブルーは穏やかな性格をしているため、静かな環境を用意してあげることが大切です。
また、環境の変化に敏感であることから、模様替えや引っ越しはなるべく避けるような安定した環境作りを心がけましょう。
美しい毛並みを保つためにも、定期的なブラッシングも必要になります。

シャルトリューの飼い方

シャルトリューは活発で多くの運動と刺激を必要とするため、猫用のおもちゃやキャットタワーを用意して、遊び時間を確保してあげましょう。
もちろん飼い主と触れ合うのも好きなため、定期的なブラッシングもおすすめです。

ブリティッシュショートヘアの飼い方

ブリティッシュショートヘアは肥満になりやすいため、体重管理に注意が必要です。
猫用おやつなどは控えめにして、適量のキャットフードを与えるようにしましょう。
また、適度な運動を日常的に取り入れることで、体重の維持をすることができるはずです。
独立心があるため、一人で遊べるおもちゃを用意するのも良いでしょう。

コラットの飼い方

コラットはほかの猫と比べて独占欲が強いため、一対一で遊べる時間を大切にしましょう。
また、猫の精神的な安定のためにも、日常的に抱っこをしたり会話をしたりして、コミュニケーションをとることが大切です。

ネベロングの飼い方

ネベロングは長毛種のため、毛玉対策として定期的なブラッシングが必要です。
特に暑い時期は被毛が蒸れやすくなることから、毎日ブラッシングをしてあげるようにしましょう。
また、ネベロングは静かで穏やかな環境を好むため、家の中でも静かなエリアを作ることが好ましいです。

グレーの猫の性格はさまざま

出典:https://www.shutterstock.com/

グレーの猫は、上品さや知性を感じさせてくれます。
どこか気品のある姿に、魅力を感じる人も多いでしょう。
グレーの猫といえばロシアンブルーがもっとも有名ですが、少ないながらもグレーの猫種はいます。
それぞれ外見や性格などが異なるため、気になる猫種があれば掘り下げて調べてみるのも良いでしょう。

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事