猫がかまってほしい時の仕草や行動と対処方法を解説!猫と一緒に遊べるおもちゃ5選

猫は甘えん坊な動物で、飼い主さんにかまってほしい気持ちをよくアピールします。今回は、猫がかまってほしい時の仕草や行動と対処方法、猫と一緒に遊べるおもちゃを紹介します。 2024年01月13日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:1,109

かまってほしい時の猫の仕草とは?

出典:https://www.shutterstock.com

すりすりしてくる

猫がかまってほしいときによくする仕草のひとつが「すりすり」です。猫は、頭や体を飼い主さんの脚や体に擦りつけるようにすりすりします。猫がすりすりする理由は、大きく分けて2つあります。

1つには、飼い主さんに愛情を伝えるためです。猫は、自分のにおいをつけることによって、自分の縄張りであることをアピールします。また、飼い主さんのニオイを自分の体につけることで、飼い主さんとの絆を深めようとします。
2つ目は、飼い主さんに甘えたいためです。猫は、撫でられることや遊んでもらうことで、安心感や満足感を得ます。すりすりすることで、飼い主さんに「かまってほしい」という気持ちをアピールしています。

見つめる

猫がかまってほしいとき、よくする仕草のひとつが「見つめる」ことです。猫は、飼い主さんの目を見ることで、飼い主さんの様子や気持ちを察しようとします。

猫が飼い主側を見つめていたら、遊びやごはんやおやつを期待しているかもしれません。猫はルンルン気分な時に目を見開き、瞳孔が大きくなります。ジーッと見つめられた時は、色々、確認してみてください。

お腹をみせてクネクネする

お腹を見せてクネクネすることで、猫は飼い主さんに「かまってほしい」という気持ちをより強くアピールしています。

猫は、お腹を撫でられることで、安心感や満足感を得ます。お腹を見せてクネクネすることで、飼い主さんに「お腹を撫でて」という気持ちを伝えているのです。

猫がかまってほしい時の行動

出典:https://www.shutterstock.com

後をついてくる

猫がかまって欲しい時は、飼い主の後をついてきます。部屋から部屋に移動する時はもちろん、トイレやお風呂にもついて来ようとする猫もいます。

かまってもらうためには、飼い主の近くにいる必要があるので一生懸命後を追いかけるのでしょう。

おもちゃの前で鳴く

猫はおもちゃの前で鳴くことで、飼い主さんに自分のお願いを伝えることができるとわかっています。つまり、おもちゃの前で愛猫が鳴いているときは、「一緒に遊ぼう!一緒にやろう!」という意味で発信しているのです。

肩やひざの上に乗る

猫が肩に乗ってきたら、「抱っこしてほしい」のサインです。抱っこをしてもらっている間は飼い主さんを独占出来るので、甘え具合も満足度も高いと言えるでしょう。

猫が膝の上に乗ってきた時も、飼い主さんを独占しようとしている可能性が高いです。猫と向かい合って座っている時は、「飼い主さんとコミュニケーションをとりたい」と思っている時です。

いたずらをする

猫はかまって欲しい時飼い主の邪魔をしてきます。例えば、パソコン作業をしている時、家事をしている時、わざと物を落としたり、急にイタズラを始め、アピールをしてきます。

イタズラをすることによって、かまってくれるというのを猫は知っているのでしょう。中には、パソコン画面の前に座ってみたり、読んでいる本の上に無理矢理視界に入る猫もいます。

かまってほしいとアピールされた時の対処方法

出典:https://www.shutterstock.com

どんなサインなのか読み取る

猫がどのようにかまってほしいのかによって対処法は異なってきます。

飼い主さんにかまってほしいというよりも、飼い主さんの存在を確かめたいのかもしれません。そのような場合は、猫を抱っこしたり、頭を撫でたりして、飼い主さんの愛情を伝えてあげましょう。

撫でてほしいのか?遊んでほしいのか?抱っこしてほしいのか?いっしょに寝て欲しいのか?ただ見てほしいだけなのか?猫が何を求めているのかをしっかりと把握してあげることが重要です。

猫がかまってほしいアピールをしてきたときは、まずは猫の気持ちを理解することが大切です。猫が本当にかまってほしいのか、それとも単に構ってほしいだけなのか、様子を見てみましょう。

できるだけかまってあげる

たくさんかまってあげることが一番良い方法です。猫は気分やな動物なので、気分が乗らない時にかまわれるとストレスを感じてしまう動物です。

そのため、かまってサインを見せてくれた時はかまってあげるチャンスでもあります。

見守る

かまってアピールをされていても、かまってあげられないときもありますよね。そんな時は、無視をするのも大切です。

飼い主さんが忙しいときは、無理に猫にかまってあげる必要はありません。猫は飼い主さんが忙しいときにも、そっと見守ってくれていることをわかっています。

いつも猫を放置することは良くないですが、状況によっては無視することも大切です。時間のある時にはかまってあげるようにしましょう。猫は、飼い主さんに撫でられることや遊んでもらうことで安心感を得ることができます。

猫と一緒に遊べるおもちゃ5選

出典:https://www.shutterstock.com

吸盤式&手持ち 猫じゃらし

吸盤タイプの猫じゃらしです。ながい棒の底には強力な吸盤がついており、床や壁に吸着させることが出来ます。棒の先には猫じゃらしがついており、猫がお気に入りの場所に吸着させることが出来るので、好きな場所で好きなだけ遊ぶことができます。


吸盤式&手持ち 猫じゃらし

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2 猫のお庭

電動式の猫じゃらしです。円盤がくるくる回転し、円盤の中心から猫じゃらしが釣りさおのようにささっている状態です。円はランダムに止まったり、逆回転したりして、猫の狩猟本能を刺激してくれます。


キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2 猫のお庭

グルコロボール

木製の玉がお皿の溝を転がり、それを猫が追いかける遊びができるおもちゃです。木製の玉は溝から外れることはなく、溝の中を回り続けます。無塗装なのでコーティング塗装品に比べて、ボールの打撃音が優しいのも特徴です。


グルコロボール

極太爪とぎポール

猫用の爪とぎポールです。猫カフェなどの施設でも使われています。上からねずみのおもちゃがぶら下がっているので飽きません。


極太爪とぎポール

オリジナル フェルトボール ピヨ子

ひよこのモチーフのフェルトボールです。フェルトボールは猫の狩猟本能を刺激するおもちゃです。天然素材で発色の良い羊毛を使用しています。ひとつひとつ手作りで作成されており、鈴ありと鈴なしを選ぶことができます。


オリジナル フェルトボール ピヨ子

猫がかまってほしいサインをしたら遊んであげよう

出典:https://www.shutterstock.com

猫にかまってあげるときは、猫が気持ちいいと感じる場所を探して撫でてあげましょう。長時間撫で続けると嫌がる場合もあるので、様子を見ながら行ってくださいね。猫が飽きてきたら、おもちゃで遊んであげのもおすすめです。おもちゃで遊ぶことで、運動不足解消やストレス発散にもつながります。

参考サイト
楽しい生活(参照日:2023-12-04)
https://item.rakuten.co.jp/ytya/ytcw006/

楽天24(参照日:2023-12-04)
https://item.rakuten.co.jp/rakuten24/4580471867945/

猫用品専門店 猫の友社(参照日:2023-12-04)
https://item.rakuten.co.jp/nekonotomosya/gurukoro-02/

マックスシェアー maxshare(参照日:2023-12-04)
https://item.rakuten.co.jp/maxshare/a10544/

猫用品と猫雑貨【premier】(参照日:2023-12-04)
https://item.rakuten.co.jp/le-premier-quartier/r-049-999-aa-01/6ed3afcaa980

著者情報

Hanaco

子育てをしながら、専業主婦ワーカーとしてお仕事をさせていただいております。以前はチワワを2匹飼っていました。
調べることや文章を考えることが好きで、自分の考えや経験などを活かせるようなお仕事をしたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

関連特集

オススメ

新着記事