犬が寝てるときにやらないほうがいいこととは?冬用ベッドもご紹介

犬が眠っている姿を見るとなでたり抱っこしたくなりますよね。しかし、犬が寝ているときにはしてはいけない行動もあります。ここでは犬が寝てるときにやらない方が良いことや犬のおすすめ冬用ベッドもご紹介します。 2022年12月19日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:5,422

犬が寝てるときにやらないほうがいいこととは?

出典:https://www.shutterstock.com

犬の睡眠時間は人と比べるととても長く12~16時間程度は寝ています。しかし、ずっと深く眠っているわけではなく眠りが浅いときもあるため物音や飼い主の部屋の移動などで簡単に起きてしまうこともあります。
ここでは犬が寝ているときにやらない方がいいことについて紹介します。

寝ているときに触る

犬が寝ているときには、触らないでそっとしてあげるのが一番望ましいでしょう。
寝ているときに触ることで犬の睡眠を阻害してしまいます。犬が浅く眠っているときには飼い主の動きですぐに起きてしまいます。

犬の睡眠時間は人間より長く、とても大切なものです。浅い眠りも深い眠りもどちらも大切なものなので、犬に触り起こすことのないようにしましょう。

寝ている犬に近寄りちょっかいを出す

犬が眠るということは安心している証拠です。寝ているときにちょっかいを頻繁に出すことで、犬の信頼を裏切ることにもつながります。
犬が寝ているときには近寄りちょっかいを出すことなくそのまま寝かせてあげましょう。

大きな声や音を出す

犬は大きな声や音により起きてしまうことがあります。起きてしまったあとに安心して休むことができなくなるため、犬が眠っているときにはテレビや音楽などの音量を下げて安心して休むことができるようにしましょう。

犬が安眠できる環境とは?

出典:https://www.shutterstock.com

犬にとっても睡眠はとても大切なものです。睡眠不足になると精神的に不安定になるだけでなく、ストレスも溜まってしまいます。
ここでは、犬が安眠できる環境づくりについてご紹介します。

安心して休める場所

犬が安心して休めることはとても大切です。安心できる場所がないとストレスが溜まり、精神的にも不安定になってしまいます。
小さなお子様がいる場合は子供がちょっかいを出せないような場所に犬を休ませることもおすすめです。犬用のケージを活用することもおすすめです。

静かな環境

犬がうるさい環境では安心して休むことができません。テレビや音楽の音量を下げるか、静かな場所に犬のケージを置いてあげましょう。
犬のケージは人通りの激しい場所も避けることがおすすめです。

犬の生活環境の室温は22~26℃程度、湿度は40~60%程度にし天気や犬の体調に合わせて調節しましょう。犬が生活する場所は寒気が溜まりやすいため、適度に犬の体温や犬の生活環境が適切かどうか確かめることがおすすめです。

寝心地の良いベッド

寝心地の良いベッドとは季節に合わせたベッドです。しっかり体を預けることができるようなベッドがおすすめですが、犬の好みに合わせて選びましょう。
冬はできるだけ暖かく過ごすことができる保温性の高いものを選ぶことがおすすめです。

犬のおすすめ冬用ベッド4選

犬のベッドには色んな種類のものがあります。ベッドの形により機能性も異なるため、選ぶときに悩んでしまうこともありますよね。
ここでは犬のおすすめの冬用ベッドをご紹介します。

ドーム型 ペットベッド

ドーム型のペットベッドになっているため保温性も高く、警戒心が強い犬にもおすすめです。留守番や昼寝をするときも安心して休むことができます。2種類の生地を採用しているため肌触りの良い暖かい素材になっているため寒い時期におすすめです。


ドーム型 ペットベッド

EMME ペットベッド

犬が寝やすいよう、3面にせり上がった枕が特徴の犬用ベッドです。ふわふわで滑らかな肌触りになっており、犬もゆっくり眠ることができるのではないでしょうか。


EMME ペットベッド

シープ調 ペットソファ

丸形のペットソファです。PVCレザータイプとコットンタイプの2種類から選ぶことができます。肌触りとクッション性に優れており、リバーシブルになっているので季節に合わせて生地を変えることができます。


シープ調 ペットソファ

シープボア ラージマット

ふわふわ感抜群のペットベッドです。手触りが柔らかく肌触りも抜群なためリラックスして休むことができます。表面はふわふわの起毛素材、肌触りの良いベロア素材のリバーシブルになっているため気温に応じて変えてみるのもおすすめです。


シープボア ラージマット

犬が寝ているときにはそっとしておこう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは犬が寝てるときにやらない方が良いことや犬のおすすめ冬用ベッドもご紹介しました。
犬が寝ているときには「無理やり起こすこと」や「犬にちょっかいを出すこと」「大きな音や声を出すこと」は避けたほうがいいでしょう。繰り返すことで犬が睡眠不足になることやストレスがたまり攻撃的な性格になる可能性があります。
犬が安心してゆっくり休める環境を整えてあげることが望ましいです。

参考サイト

・地球問屋 (参照日:2022-11-16)
https://item.rakuten.co.jp/auc-r-style/pet03-10-10m/
https://item.rakuten.co.jp/auc-r-style/pet03-10-18m/

・lifechoice寝具厳選館 (参照日:2022-11-16)
https://item.rakuten.co.jp/lifeinqc/dh0038m/

・マックスシェアー maxshare (参照日:2022-11-16)
https://item.rakuten.co.jp/maxshare/a04531/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事