犬が飼い主と一緒に寝たがる理由とは?おすすめ犬用ベッドもご紹介

寝る時間になると犬も一緒に寝室にくることはありませんか。犬が飼い主と一緒に寝たがる理由は何なのでしょうか。ここでは、犬が飼い主と一緒に寝たがる理由やおすすめ犬用ベッドについてご紹介します。 2022年06月09日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:15,526

飼い主と一緒に寝たがるのはなぜ?

出典:https://www.shutterstock.com

寝る時間になると犬が寝室にやって来て、飼い主のベッドに飛び乗ってくることはありませんか。犬と一緒に眠ることは飼い主としては嬉しいかもしれませんが、犬が怪我してしまう可能性もあるため注意が必要です。
ここでは、飼い主と一緒に寝たがる理由についてご紹介します。

一緒に寝ることで安心する

犬は飼い主と一緒に眠ることで安心できます。ここには敵が侵入することがないと認識しているため、安心して眠ります。しかし、一度眠ってしまうと癖になり、毎日飼い主と一緒に眠りたがるようになるため注意が必要です。
犬が一緒に眠ることでベッドから落ちるなどして怪我をする可能性もあります。さらに、衛生面でもあまり良くありません。そのため、一緒に眠るのは控えたほうがいいでしょう。

寝心地が良い

飼い主のベッドが寝心地が良いため、犬は飼い主と一緒に寝ようとします。
犬用のベッドよりも人用のベッドの方が暖かく、寝心地も良いことが多いです。
暑い時期は夏用のベッドを、寒い時期は冬用のベッドを用意してあげるなどして、犬の睡眠環境を改善する必要があるかもしれません。

落ち着くニオイがする

落ち着くニオイがするため、犬は飼い主と一緒に寝ようとします。
犬は知っているニオイがする場所では安心して休むことができます。
犬は引っ越しなど生活環境に大きな変化があった時には特に不安になりやすいため、一緒に寝たがる傾向があります。

飼い主と一緒に寝たがる時の対処法とは?

出典:https://www.shutterstock.com

飼い主と一緒に寝たがる時、一緒に寝てしまうと犬を危険にさらしてしまうことになります。そのため、一緒に寝たがる時には自分のベッドで眠ることができるようにトレーニングしていく必要があります。
ここでは、飼い主と一緒に寝たがる時の対処法についてご紹介します。

ハウストレーニングをする

飼い主と一緒に眠らないようにするためには、ハウストレーニングをしましょう。ハウストレーニングとは、犬が犬用のベッドや寝床で眠ることができるようにしつけることです。
犬に「ハウスは良い場所である」と認識させることが大切で、災害時やお出かけ時にも活用することができるので、必須のしつけとも言えるでしょう。

ベッドは乗ってはいけない場所だと教える

犬がベッドに乗らないようトレーニングが必要となります。犬がベッドに乗った時に「降りて」や「だめ」と伝え、ベッドは犬が乗ってはいけない場所だと認識させましょう。最初は覚えられなくても、毎回伝えることで犬もベッドは立ち入ってはいけない場所と認識するようになります。

犬が安心できるベッドを用意してあげる

犬が安心できるベッドを用意してあげましょう。犬にとって寝心地の良いベッドを用意することで、人用のベッドに登らないようになります。犬の大きさや体格に合ったベッドを選びましょう。

おすすめ犬用ベッドをご紹介

犬が安心して休むためにはふかふかのベッドが大切です。
ここでは、おすすめ犬用ベッドについてご紹介します。

eMus スクエアベット

オールシーズン使用できる快適なスクエアベッドです。メッシュ生地とファー素材のリバーシブルタイプのベッドなので、季節に合わせて変えることができます。子犬やシニア犬でも使用しやすいように入口の部分は高さが低くなっています。


eMus スクエアベット

シープボア ラージマット

ふわふわ感抜群のベッドです。表面はふわふわ生地の起毛素材、裏側はベロア素材で作られているので、2つのパターンでベッドを楽しむことができます。気温に応じて変えることもできるため、長く使うことも可能です。暑い時期はベッドに冷感シートを付けることで通年使用することができます。


シープボア ラージマット

EMME 3Dペットベッド

3サイズから選べるペットベッドです。カバーが取り外し可能で、洗うこともできるので清潔を保つこともできます。人間用寝具に使われる素材と製法をもとに作られているので丈夫なおかつ快適に過ごすことができます。寝返りや起き上がりが楽になるように高反発素材を使用しているため、シニア犬にもおすすめです。


EMME 3Dペットベッド

ペットベッド カドラー

丸形のペットベッドです。肌触りとクッション性に優れており、快適に過ごすことができます。クッションはリバーシブル仕様になっているため、季節に合わせて変えることも可能です。


ペットベッド カドラー

安眠できるベッドを選ぼう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、犬が飼い主と一緒に寝たがる理由やおすすめ犬用ベッドについてご紹介しました。愛犬が飼い主と一緒に寝たがるのは信頼されているようで嬉しく思うかもしれません。しかし人は人のベッドで、犬は犬のベッドで寝ることで、お互いの質の良い睡眠を確保することができるのです。
犬のためにも別々の場所で眠れるようトレーニングをしてあげましょう。また、犬用のベッドを用意してあげるなど対策をとりましょう。

参考サイト

・Eight Dogs (参照日:2022-04-26)
https://item.rakuten.co.jp/eight-dogs/2012/

・地球問屋 (参照日:2022-04-26)
https://item.rakuten.co.jp/auc-r-style/pet03-10-18l/

・lifechoice寝具厳選館 (参照日:2022-04-26)
https://item.rakuten.co.jp/lifeinqc/dh0038l/

・タープ&テントのスマイルプライス (参照日:2022-04-26)
https://item.rakuten.co.jp/smile88/a04530/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事