ポメラニアンにハーネスを選ぶメリットとは?おすすめのハーネス15選

最近は、愛犬にハーネスを選ぶ飼い主さんも増えてきましたね。ポメラニアンのような小型犬には、首輪がよいのか、それともハーネスがよいのか迷いませんか?そこで今回は、ポメラニアンにハーネスを選ぶメリットとおすすめのハーネスをご紹介していきます。 2022年11月25日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:1,286

ポメラニアンのお散歩、首輪とハーネスどちらを選ぶ?

画像素材 - クリエイティブプロジェクト用の写真、ベクター画像、イラスト | Shutterstock

出典:https://www.shutterstock.com

ポメラニアンに限らず、最近は小型犬から大型犬までハーネスを着用してお散歩している姿をよく見るようになりましたね。首輪よりもハーネスの方が苦しくないのかな?ハーネスは歩きにくくないのかな?など、それぞれ疑問もあるでしょう。

実際、首輪とハーネスはそれぞれメリットとデメリットがあります。どちらが良いとは一概には言えませんが、愛犬の状態に合ったものを選ぶことが大事です。

首輪は、簡単に着用できるものも多く、お散歩をしていないときにつけていると迷子札として役立ちます。うっかり脱走してしまって迷子になった時などは、迷子札があるだけで飼い犬だということがすぐに分かり、保護してもらえればすぐ連絡をしてもらえるでしょう。

散歩のしつけができていない時期には、「引っ張りすぎるとよくない」と教えることができます。首輪は、飼い主の意思が伝わりやすいのです。

一方、いくら教えてもお散歩時には引っ張ってしまうような子には、散歩中ずっと首に負担がかかることになります。首の骨が細かったり、気管が弱かったりする子には、負担が大きすぎるかもしれません。

ハーネスは、首輪のように一転集中で負担がかからないことから、散歩時の犬の負担が軽減できるとされています。しかし、飼い主の意思は伝わりにくく、しつけにはあまり向いていないものも多いです。

ポメラニアンにハーネスを選ぶメリットは?

出典:https://www.shutterstock.com

ポメラニアンの骨格はとても華奢で、頭も小さいです。そして、気管虚脱といって、気管支の病気にも注意が必要といわれるほど、気管への負担にも気を付けてあげなければなりません。

首輪は、グングン引っ張って歩いてしまう子にとっては、常に首や気管支に負担がかかるため、少し不安がありますね。ハーネスの場合は、一点に負担が集中しないため、衝撃や圧迫による負担も少なくなります。

ただし、気が強い一面を持つ傾向にあるポメラニアン。きちんとしつけないと、いつまでたっても引っ張り癖は直りません。首輪は一時的に使用する、引っ張った時だけ締まるハーネスを着用してしつけるなど、工夫をしてあげることも大事です。

ポメラニアンにおすすめのハーネス15選

レザー×リネンハーネス

リネンとフェイクレザーの組み合わせがおしゃれな、サイズ調整のしやすいハーネスです。首回りや胴回りは、アジャスターで調整することができます。とても軽量なので体の小さいポメラニアンでも負担が少なく、お洋服とも合わせやすくなっています。


レザー×リネンハーネス

ペティオ ワンワンカジュアルデニムスタイル ハーネス&リードSS

体重5kgまでの超小型犬にも対応するハーネスです。一般的なスナップよりも強度の高い、ペティオセーフティスナップが使われています。突然のスナップ外れを防止する構造で、引っ張りにも強くて外れにくい点が特徴。


ペティオ ワンワンカジュアルデニムスタイル ハーネス&リードSS

RADICA クラシック ハーネス&リード

装着が簡単に行える、ハーネスとリードがセットになったアイテムです。マジックテープは使われていないため、ビリビリとした音が苦手な子にも使いやすくなっています。ワニ口をスライドして体に合わせるように装着するため、とても簡単。柔らかな素材で痛みも少なくなるよう工夫されています。


RADICA クラシック ハーネス&リード

RADICA+Y ハーネス(リード付き)

体をすっぽりと包むようにして装着するハーネスです。あらかじめバックルでサイズを調節しておくと、あとは簡単に脱ぎ着することができます。スポンジメッシュ素材でふわふわと柔らかく、通気性も良いため夏でも快適。胸の形にぴったりと合う、立体構造になっています。


RADICA+Y ハーネス(リード付き)

RADICA+Y 単品ハーネス

「リードは付いていなくていいから、ハーネスだけ欲しい!」という場合には、こちらがおすすめです。デザインのバリエーションは16種類、控えめな色合いも多く、お洋服と合わせやすくなっています。すっぽりと包んでくれるような、柔らかくて安心感が得られそうなハーネスですね。


RADICA+Y 単品ハーネス

パピア ソフトベストハーネス

日本に限らず、世界中で知られているPUPPIAの製品です。見た目はとてもシンプル、メッシュ素材で通気性があります。首回りはストレスなく快適で、胴回りはバックルベルトでサイズ調整が可能です。


パピア ソフトベストハーネス

チェック ハーネス リード 2点セット

おなじみのチェック柄ですね。きちんとした印象の見た目が可愛い。飼い主さんとのお揃いコーディネートも楽しめそうなデザインで、裏地は通気性のよいメッシュ素材のため快適に着用できます。留め具を調整して細かなサイズ調節も可能です。


チェック ハーネス リード 2点セット

プラティコハーネス カドゥルアジャスタブル ファッションタイプ

留め具を使用せずにクッション性の高い素材でつくられたハーネスです。留め具がないため、皮膚や被毛とこすれることがなく、ストレスを最小限に抑えながら着用できそうですね。被毛のカットによってサイズ調節が必要なポメラニアンや、お洋服を普段から着ている子にも使いやすいです。


プラティコハーネス カドゥルアジャスタブル ファッションタイプ

True Love ソフトメッシュハーネス

頭からかぶるだけで装着できる、とても便利なハーネスです。体を持ち上げたり足を持ち上げたりしなくても、負担なく脱ぎ着することができます。肩甲骨の動きを邪魔しない構造になっており、お散歩もストレスなく楽しめそうですね。メッシュ素材なので、特に夏は重宝してくれます。


True Love ソフトメッシュハーネス

フォーマルタイプのボディーハーネス

内側がボアになっている、あたたかいハーネスです。背中のボタンで留めるタイプで、脱ぎ着は簡単。ハーネスを嫌がって暴れる子には不向きかもしれません。ハーネスに慣れている子や、お散歩をしない外出時に使いたくなるおしゃれなデザインです。


フォーマルタイプのボディーハーネス

衝撃吸収胸あて式デニムハーネス&リードセット

2つのリングとクリップで簡単にサイズ調節ができます。抜けてしまうことを心配して、こちらのハーネスを購入する飼い主さんも多いようです。お財布に優しい価格なのも嬉しいポイント。


衝撃吸収胸あて式デニムハーネス&リードセット

ボーダー柄ソートフルハーネスリード

背中でサイズが調節でき、お洋服の厚みにより細かくサイズを変えたい場合にも使いやすいハーネスです。胸の部分は広く面で支えるため、気管や首の負担を軽くしてくれます。リードとのセットでお手軽な価格も嬉しいポイントです。


ボーダー柄ソートフルハーネスリード

ペティオ 7歳からのやさしいハーネス

シニア犬の負担をより軽くできるように考えられたハーネスです。中綿入りの柔らかい生地は、筋肉量の減ったシニア犬に優しいつけ心地。金具を外して洗うことができるため、いつでも清潔を保つことができます。


ペティオ 7歳からのやさしいハーネス

ベスト型クレヨンハーネス

見た目からして暖かそうな、秋冬にぴったりのハーネスです。まるでお洋服のように着ることができますね。裏地はフリースでポカポカ、本格的な寒さを迎えるまでの肌寒い時期に重宝しそうです。


ベスト型クレヨンハーネス

ハーネス一体型ジャンパー

これ1着で防寒ができてしまう便利なハーネスです。服を着て、さらにハーネスを着用するといった手間や負担がかからず愛犬にも優しい。裏地にはフリース素材が使われています。


ハーネス一体型ジャンパー

犬雅 唐草 ハーネス

洋風のデザインが多い、犬用のハーネス。珍しい和柄でお出掛けしたいときはこちらがぴったりです。ワンタッチバックルのため、毎度サイズを調節する必要がなく簡単です。


犬雅 唐草 ハーネス

ポメラニアンの散歩時の負担が減らせるハーネス、サイズをよく確認して

出典:https://www.shutterstock.com

今回は、ポメラニアンにハーネスを使うメリットや、おすすめのハーネスをご紹介しました。
ハーネスは、きちんとサイズをはかり選ぶと、お散歩時の首や気管への負担を和らげることができます。抜けてしまうと迷子や事故にもつながりかねないため、購入時にはきちんとサイズを計測してぴったりフィットするものを選びましょう。

著者情報

こば

小さな頃から保護された犬や猫を迎えて生活。現在は黒猫の「ジジ」に翻弄されながら、発見と感動の毎日を送っています。
実体験を振り返りつつ、飼い主さんの役に立つような情報を分かりやすく記事にすることを目標にしています。

オススメ

新着記事