猫がグルーミングをしない理由は?おすすめのペットブラシ5選

猫はさまざまな目的でグルーミングします。ですが、猫が突然グルーミングをしなくなった場合も理由があるのです。今回は猫がグルーミングしない理由とおすすめのペットブラシをご紹介します。 2022年11月06日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の健康ケア猫のカテゴリ - 猫の健康ケア
  • VIEW:973

猫がグルーミングしなくなる理由とは

出典:https://www.shutterstock.com

猫の舌はザラザラしていて、ブラシと同じ機能を持っています。ですので、体を舐めることによって、体を清潔に保ったり、体温調整をしたり、リラックス効果を得るためにグルーミングをするのです。

ほかに猫同士で舐め合うことで、コニュニケーションを取っているとも言われています。ですが、ある理由で猫がグルーミングしなくなってしまうことがあります。

場合によっては、早急に対処しなけらばいけないこともあるので、毎日猫の行動を把握することはとても大切なことなのです。

猫は大抵、自分自身の気持ちを落ち着かせたい時にグルーミングを行います。食事の後や、トイレの後、寝る前、興奮した後にグルーミングをすることが多いので、愛猫の様子を確認してあげるようにしましょう。猫がグルーミングしなくなる理由は以下のことが考えられます。

肥満によるもの

あまり太り過ぎてしまうと、脂肪が邪魔してグルーミングしづらくなります。そのためグルーミングをするのが面倒になってしまい、結果グルーミングをやめてしまうのです。

一般的に肥満と認定されるのは適正体重から15%増えたときです。また、肋骨が触りづらい時も肥満の疑いがあります。

肥満は、グルーミングができない以外にもさまざまな病気を引き起こしてしまうので、改善するようにしましょう。

老化によるもの

年齢を重ねるにつれてグルーミングする回数が減る猫もいます。加齢と共に体力が落ちてしまって、グルーミングをする余裕がなくなってしまうことが原因です。

猫は人間のおよそ4倍の速さで老化していくので、つい最近まで出来ていたことがある日突然出来なくなってしまうこともあるかもしれません。

老猫は、日頃から注意深く見てあげるようにしましょう。

病気によるもの

病気が原因で元気がなく、グルーミングの回数が減っている場合があります。年齢にもよりますが、一般的に猫は1日に約2時間以上をグルーミングに使っています。

それだけ猫に取ってグルーミングは生活する上において必要なことなのです。ですの、年齢が若いであまりにもグルーミングをおこなっていない場合は、病気である可能性があります。

異変を感じたら、病院を受診したほうがいいでしょう。

ブラッシングの重要性

出典:https://www.shutterstock.com

基本的に猫は、自分でグルーミングできるのでブラッシングする必要がないと思いがちですが、猫にもブラッシングは必要です。

飼い主がブラッシングしてあげることで、コミュニケーションをとることができますし、毛球症の改善にもつながります。特に毛足が長い猫や毛量の多い猫は、毛を飲み込みやすいので、ブラッシングを毎日にしてあげた方がいいでしょう。

ブラッシングを嫌がる猫には無理して行う必要はありませんが、徐々に猫の警戒心をとるようにして気長にチャレンジしていきましょう。

猫用ブラシの選び方

出典:https://www.shutterstock.com

猫用ブラシには「ラバーブラシ」「獣毛ブラシ」「アンダーコート用ブラシ」「スリッカーブラシ」「ピンブラシ」「コームブラシ」などがあります。猫の毛の長さなどに合わせて、適切なものを選んであげるようにしましょう。

ラバーブラシ

短毛の猫には、刺激が少ないラバータイプのブラシがおすすめです。優しくマッサージするようにブラッシングしてあげることで、猫も癒されるはずですよ。

スリッカーブラシ

長毛の猫には、スリッカーブラシでを使うと毛の絡まりをキレにほぐしてくれます。ピン先が尖ってないものを選ぶと、皮膚を傷つけずにブラッシングできますよ。

コームブラシ

コームブラシは、毛並みを揃えるときに使用します。長毛の猫の場合、スリッカーブラシで絡まりを解いた後に、コームブラシで表面を整えてあげると、美しく仕上げることができますよ。

アンダーコート用ブラシ

毛が生え変わる時期には、アンダーコート用ブラシを使うとしっかりと毛を取り除くことができます。あまりブラッシングし過ぎて、必要な毛まで抜かないように注意することが必要です。

獣毛ブラシ

獣毛ブラシは、静電気が起こりにくく、水分と油分を含んでいるので、毛並みに艶を与えてくれます。猫の毛並みにこだわりを持っているなら、持っておきたいブラシです。

おすすめのペットブラシ5選

①ペットアンドミー ラバーブラシ

ラバー素材のペットプラシです。ブラッシングしながらマッサージ効果を得ることができるます。短毛の猫に向いているブラシで、短い毛でもしっかりとキャッチしてくれるためごっそりと毛が取れますよ。


ペットアンドミー ラバーブラシ

②ペットトリマー監修 ペット用ブラシ

ピン先が丸形加工されているため皮膚を傷つけず、どんな毛足の猫にも使用することができます。ペットトリマーが監修していることもあり、機能はもちろん使いやすさも抜群に優れていますよ。


ペットトリマー監修 ペット用ブラシ

③グルーミンググローブ

撫でるだけで簡単にブラッシングすることができます。シリコン素材で皮膚を傷つける心配もなく、取れた毛も処理しやすいので、ブラシよりもグルーミング手袋の方が使いやすいという方も多いようです。


グルーミンググローブ

④レデッカー 高級キャットブラシ

天然豚毛を使用したブラシです。ロングヘアの猫におすすめのブラシになります。完全ハンドメイド製品のためブラシ自体も味わいがあり、お気に入りのブラシになること間違いなしですよ。


レデッカー 高級キャットブラシ

⑤ファーミネーター 長毛種用

アンダーコートまでしっかりとお手入れすることができるブラシです。ワンプッシュボタンが付いているので、ブラシに絡まった毛も簡単に取り除けます。人工学に基づいたデザインで握りやすく、長時間ブラッシングしても手が疲れにくいのも人気の秘密です。


ファーミネーター 長毛種用

ブラシングで猫とコミュニケーションをはかろう

グルーミングは猫の生活に欠かせないものです。何かしらの理由でグルーミングをしなくなってしまった時は、原因をいち早く見つけて改善してあげるようにしましょう。

ブラッシングは飼い主との絆を深める役割もあります。お気に入りのブラシを見つけて、積極的にブラッシングしてあげてください。

参考サイト

DOG HILLS Online Store(参照日:2022-10-13)
https://item.rakuten.co.jp/dog-hills/7640157920016/

HIROMU楽天市場店(参照日:2022-10-13)
https://item.rakuten.co.jp/hiromu/rw0026/

Gutto楽天市場店(参照日:2022-10-13)
https://item.rakuten.co.jp/forthon/r109/

LUCIDA(参照日:2022-10-13)
https://item.rakuten.co.jp/lucida/rdk-0047-000/

楽天24 ペット館(参照日:2022-10-13)
https://item.rakuten.co.jp/nyanzaq/8117940115816/

著者情報

Hanaco

子育てをしながら、専業主婦ワーカーとしてお仕事をさせていただいております。以前はチワワを2匹飼っていました。
調べることや文章を考えることが好きで、自分の考えや経験などを活かせるようなお仕事をしたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

オススメ

新着記事