犬に吠えられるのはなぜ?吠えられる人の特徴や行動を解説

何もしていないのに犬に吠えられたことはありませんか。中には知らない犬でもすぐになつく人もいます。この違いは何から来るのでしょうか。ここでは、犬に吠えられる人の特徴や行動、犬に好かれる方法について解説します。 2022年11月09日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:2,564

犬に吠えられる人の特徴

出典:https://www.shutterstock.com

犬が好きでも散歩中の犬に吠えられて悲しい思いをしたことはありませんか。逆に何もしていなくても犬に好かれる人もいます。では、なぜ犬に吠えられてしまうのでしょうか。
ここでは「犬に吠えられる人の特徴」についてご紹介します。

大きな声を出す人

犬は「大きな声を出す人」が苦手です。そのため、吠えられる可能性も非常に高いです。甲高い声や低く大きな声は犬にとって恐怖の対象でしかありません。

犬と仲良くしたいのであれば声のトーンは高めにし声のボリュームは下げるようにしましょう。低い声は犬から見ると少し怖い印象を受けがちです。犬を叱るときに声のトーンを下げて叱ることもあるため、初対面の犬に接するときは声のトーンは高めにして話しかけることがおすすめです。

犬が予測できない動きをする人

犬は「予測できない動きをする人」が苦手です。恐怖心もいだきやすいため、吠えられる可能性が高いです。

じっとしていたのに急に走り出したり、機敏な動きをすると犬は混乱します。家族や飼い主であれば「遊んでくれる」と思いテンションが上がることもありますが、初対面の方にされると「怖い」と感じて逃げてしまいます。
初対面で予測できない動きをされると次あったときも警戒しその人には近づかないことが多いです。その場で吠えられる可能性もあります。

犬にとって子供も予測できない動きをするため苦手なケースが多いです。急に走り出したり、体を触ってきたり、驚いて攻撃してしまうこともあります。そのため、犬の散歩中に子供が近くにいるようであれば避けて通ることが望ましいです。

体が大きい人

犬は「体が大きい人」が苦手です。そのため、怖がり吠えてしまうことがあります。

犬の性格にもよりますが、自分より体が大きい人や物に対しては恐怖を覚え、警戒します。警戒しながら近づき害がないことを知りやっと安心します。

体が大きい人は初対面で犬に怖がられてしまうこともありますが、目線を合わせて優しく声をかけることで犬も大丈夫だと安心してくれます。繰り返し行うことであったときに喜んで近づいてくるようになります。

犬に吠えられないようにするためには?

出典:https://www.shutterstock.com

犬の吠えられてしまうと何もしてしていないのになんだか悪い気がしてきますよね。さらに、犬が好きでも近寄りたくなくなります。
では、犬に吠えられないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか。
ここでは「犬に吠えられないようにするための方法」についてご紹介します。

落ち着いた行動を心がける

犬に吠えられないようにするためには「落ち着いた行動を心がける」ことが望ましいです。

犬は騒がしい人は苦手です。大きな声やバタバタを動き回られると不安に感じます。
そのため、犬に好かれるためには落ち着いた行動を心がけることが望ましいです。声のトーンもあげ、犬には優しく話しかけるようにしましょう。

犬の目線に合わせる

犬に吠えられないようにするためには「犬の目線に合わせる」ことが望ましいです。

犬は恐怖を感じたときに吠えることがあります。高い場所からじっと見つめられるとプレッシャーを感じ怯えてしまいます。そのため、犬の目線に合わせるためにしゃがんであげることがおすすめです。

犬の体に触りたいと感じたときはまず飼い主に了承を得ましょう。触っても問題ないようであれば手をグーの状態にし手の甲のニオイを犬にかがせるようにしましょう。
このとき犬はこの人がどんな人なのかを見極めている途中ですので犬の行動を待ちましょう。

犬の体に触るときは頭ではなくあごや顔周りを触るようにしましょう。急に頭の上に手を出されると犬は驚き警戒してしまうため注意しましょう。

無理やり近づかない

犬に吠えられないようにするためには「無理やり近づかない」ことが望ましいです。

犬は警戒している状態で無理やり距離を縮められるとさらに警戒し、恐怖を感じます。犬が自分から遠く離れているときは無理に近づこうとせずに、犬から近づいてくれるのを待ちましょう。

犬に好かれる方法とは?

犬が好きな人にとってはできれば初対面でも好かれたいものですよね。
犬に好かれる方法はあるのでしょうか。
ここでは「犬に好かれる方法」についてご紹介します。

優しく話しかける

犬に好かれる方法は「優しく話しかける」ことです。

犬は優しく話しかけられることで心を開きやすいです。優しい声は犬も安心するため、その人になつきやすくなります。「かわいい」などの言葉で喜ぶ犬もいるため褒めてあげることもおすすめです。


犬と仲良くなるためには初対面で失敗しないことが大切です。初対面で警戒されてしまうと仲良くなるためには時間がかかってしまいます。
できるだけ優しく、犬に警戒されないように接触しましょう。

犬と一緒に遊ぶ

犬に好かれる方法は「犬と一緒に遊ぶ」ことです。

違うご家庭の犬ではなかなか難しいかもしれませんが、犬と仲良くなるためには一緒に遊ぶことがおすすめです。ボールやおもちゃなどを使って遊び、良い行動をしたときには褒めてあげましょう。犬との時間を増やすことで犬もなれやすく心をひらいてくれるようになります。

おやつやご飯を与える

犬に好かれる方法は「おやつやご飯を与える」ことです。


違うご家庭の犬ではなかなか難しいかもしれませんが、おやつやご飯が好きな犬は与えることで高感度が上がります。この人は美味しいものをくれると認識するためなつきやすくなります。

ただ、散歩中に出会った犬におやつを与えるときは飼い主の許可をとり、どんなおやつなのかを知ってもらってからとなります。犬の中にはアレルギー症状が見られる可能性があるため、他所の犬にはむやみにおやつやご飯を与えないようにしましょう。

犬に好かれるためには犬を知ろう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、犬に吠えられる人の特徴や行動、犬に好かれる方法について解説しました。
犬のことが好きでも吠えられるのは悲しく、できれば初対面でも犬にも好かれたいですよね。
犬は人の行動をよくみていて、少し高圧的な人や声の大きい人、予想できない動きをする人が苦手です。特に予想できない動きをする人に対して吠えることがよくあります。
犬は初対面では相手が自分にとって無害な存在かを見極めています。無理やり距離を縮めることなく、少しずつ相手との距離を縮めていきましょう。

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事