犬のケージはどのサイズがいい?正しい選ぶ方や注意点をご紹介

犬のケージは小さすぎても大きすぎてもいけないため、適切なサイズを選ぶことが望ましいです。ここでは、犬のケージの役割、ケージの正しい選び方や注意点についてご紹介します。 2022年09月14日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:2,629

犬のケージの役割とは?

出典:https://www.shutterstock.com

ケージは犬を隔離するためだけでなく、さまざまな役割があります。
ここでは、ケージの必要性について解説いたします。

いたずら防止

ケージを活用することで犬のいたずらを防ぐことができます。
特に、子犬の頃はぬいぐるみやクッションなどを壊すなどのいたずらをしてしまいます。
他にも食べてはいけないものを飲み込んでしまう可能性があります。

留守番時の安全確保

留守番をさせる時の安全を確保することができます。
留守番の時は飼い主の目が届かなくなるため、犬がいたずらなどをしてトラブルを引き起こす可能性もあります。
ケージに入れておくことで怪我のリスクを下げることができるため、留守番も安全に過ごすことができます。

災害時にも活躍

ケージは災害時にも活用することができます。避難所に避難する時には犬をケージなどに入れなければ連れて行くことができません。中にはケージに入れていも避難できないケースがあるため注意が必要となります。
普段からケージに入れておくことでケージに慣れさせておくことが大切です。

犬のケージの選び方について

出典:https://www.shutterstock.com

犬のケージは長期的に使用するものなので慎重に選ぶことをおすすめします。
ここでは犬のケージの選び方についてご紹介します。

犬の体の大きさにあったサイズ

ケージを選ぶ時には、犬が入った時にくるりと回れるぐらいのサイズのものを選びます。
犬がケージの中でゆったりできるスペースは必要ですが、あまりにも体より大きいサイズでは犬が安心して休むことができないため注意しましょう。

お手入れしやすいものを選ぶ

ケージは犬が使用するものなので、こまめに掃除し清潔な状態を保つようにします。
そのため、ケージは簡単に掃除ができるようなものを選びましょう。
ケージの中には下部のトレイのみを取り出すことができる商品もあります。

犬のケージを選ぶ時の注意点とは?

出典:https://www.shutterstock.com

ケージは色んな種類のものがありますが、安価な商品ではなくサイズも大きいためできるだけ長期間使用できるものを選ぶことが望ましいです。
ここではケージを選ぶ時の注意点についてご紹介します。

子犬の時は購入に注意する

ケージを子犬の時に購入する時にはサイズに注意しましょう。
子犬時の体の大きさのサイズを購入すると、成長して体が大きくなった際に使用することができなくなる可能性があります。
長期的に使用したい場合は、成長した時の体の大きさを考慮したサイズのものを購入することがおすすめです。

ケージ用のスペースをしっかり確保する

ケージを購入する時には、ケージを置くスペースをしっかり確保することが必要です。犬に合ったケージを見つけたとしても、ケージ用のスペースがなければ設置することはできません。
ケージを選ぶ時には、部屋のどこにケージを設置するか決めて、どのくらいのサイズならよいのかをしっかり検討してから選びましょう。

お手入れのしやすいものを選ぶ

ケージ選びのポイントとして、お手入れのしやすさにも注目してみましょう。
ケージはこまめにお手入れが必要になるため、掃除が簡単にできれば、日々の負担も軽減されることでしょう。

おすすめの犬用ケージ 4選

犬用ケージはさまざまな種類があるため、選ぶ時にはどれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。
ここではおすすめの犬用ケージ4選をご紹介します。

折りたたみ式 ペットケージ 大型犬用

工具不要の組み立てペットケージです。簡単に組み立てることができるため、すぐに使用することができます。使用しない時はコンパクトに収納することができるため、場所を取りません。ケージは出入り口が2箇所あるので、どんな場所でも設置しやすいです。


折りたたみ式 ペットケージ 大型犬用

アイリスオーヤマ 折りたたみケージ OKE-600R

小型犬~中型犬の軽量ペットケージです。組み立て工程も少ないので、簡単に設置することができます。頑丈なスチール製なので、災害時にも活用するでしょう。折りたたんで運べばお出かけにも活用することができるため、色んなシーンでも使用できます。


アイリスオーヤマ 折りたたみケージ OKE-600R

アイリスオーヤマ ペットサークル 専用カバー付き

カーテンが付いている室内用ペットケージです。付属の布をかぶせることで音や視線、光を遮断することができ、中で犬がリラックスして過ごすことができます。
手入れが簡単で、軽い等オールプラスチック製です。


アイリスオーヤマ ペットサークル 専用カバー付き

アイリスオーヤマ ルームケージ RKG-700L

お世話がしやすい天面扉付きのペットケージです。ペットシーツを敷いてもずれにくくなっています。室内専用となるためお出かけに使用することはできませんが、家の中で犬が安心して過ごすことができる場所となります。


アイリスオーヤマ ルームケージ RKG-700L

ケージは正しいサイズを選ぼう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは犬のケージの役割、ケージの正しい選び方や注意点についてご紹介しました。
犬にとってケージはいたずら防止や留守番の時の安全の確保、災害時に活用できるなどの役割があります。
ケージを選ぶ時には、犬の体の合ったサイズや、お手入れのしやすいものを選びましょう。ケージは長期的に使用するものです。慎重に選び活用することをおすすめします。

参考サイト

・WEIMALL楽天市場店 (参照日:2022-08-02)
https://item.rakuten.co.jp/weimall/pt0017d/

・犬とEnjoy!ドッグパーク (参照日:2022-08-02)
https://item.rakuten.co.jp/dogland/533117/
https://item.rakuten.co.jp/dogland/314740/

・快適ペットライフ (参照日:2022-08-02)
https://item.rakuten.co.jp/petworldone/314530/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事