ケージ、サークル、クレートの違いとは?特徴や必要なシーンをご紹介

犬を飼育する時に必要なグッズの中にはケージ、サークル、クレートがあります。これらはすべて揃える必要はなく、必要に応じて準備することがおすすめです。ここでは、ケージ、サークル、クレートの違いや特徴、必要なシーンについてご紹介します。 2022年04月01日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:4,116

ケージ、サークル、クレートの違いや特徴とは?

犬を飼育する時にケージやクレートを持っておいたほうがいいと言われる方は多いと思います。犬を入れておくためのケージやサークル、クレートは同じ商品ではなく、それぞれに特徴があり、違いもあります。
ここでは、ケージ、サークル、クレートの違いや特徴についてご紹介します。

ケージの特徴

出典:https://www.shutterstock.com

ケージは、天井のあるかごです。
扉がついており、犬にとって自分の部屋のようなものにあたります。
ステンレス製で作られているものが多いです。そのため頑丈な商品が多く、子犬の頃からシニアまで長く使うことができます。

ケージは設置すると場所をとるため、スペースに余裕がある家庭におすすめです。収納することができるものとできないものがあるため、購入時には確認しておきましょう。
犬にとっても安心できる場所となり、お留守番時にも最適となっています。

サークルの特徴

出典:https://www.shutterstock.com

サークルは、天井と床が付いていない柵です。
サークルはステンレス製や木製のものがあり、軽量のものだけでなく頑丈なものも多くあります。
サークルはコンパクトに収納することができるものも多く、スペースに余裕がない家庭にもおすすめです。商品にもよりますが、サークルは簡易的で設置も簡単なものが多いです。来客時やトイレトレーニング、お留守番時にも使用することができます。

クレートの特徴

出典:https://www.shutterstock.com

クレートは持ち運びが可能な犬小屋です。
公共機関や車などを利用する時に最適で、プラスチック製、布製があります。
クレートは1頭に1つ持っておくことがおすすめです。クレートは慣れるまでに時間がかかることが多いため、クレートを利用する時にはクレートに入る練習をしておきましょう。

それぞれの必要なシーンとは?

出典:https://www.shutterstock.com

ケージ、サークル、クレートにはそれぞれの違いがあるため、活用する場面も異なります。
ここでは、それぞれの必要なシーンについてご紹介します。

ケージが必要なシーン

ケージは犬のお留守番、自宅での安心できる場所として活用することができます。災害時に犬が避難できる場所として使用することが可能です。
犬が安心できる場所と認識させておくことで、万が一お留守番時に災害が起きた時にケージでじっとしてくれる可能性もあります。犬がいつでも入ることができるように常に出入りができるようにしておくといいかもしれませんね。

サークルが必要なシーン

サークルはトイレトレーニング、お留守番、来客時に活用することができます。大きなサークルではドッグランのような感覚で利用することも可能です。
サークルによってはケージのように安心できる場所として覚えさせることも可能です。持ち運びができるものであれば、アウトドアなどでも使用することができるため、生活スタイルに合わせて選ぶことがおすすめです。

クレートが必要なシーン

クレートはお出かけ、通院、旅行、災害時など、主に外出時に活用することができます。布製のクレートはリュックのようなものもあるため、一緒にお出かけをしたい方にとって便利なものとなります。プラスチック製のクレートは強度が高いものが多く、飛行機などにも対応しているものもあります。
クレートはいろんなおでかけの場面で活用することができるため、購入を検討することをおすすめします。

おすすめ商品をご紹介

犬を入れるものは1つ持っておけばいいと思うかもしれませんが、それぞれにメリットに違いがあります。
ここでは、ケージ、サークル、クレートのおすすめ商品についてご紹介します。

アイリスオーヤマ コンビネーションサークル

パーツを自由にカスタマイズすることができるサークルです。家族が増えた時にもつなげることでいろんな形にして、使用することができます。サークルの組み立てはジョイントパーツをはめ込むだけなので、簡単に組み立てることが可能です。
お留守番やトイレトレーニングにも活用することができます。


アイリスオーヤマ コンビネーションサークル

アイリスオーヤマ ルームケージ RKG-900L

小型犬から中型犬用のルームケージです。天井をあけることができるので簡単にお世話をすることができ、ドアロックも片手で開閉スムーズとなっています。キャスターがついており移動がしやすくなっています。ケージ内にはシーツストッパーがあり、ペットシーツをしくことができます。
お留守番やトイレトレーニングなどに活用することが可能です。


アイリスオーヤマ ルームケージ RKG-900L

折りたたみ式 ペットケージ

折りたたみ式のペットケージです。工具不要で組み立ても簡単です。折りたたむこともできるため、家の中だけでなく、お出かけ時にも使用することができます。使用しない時の収納も場所をとりません。出入り口が2箇所あるため、お世話もしやすくなっています。スチール製なので頑丈にできているため、災害時にも活躍できるでしょう。


折りたたみ式 ペットケージ

アイリスオーヤマ エアトラベルキャリー

左右どちらからでも開閉できるクレートです。クレートの入り口には市販の南京錠をつけることもできるため、出先で犬が飛び出してしまうというトラブルを避けることができます。両手で持つことができるので持ち運びも便利です。サイズはSS~Lサイズもあるため、大きな犬種でも使用することができます。


アイリスオーヤマ エアトラベルキャリー

用途に合わせて選ぼう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、ケージ、サークル、クレートの違いや特徴、必要なシーンについてご紹介しました。
それぞれにメリットがあるため、生活スタイルや状況に合わせて購入しましょう。
特に、クレートは災害時などにも活用することができます。1つ持っておくと便利なので、金銭的にも収納スペース的にも余裕がない場合は、クレートを購入することをおすすめします。

参考サイト

・犬とEnjoy!ドッグパーク (参照日:2021-03-10)
https://item.rakuten.co.jp/dogland/225891/
https://item.rakuten.co.jp/dogland/583858/

・Pet館~ペット館~ (参照日:2021-03-10)
https://item.rakuten.co.jp/dog-kan/1107820/

・WEIMALL楽天市場店 (参照日:2021-03-10)
https://item.rakuten.co.jp/weimall/pt0017c/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事