猫に鶏肉を与えても大丈夫?栄養素や与える際の注意点を解説

鶏肉は、比較的手ごろな価格で購入できる食材です。
特にむね肉は安価で低脂肪高たんぱくと、メリットが多い食材ですが、猫に与えても大丈夫なのでしょうか?
この記事では、猫に鶏肉を与えても大丈夫かどうかや、含まれる栄養素について解説します。 2022年03月27日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の食べ物猫のカテゴリ - 猫の食べ物
  • VIEW:1,129

猫に鶏肉を与えても大丈夫?

出典:https://www.shutterstock.com

まずは、本題である猫に鶏肉を与えても大丈夫かどうかについて解説します。
併せて、猫に鶏肉を与える際の注意点についても見ていきましょう。

鶏肉は猫に与えても大丈夫!

結論から言うと、猫に鶏肉を与えても大丈夫です。
むしろ、猫は肉食動物であるため、積極的に与えたほうが良い食材ともいえます。
実際に販売されているキャットフードの多くにも、鶏肉が使用されています。
しかし、与えても良い部位や量などをしっかりと守らなければいけません。

猫に与えてはいけない部位は基本的にないが、骨にだけ注意

鶏肉は部位によって特徴が大きく異なりますが、基本的に与えてはいけない部位はありません。
鶏肉で多く流通している部位と言えば、むね肉やもも肉、ささみなどでしょう。
ほかにもレバーや皮などがありますが、おそらく多くの人が猫に与えようとするのは、むね肉やもも肉、ささみなどになるはずです。
皮も問題なく食べることができますが、高カロリーのため肥満には気を付けなければなりません。

また、猫に鶏肉の骨を与えるのは絶対にやめましょう。
牛肉や豚肉の骨と異なり、鶏肉の骨は縦に裂けてしまいます。
そのため、猫に鶏肉の骨を与えることで鋭利な形になった骨が猫の喉や胃、腸などを傷つけてしまう可能性があります。

必ず火を通してから与える

猫に鶏肉を与える際は、生のまま与えてはいけません。
なぜなら、素人が生肉を扱うのは細菌の管理が困難だからです。
必ず、火を通してから与えるようにしましょう。
また、油を使用して炒めるなどをせずに、味付けをしないで茹でたり蒸したりして与えるのをおすすめします。
塩などの調味料は、猫にとって塩分過多になるリスクが高いです。
味付けせずに茹でただけでも、猫は喜んで食べるはずです。
もちろん、人間のために作った鶏肉料理を猫に与えるのは絶対にやめましょう。

猫に鶏肉を与えても良い量は?

はじめに、子猫やシニア猫の場合は、消化器官が弱いため鶏肉を与えるのは避けたほうが良いでしょう。
そして1歳から7歳頃までの成猫ですが、肉食動物であっても鶏肉だけを食べていれば健康を維持することができません。
そのため、猫に鶏肉を与えるとしても、夜ご飯に10~20g程度の少量を細かく裂いて与える程度に留めておくことをおすすめします。
猫の健康を維持するためには、総合栄養食の記載がされているキャットフードを与える必要があるため、あくまで鶏肉はおやつとして与えましょう。

鶏肉に含まれる栄養素

出典:https://www.shutterstock.com/

鶏肉には、猫にメリットの多い栄養素が多く含まれています。
次に、鶏肉に含まれる栄養素について見てみましょう。

たんぱく質

鶏肉に含まれる栄養素として代表的なものが、たんぱく質です。
特にむね肉やささみは、低脂肪高たんぱくとして、人間の中にもダイエット中の人など好んで食べる人が多いでしょう。
肉食動物である猫にとってたんぱく質は大切なエネルギー源なので、おやつとして鶏肉を与えるのはサプリメントとしての側面も期待できます。

脂質

もも肉に多いのが、脂質です。
脂質には必須脂肪酸が含まれているため、猫の身体の細胞膜やホルモンを作る上で、大切な栄養素といえます。
しかし、脂質は摂りすぎると肥満になってしまうリスクがあり、ダイエット中の猫には不向きです。

リン

歯や骨の健康を維持するリンも、鶏肉には含まれています。
特にリンは、もも肉に多いです。

ビタミンA

目の健康の維持が期待できるビタミンAも、鶏肉には含まれています。
また、皮膚や被毛の健康維持の効果もあります。

鶏肉を使用した猫用のフード・おやつ4選

出典:https://www.shutterstock.com/

愛猫に鶏肉を与えたいと考えていても、手作りフードは手間がかかるため難しいという人もいるでしょう。
そこで最後に、鶏肉を使用した猫用フードやおやつをご紹介します。
低脂肪高たんぱくな鶏肉を猫に与えたい人は、一度購入を検討してみてください。

BONE チキン

ウェットフードでありながら、総合栄養食の基準をクリアしたキャットフードです。
また、細菌管理の難しい生肉を使用しているため、生肉の酵素類や乳酸菌なども生きたまま摂取することができます。
猫が消化しにくい穀物類や小麦はまったく使用していないのも、嬉しいポイントです。
愛猫に生肉の栄養素をそのまま与えたいと考えている人は、このキャットフードを選ぶことをおすすめします。


BONE チキン

フォッカー ビオ キャット

良質なたんぱく質と脂肪を豊富に含んだ、有機鶏肉を使用したキャットフードです。
また、小麦グルテンを使用しないグルテンフリーなので、小麦アレルギーに悩む猫にも与えることができます。
風味が良いため、猫は喜んで食べてくれるはずです。


フォッカー ビオ キャット

ホワイトフォックス むね肉フリーズドライ ダイスカット

手軽に愛猫に鶏肉の栄養素を摂取させたいのであれば、このおやつがおすすめです。
フリーズドライ製法を採用しているため、栄養素や風味が逃げにくく、鮮度の高いむね肉を与えることができます。
また、お湯に戻して与えることで茹でたむね肉のような食感になり、水分補給もさせることが可能です。


ホワイトフォックス むね肉フリーズドライ ダイスカット

ママクック フリーズドライのササミ 猫用

ささみを使用した猫用のおやつです。特殊な製法で素材の美味しさを閉じ込めたまま乾燥させています。保存料や着色料、添加物などは一切使用していないため、安心して食べさせることができるでしょう。


ママクック フリーズドライのササミ 猫用

鶏肉は猫にメリットがたくさん!

出典:https://www.shutterstock.com/

鶏肉は、多くのキャットフードに採用されているだけあり、多くのメリットがある食材です。
低脂肪高たんぱくかつ安価で購入できる鶏肉は、積極的に猫に与えたい食材といえるでしょう。
しかし、与えすぎには気を付けなければなりません。
成猫であっても少量に留めて、おやつ程度に与えるようにしましょう。
茹でる手間があるため、鶏肉を主原料としているキャットフードや猫用おやつを与えるのもおすすめです。

参考サイト

帝塚山ハウンドカム(参照日:2022-03-09)
https://item.rakuten.co.jp/catfood/bone-chcat01/

BELLEN(参照日:2022-03-09)
https://item.rakuten.co.jp/bosch-bellen/organic_fokker_bio_catfood/#organic_fokker_bio_catfood

キャットランド(参照日:2022-03-09)
https://item.rakuten.co.jp/cat-land/7337081/

charm 楽天市場店(参照日:2022-03-09)
https://item.rakuten.co.jp/chanet/245499/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事