猫のウェットフードについて!ドライフードとの違いやメリットをご紹介

猫にはドライフードを与えている方も多いですが、ウェットフードを利用されている方もいます。ウェットフードは、ドライフードとはどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、猫のウェットフードについて、ドライフードとの違いやメリット・デメリットをご紹介します。 2022年03月29日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の食べ物猫のカテゴリ - 猫の食べ物
  • VIEW:572

猫のウェットフードとはどんなもの?メリットやデメリットも

出典:https://www.shutterstock.com

猫のフードの中には、ドライフード、ウェットフードなどの種類があります。ウェットフードはドライフードに比べて猫の食いつきが良いイメージですが、どんな特徴があるのでしょうか。
ここでは、ドライフードとの違いやウェットフードのメリット・デメリットについてご紹介します。

ドライフードとの違い

ドライフードとウェットフードの違いは、水分量やカロリー量です。水分量やカロリー量はウェットフードのほうが高く、ドライフードはあまり高くありません。猫はあまり水分を取らないため、水分補給にもなります。カロリー量はウェットフードのほうが高いため、ドライフードのほうがたくさんの量を食べられることもあります。

メリット

ウェットフードのメリットは、柔らかく食べやすく、カロリー量や水分量が高い点です。さらに、嗜好性も高いため、偏食がちな猫や食が細くなってしまっている猫にもおすすめです。口腔内疾患を患っている猫でも比較的食べやすいです。

デメリット

ウェットフードのデメリットは、口腔内疾患や肥満のリスクが上がってしまうことです。ウェットフードは口の中に残りやすいため、歯に歯垢がつきやすく歯周病を引き起こしやすくなります。

さらに、カロリーが高いためにたくさん与えてしまうと肥満になりやすくなってしまうため、猫に必要なカロリー量をしっかり調べて過剰に与えることがないようにしましょう。

ウェットフードを与える時の注意点とは?

出典:https://www.shutterstock.com

ウェットフードは嗜好性が高く、食べやすいため、食事に取り入れているケースやトッピングとして与えているケースも多くあります。
ここでは、ウェットフードを与える時の注意点についてご紹介します。

口腔疾患に注意

猫に多い口腔内疾患として、歯周病が挙げられます。歯周病は歯に歯石がつき、歯肉が炎症を起こし、歯茎が後退していく病気です。
歯周病が進行すると歯が抜け落ち、露出した神経から細菌が入り込み全身性疾患を引き起こす可能性があります。
歯磨きは急にしようと思ってもできるものではないため、子猫の頃から慣れさせていくことが大切です。

与える量に注意

ウェットフードはドライフードよりカロリーが高くなっているため、与える量を誤ってしまうとカロリーオーバーになってしまうことがあります。
特にトッピングとして与える場合には注意が必要です。トッピングとして与える時はドライフードの量を減らし、カロリーを調節しましょう。

おすすめ無添加ウェットフードをご紹介

ウェットフードは需要も高く、たくさんのメーカーから販売されています。多くの商品の中から1つを選ぶことは少し難しいですよね。
ここでは、おすすめ無添加ウェットフードをご紹介します。

Schesir キャット ツナ&エビ

無添加・無着色の一般食ウェットフードです。50gずつになっているので食事量の少ない猫にもいつでも新鮮な状態で与えることができる食べきりサイズです。ツナにはビタミンやミネラル、DHAやEPAなど、猫の健康維持のためにも効果が期待できる栄養が豊富に含まれています。エビは高タンパクで低脂肪なので、カロリーを気にしている猫にもおすすめです。


Schesir キャット ツナ&エビ

ねこぴゅーれ 無添加ピュアシリーズ 鶏ささみ

無添加で作られたペーストです。ウェットフードよりさらに食べやすい形状になっているため、おやつやトッピングとしても活用することができます。保存料、グルテン、着色料、甘味料、調味料を使用していないため、猫の健康にも配慮されています。
鶏ささみ以外にも、マグロ、かつおなどがあるため、愛猫の好みに合わせて選ぶことができます。


ねこぴゅーれ 無添加ピュアシリーズ 鶏ささみ

キャットフード お試しフルセット

国産の原材料を使用し、無着色・無香料、保存料不使用で作られたウェットフードのおためしセットです。厳選した食材を使用しているため、栄養成分が豊富に含まれています。原材料100%開示をしており、余計なものは加えていません。
無添加のキャットフードやウェットフードを探している方におすすめです。


キャットフード お試しフルセット

Schesir キャット サーモン クッキングウォータータイプ

無添加・無着色の一般食のウェットフードです。100%ナチュラル素材で、ホルモンフリーの魚やチキンを使用しているため、安心して愛猫の与えることができます。


Schesir キャット サーモン クッキングウォータータイプ

与える量には気をつけましょう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、猫のウェットフードについて、ドライフードとの違いやメリット・デメリットをご紹介しました。ウェットフードは嗜好性が高いものが多く、柔らかいため、シニア猫や子猫も食べやすくなっています。
しかしウェットフードは柔らかく、食べ残しが口の中に残りやすいため、口腔内疾患につながる原因にもなります。さらにカロリーが高いため、与えすぎてしまうと肥満になることもあるため注意が必要です。

参考サイト

・コジコジ (参照日:2022-03-16)
https://item.rakuten.co.jp/koji/c138/

・ペットスタジオ (参照日:2022-03-16)
https://item.rakuten.co.jp/pet-studio/sk-rp-0004/

・犬猫自然食本舗 楽天市場店 (参照日:2022-03-16)
https://item.rakuten.co.jp/inunekohonpo/90054/

・猫用品のゴロにゃん 楽天市場店 (参照日:2022-03-16)
https://item.rakuten.co.jp/56nyan/7x009/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事