猫が寝るときに飼い主のそばに来たがるのは信頼の証し?

猫の飼い主さんの中には、眠る時に必ずそばにやってくる猫の気持ちを知りたい、と考えている方も多いはず。今回は、そんな可愛い行動を見せてくれる猫の気持ちやそばで眠ることの意味をご紹介します。 2022年02月13日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:32,207

もともと猫は静かに一匹で眠る動物

出典:https://www.shutterstock.com

普段のスキンシップはさほど多くないにも関わらず、眠る時は飼い主のそばにやってくる猫もいれば、常に飼い主さんのそばが良い甘えん坊の猫、飼い主さんのことは大好きだけれど、お気に入りの場所で眠る猫…。もちろんそれぞれ個性がありますね。

猫と一緒に眠らない人からすると、ベッドに潜り込んでくる様子を羨ましいと感じるかもしれません。一方で、一緒に眠っている飼い主さんの中には、猫がベッドを占領してしまい、嬉しくありながらも困っているかたもいるでしょう。

もともと、猫は群れで生活をする動物ではなく警戒心も強いため、自然の姿としてはひっそりと静かに誰にも知られないような場所を探して眠る傾向にあるそうです。そのため、家の中で飼われていても、自分のお気に入りのベッドなどで眠るのは当たり前の行動です。

しかし、あえて飼い主のそばに来て寄り添って眠る猫もいます。これは、さまざまな理由が考えられるようですが、眠るという無防備なときでも安心できるという信頼の気持ちがないと見られない行動のようです。

そばで寝ないからといって信頼していないわけではない

猫がそばで寝てくれないのは、自分のことを信頼していないからなのか…と思う人もいるかもしれませんが、これは違います。もちろん、あまり良い関係でない場合やまだ慣れていない場合はそばで眠ることはほぼないと思われます。だからといって、そばで寝ない=信頼していない、とは言いきれません。

飼い主さんのことが大好きで信頼していても、眠るときは自分の空間やテリトリーを選ぶ猫もたくさんいます。その猫にとっては、それが快適だというだけの話です。もし、飼い主と離れて眠っていたとしても、しっかりと眠っていたり無防備な姿を見せて寝ているようであれば、十分に安心できている証拠です。

何かのきっかけで一緒に眠りたくなる猫も

これまで一緒に眠っていなかったにも関わらず、何らかのきっかけで一緒に眠るようになった、という経験をした飼い主さんもいます。例えば、保護した猫がだんだんと慣れて次第に甘えるようになったとか、ある寒い日の夜に急に布団に入ってくるようになったとか、そのきっかけはさまざまでしょう。もしかすると、今は別で眠っていたとしても、いつか一緒に眠れるようになるかもしれませんね。

飼い主と一緒に眠りたい猫の気持ち

出典:https://www.shutterstock.com

それでは、なぜ猫が飼い主のそばで寝たいのか、その気持ちや理由として考えられることをいくつかご紹介します。

自分を守ってくれるという安心感

基本的に、安心感のない相手のそばで猫が眠ることはないですよね。起きているときに比べると危険の察知や対処が遅れる就寝中は、猫にとっては安全で安心な場所を選ぶ必要があります。飼い主さんのことを親だと思っていたり、守ってくれる存在だと認識している猫にとっては、一緒に眠ることこそが安全を守ることにつながるのかもしれません。

甘えたい気持ち

大人猫になっても、眠たい時に飼い主の体をフミフミして甘える子がいますね。もしかすると、飼い主さんのことを母猫だと思い、いつまでも子猫の気分で甘えているのかもしれません。特に、乳離れ前に母猫から離れた子や、不妊手術をした子は子猫の気持ちを持ち続けやすいと言われています。

ベッドがふかふかで気持ち良い

柔らかく温かい飼い主さんの寝床は、猫にとっても気持ちの良い場所になりやすいです。特に冬は、寒さに弱い猫にとっては厳しい季節です。暑い夏は一緒に寝ないけれど、冬だけ一緒に眠るという猫もたくさんいます。

眠る場所の違いでも分かることがある!?

飼い主さんのそばと言っても、どのあたりに寄り添って眠るかによって、考えられる理由も変わってくるという意見もあります。

特に、顔のそばに来たがる猫は、甘えん坊だったり、子猫気分が抜けないケースが多いそうです。母猫がするように、顔を舐めて欲しい、あるいは自分が舐めてあげたいという愛情表現も含まれています。猫同士の親しみを示す、鼻でキスをしたり頭をくっつける姿も、飼い主の顔のそばで眠る猫にはよく見られます。

おすすめの猫用ベッド4選

ふわふわ ペットベッド

すっぽりと体を丸く包み込んでくれる形状は、猫の丸まって眠る習性にぴったりではないでしょうか。包み込まれることで保温性もあり、寒い季節におすすめです。立体綿が存分に使われているため型崩れしにくいのも魅力ですね。


ふわふわ ペットベッド

ペット用ドーム型ベッド

ドーム型になっているため、暗くて狭い場所が好きな猫がリラックスできるでしょう。高品質のシープボアが使われています。寒い時期はもちろん、夏場のエアコンによる冷え防止としても役立ちます。


ペット用ドーム型ベッド

ねこのおふとん はいるにゃん

お布団を扱うショップによる、猫用ベッドです。
洗濯機で洗うことができるため、お手入れも簡単です。


ねこのおふとん はいるにゃん

kivikis キャットハウス

ころんとした、繭のようなフォルムが可愛い猫用ベッドです。北欧デザインらしい素朴さと可愛さが魅力的です。穴に入るのが大好きな猫にプレゼントしてあげたくなります。


kivikis キャットハウス

飼い主のそばで眠りたい猫の目的はさまざま

出典:https://www.shutterstock.com

飼い主のそばで眠りたい猫の気持ちを考えると、なんだか心が温かくなりますね。その理由の中には、お布団やベッドの心地よさや温かさも含まれるようですが、根本的に信頼関係が築けている証拠だと考えるとより愛しくなるでしょう。飼い主がそばにいない時のことや猫が身を隠したいときのことも考えて、快適に使える猫用ベッドを1つは用意してあげると良いでしょう。

参考サイト

ハッピーみなもと(参照日2022-1-21)
https://item.rakuten.co.jp/happyminamoto/xx11cww/

Pet Smile(参照日2022-1-21)
https://item.rakuten.co.jp/gaisense/kea-petbeds-0007l/

ひなたのふとん(参照日2022-1-21)
https://item.rakuten.co.jp/hinatanofuton/ry0119/

OFT STORE楽天市場店(参照日2022-1-21)
https://item.rakuten.co.jp/ip-plus/kivikis/

著者情報

こば

小さな頃から保護された犬や猫を迎えて生活。現在は黒猫の「ジジ」に翻弄されながら、発見と感動の毎日を送っています。
実体験を振り返りつつ、飼い主さんの役に立つような情報を分かりやすく記事にすることを目標にしています。

オススメ

新着記事