猫の肥満…病気のリスクや対処法をご紹介します

動物が丸々としている姿は可愛らしく見えますが、肥満になると様々な病気のリスクが上がってしまいます。ここでは、猫の肥満、病気のリスクや対処法についてご紹介します。 2022年02月08日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の健康ケア猫のカテゴリ - 猫の健康ケア
  • VIEW:1,194

猫の肥満とは?

出典:https://www.shutterstock.com

肥満とは、必要以上に脂肪が体についた状態のことです。猫の平均体重は猫の品種や骨格などの大きさにより異なります。
肥満かどうかは猫の体を触ることで判断していきます。猫の胸部から腹部にかけてなでながら触り、肋骨のゴツゴツ感を感じることができるかどうか確かめましょう。肋骨が浮き出ている場合は少し痩せすぎとなり、肋骨を全く感じることができない場合は肥満です。

肥満の原因とは?

猫がまんまるとした姿は可愛らしいものですが、肥満は健康の敵です。なぜ、肥満になってしまうのでしょうか。
ここでは、肥満の原因についてご紹介します。

カロリーオーバー

猫が肥満になる原因には、カロリーオーバーや運動不足が考えられます。
一般的に多い原因は1日の摂取量が多すぎることから起こります。ごはんの摂取量は適切か、おやつを与えすぎていないか確認しましょう。
特に、避妊・去勢手術をした猫はホルモンバランスの影響から肥満になりやすくなるため、ごはん量には注意が必要です。

運動不足

運動不足も肥満になります。猫は体をしっかり動かすことで、摂取したカロリーを消費することができます。カロリー消費だけでなく、筋肉を健康に保つことなどにも効果が期待されます。筋肉は代謝をあげてくれるため、ダイエットにもなります。

病気が隠れている可能性も

猫が肥満になる原因には、病気が隠れている可能性もあります。甲状腺機能低下症、クッシング症候群などの病気は肥満を引き起こします。これらの病気は動物病院でしっかり治療しなければいけないため、食事量を変更していないのに体重が増えるなどの症状が見られる場合は、動物病院を受診することをおすすめします。

病気のリスクとは?

出典:https://www.shutterstock.com

肥満になると、体を動かしづらくなるだけでなく、病気になりやすくなるというデメリットもあります。
ここでは、肥満により起こる病気のリスクについてご紹介します。

関節炎や骨の病気

猫が肥満になってしまうと、関節や骨の病気を引き起こす可能性があります。肥満により、関節や骨に負担をかけ、炎症を起こします。体重が重いため、歩くたびに痛みや炎症を引き起こしてしまいます。そのため、猫は歩くことすらできなくなってしまうのです。

体の臓器にも負担をかける

猫が肥満になってしまうと、体の臓器にも負担をかけます。肥満になることにより、体内の脂肪が増加します。それにより、心拍数や脈拍数が上昇するため、心臓に負担をかけ続けるため、将来的に心臓病を引き起こす可能性があります。

麻酔のリスクが高くなる

猫が肥満になってしまうと、麻酔のリスクが高くなります。脂肪が多いと、麻酔がききにくく、抜けにくくなってしまいます。そのため、麻酔をかけてからの目覚めが悪くなります。

肥満の時の対処法とは?

猫が肥満になってしまった時には、できるだけ早く適正な体重に戻すことが望ましいです。一度ついてしまった脂肪を解消するためにはかなりの時間がかかります。
ここでは、肥満の時の対処法についてご紹介します。

適正な食事量に戻す

猫が肥満になった時は、適正な食事量はどれくらいなのか知りましょう。まず、猫の適正の体重を調べます。一気に食事量を減らしてしまうと、かえって体調を崩してしまう可能性があるため、食事量は徐々に適正な食事量に戻していきましょう。
体重を減らすための食事量がわからない時には、動物病院で相談して、少しずつ量を調節できるようにします。
おやつなどを与える時には、カロリーオーバーにならないように調節していきましょう。

運動時間を増やす

猫が肥満になった時は、運動時間を増やしていきましょう。急激に運動量を増やしてしまうと、余計に関節や骨に負担をかけてしまいます。そのため、少しずつ無理のない範囲で運動時間を増やしていきましょう。

おすすめキャットフードをご紹介

肥満になってしまった猫の体重を適正なものに戻すためには、キャットフードから変えていくことがおすすめです。
ここでは、おすすめのキャットフードについてご紹介します。

ナチュラルバランス 猫 リデュースカロリー

栄養バランスにも考慮したダイエットフードです。ダイエットが必要な猫に与えることを目的として作られました。高い嗜好性を保ちながらも、脂肪を抑え、カロリーを抑えています。離乳後であれば全年齢の猫に与えることができる便利なフードです。


ナチュラルバランス 猫 リデュースカロリー

オリジン フィット&トリム キャット

運動量が少ない猫や室内猫のために作られた肥満を防止・改善するためのキャットフードです。信頼できる生産者から食材を仕入れており、原材料は新鮮で高品質となっています。豊富なタンパク質で、炭水化物を制限し、猫の健康を考えて作られています。


オリジン フィット&トリム キャット

ニュートロ ナチュラルチョイス キャットフード 減量用 アダルト チキン

体重が気になる猫のための原料用のキャットフードです。カロリー約14%オフ、脂質約28%オフで作られており、低カロリー・低脂肪となっています。さらに、満腹感をしっかり得ることができるように食物繊維もバランスよく配合しています。主要原材料は新鮮なチキン生肉を使っているため、抜群の嗜好性です。


ニュートロ ナチュラルチョイス キャットフード 減量用 アダルト チキン

ピュリナワン キャット メタボリックエネルギーコントロール

運動不足気味な猫の健康を考えて作られたキャットフードです。炭水化物量を調節し、代謝エネルギーをコントロールしています。低脂肪・高タンパク質で新鮮なターキーを使用して作られているので、健康維持にも期待できます。


ピュリナワン キャット メタボリックエネルギーコントロール

健康的な体型を維持しよう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、猫の肥満、病気のリスクや対処法についてご紹介しました。猫は肥満になると体が重くなり、肋骨を触ることができなくなります。肥満状態の猫は丸々としていて可愛らしくみえますが、肥満は病気になりやすくなり、猫が運動をすることも難しくなってしまいます。
猫の健康に保つためには、栄養価の高い食事を摂取し、適切な運動をしていくことが大切です。猫が肥満になっていないかどうか定期的に確認し、食事量を見直すことをおすすめします。

参考サイト

・ペットスペース ジョインアス(参照日:2022-01-18)
https://item.rakuten.co.jp/joinus/10000785/

・ペット用品NAVI 楽天市場店 (参照日:2022-01-18)
https://item.rakuten.co.jp/lloyds-inc/dsoc11/

・ペッツビレッジクロス~ペット通販 (参照日:2022-01-18)
https://item.rakuten.co.jp/kurosu/10022182/

・楽天24(参照日:2022-01-18)
https://item.rakuten.co.jp/rakuten24/e363117h/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事