犬にも味覚はある?犬が美味しいと感じる味もご紹介

私たち人間が美味しいものと食べたときに感動するように、犬にも味覚はあるのでしょうか?
また、もしも犬に味覚があるのであれば、どのような味を美味しいと感じるのでしょう。
この記事では、犬の味覚について解説します。 2021年08月12日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の豆知識犬のカテゴリ - 犬の豆知識
  • VIEW:4,985

犬の味覚について

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは本題である、犬の味覚についてご説明します。
また、犬と人間の味覚の違いも見ていきましょう。

犬にも味覚はある!

結論からいうと、犬にも味覚はあります。
犬は甘味や酸味、塩味、そして苦味を感じることが可能です。
人間と比べて全体の味覚は5分の1程度といわれており、特に塩味には鈍感です。

犬の舌の構造について

犬の舌は、細長い形状をしています。
また、犬は舌でさまざまなことをするために、筋肉が発達しています。
舌の筋肉が発達していることにより、スムーズに水を飲んだり身体を舐めたりすることができるのです。
舌には味蕾(みらい)といわれる細胞が全体にあり、その細胞によって甘味や苦味などの味の違いを感じ取ることができます。

犬と人間の味覚の違い

犬と人間の味覚の違いとして、先述したように5分の1程度しか味覚が発達していない点が挙げられます。
また、犬は甘味や苦味など4種類の味を感じ取ることができますが、人間はそれらに加えて旨味も感じ取ることが可能です。
さらに犬と人間の味覚の違いでもっとも違うと考えられるのは、犬は舌にある細胞の味蕾が水にも反応するという点でしょう。

犬が美味しいと感じる味について

出典:https://www.shutterstock.com/

どうせなら、犬には美味しいものを与えたいと考えるでしょう。
次に、犬が美味しいと感じる味についてご説明します。

犬は甘いものを美味しいと感じる

犬の味覚は、甘いものを美味しいと感じます。
そのため、果物などの自然な甘味のあるものを喜んで食べるでしょう。
逆に、人工甘味料には苦み成分が含まれているため、犬は好みません。

塩辛いものは嫌い

塩味の強いものは、犬が好むことはありません。
手作りフードを犬に与える際に、「犬が美味しく食べられるように」と考えて味付けをする人もいるでしょうが、これは避けたほうがよいでしょう。
塩味によって犬が美味しく食べられない上に、塩分過多の可能性も考えられるため、犬に手作りフードを与えるときには一切味付けをしないのが正解といえます。

酸味は嫌いではない

犬は野生で生きていたころに、食べ切れないものを土に埋めて保存食のようにしていました。
もちろん特別な処理をしないため食べ物は腐っていることもありますが、問題なく食べられていたことから、犬は腐った食べ物でも大丈夫と理解しています。
そのため、酸味のある食べ物でも犬は問題なく食べてしまうでしょう。

苦味は大嫌い

犬にとって苦味を感じるものは、毒物と同じです。
そのため、苦いものは食べられないと認識しています。
この反応を利用してできたのが、犬の噛み癖防止スプレーです。
噛み癖防止スプレーには、犬に無害な苦味のある成分が含まれているため、それを舐めることで犬の噛み癖を直すことが期待できます。

実は旨味を感じている?

犬は旨味を感じないと先述しましたが、近年の研究により犬も旨味を感じているという説があるのです。
旨味はアミノ酸のことで、さまざまな食材に含まれています。
犬が旨味自体を好んで食べることはないでしょうが、手作りフードを与える際のひとつの目安にもなりそうです。

おすすめのドッグフード4選

出典:https://www.shutterstock.com/

最後に、おすすめのドッグフードをご紹介します。
犬が喜んで食べてくれるような、味・栄養面ともに優れたものを選びましょう。

ブラックウッド 2000 チキン

低温調理法を採用して、素材の味をそのまま味わえるドッグフードです。
良質な肉はもちろん、多くの高品質な食材を使用しています。
また、犬の体臭や便のにおいの低下が期待できるように、油分の調整をしている点もポイントです。


ブラックウッド 2000 チキン

アーテミス フレッシュミックス ウエイトマネジメント&スモールブリード シニア

人間が食べることのできる基準である、ヒューマングレードの食材を使用したドッグフードです。
複数の動物性たんぱく質をバランスよく配合しており、犬の健康を維持することが期待できます。
また、犬にとって有害な物質は一切入っていないので、安心して犬に与えることができるでしょう。


アーテミス フレッシュミックス ウエイトマネジメント&スモールブリード

ブリスミックス 犬 ラム肉

ヒューマングレードの高品質な食材を使用した、ドッグフードです。
また、アレルギーの原因になりやすい肉副産物や人口保存料、着色料は使用していません。
犬の関節の健康を維持するために、グルコサミンやコンドロイチンが含まれているのもポイントです。


ブリスミックス 犬 ラム肉

セレクトバランス パピー チキン

このドッグフードも、ヒューマングレードの食材を使用しています。
副産物も一切含まれておらず、安心して犬に与えることが可能です。
厳選した食材を使用しているため、嗜好性も抜群でしょう。


セレクトバランス パピー チキン

犬が美味しいと感じるものを与えよう

出典:https://www.shutterstock.com/

犬にとって毎日の楽しみは、食事と散歩です。
十分に散歩に行けないのは、犬にとって大きなストレスでしょう。
また、それ以上に食事が楽しくなければ、犬は毎日を充実して過ごすことができないはずです。
そのため、犬に与えるものは犬が美味しいと感じるものを与えることをおすすめします。
手作りフードであれば塩分を加えることなく、食材を活かした調理をすることで、犬は食事の時間が楽しみになるでしょう。

参考サイト

charm 楽天市場店(参照日:2021-07-07)
https://item.rakuten.co.jp/chanet/112914/
https://item.rakuten.co.jp/chanet/230365/
https://item.rakuten.co.jp/chanet/221101/

CAP!(参照日:2021-07-07)
https://item.rakuten.co.jp/capcap/10000172/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事