こんな猫は縁起がいい?幸運を呼ぶ猫の特徴について

猫は、昔から縁起がよい動物として知られています。
古代エジプトでは、猫は神として崇拝されていたこともありました。
そんな多くの魅力を持つ猫ですが、今回は幸運を呼ぶといわれる猫の特徴についてご紹介します。 2021年07月24日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の豆知識猫のカテゴリ - 猫の豆知識
  • VIEW:35,065

幸運を呼ぶ猫の特徴とは?

まずは本題である、幸運を呼ぶ猫の特徴について見ていきましょう。
猫を飼っている人であれば、愛猫が幸運を呼ぶ猫の特徴と一致していないか、チェックしてみてはいかがでしょうか?

かぎしっぽ

出典:https://www.shutterstock.com

かぎしっぽを持つ猫は、幸運を呼ぶ猫として世界中で愛されています。
かぎしっぽとは、しっぽの途中で曲がっている形のしっぽのことです。
その名のとおり鍵に見えることから、かぎしっぽといわれています。
フック状になっているしっぽは、幸運を引っかけると考えられているのが、幸運を呼ぶといわれている理由です。
ちなみに、日本ではかぎしっぽの中でも短いしっぽの持ち主のほうがよいとされています。

三毛猫

出典:https://www.shutterstock.com

三毛猫も、幸運を呼ぶ猫として知られています。
海外においても「MIKE」という愛称で愛されている三毛猫ですが、それぞれの毛色に意味があります。
それぞれの被毛の色を解説すると、白は福を招き茶は無病息災、そして黒は厄除けです。
ちなみに、三毛猫はほとんどがメスであり、オスが産まれる確率は3万分の1といわれています。
そのため、もしもオスの三毛猫を見られれば、それ自体が幸運であるといえるでしょう。

白猫

出典:https://www.shutterstock.com

昔から、白い動物は神の使いとして崇められてきました。
白猫も同様に、幸運を呼ぶといわれています。
ちなみに、白猫は恋愛によい影響があると考えられているのを知っていますか?
もしも猫を飼えない環境の人でも、白猫のグッズがあれば恋愛でよいことが起きるかもしれません。

オッドアイ

出典:https://www.shutterstock.com

オッドアイとは、両目の色が違う猫のことをいいます。
日本では金目銀目とも呼ばれ、古くから縁起のよい猫と考えられていました。
オッドアイは、もちろん簡単に見られるものではありません。
そのため、オッドアイもオスの三毛猫と同様に、目にするだけで幸運が訪れるといっても過言ではないでしょう。

愛嬌のある猫

https://www.shutterstock.com

一部では、愛嬌のある猫を飼うとお金持ちになれるといわれています。
その猫のように愛嬌のある人になることで、さまざまな人から愛されて仕事面でも上手くいく、そして結果的にお金持ちになるという意味です。
ちなみに、愛嬌のある猫を飼うと健康にもよいといわれています。
これは、愛嬌のある猫を飼うことでストレスが減り、健康になるということでしょうね。

縁起が悪いといわれる黒猫について

出典:https://www.shutterstock.com

「黒猫が横切ると縁起が悪い」という言い伝えは、誰しも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
そこで、黒猫は本当に縁起が悪いのかどうかについて解説します。

黒猫は縁起がよい

実は、黒猫も三毛猫や白猫と同様に、縁起がよい猫といわれています。
日本では、昔から商売繁盛などの幸運を呼ぶ猫として重宝されてきました。
ちなみに、イギリスでは自宅の玄関に黒猫がきたら縁起がよいと考えられています。
南フランスでは黒猫は魔法の猫とされており、黒猫と大切にすることで幸運をもたらすという言い伝えもあります。
このように、意外にも世界中で黒猫は縁起がよいとして大切にされているのです。

黒猫の縁起が悪いといわれる理由

黒猫の縁起が悪いといわれるのは、おそらく中世ヨーロッパの魔女狩りの影響からでしょう。
中世ヨーロッパで魔女狩りが行われていたころに、黒猫が殺されることがありました。
これは、黒色が魔女を連想させたり、暗闇で目だけ光らせていることが不気味だったりすることが理由です。
現在のヨーロッパでは黒猫は縁起がよいといわれていますが、いまだに一部の人たちによって、年間約6万匹の黒猫が殺されているといわれています。

猫にまつわる言い伝え

出典:https://www.shutterstock.com

最後に、猫にまつわる言い伝えをご紹介します。
猫にまつわる言い伝えは世界中で広がっており、縁起の良し悪しはさまざまです。

野良猫が玄関にいたら幸運の予兆

野良猫が玄関にいたら幸運の予兆という言い伝えがあります。
これは、飼われたい家を自分で決めるという野良猫の考えが元になっていると考えられます。
野良猫は毎日の食事にも困っており、安心して住むことができる場所を探すはずです。
野良猫が住みたいと感じる場所であるということは、その家を含めた周辺の環境もよいということになります。
つまりは、その言い伝えは間違ってはいないことがわかります。

川に猫を抱いて渡ると不運が訪れる

幸運を呼ぶ猫であっても、悪い言い伝えもあります。
そもそも、川は三途の川などを連想させることもあり、よい言い伝えが少ないです。
あくまで言い伝えではありますが、猫を抱いて川を渡るのは、安全面から考えても避けたほうがよいでしょう。

芸術家は猫を飼うと才能が開花する

芸術家は、猫を飼うと才能が開花するといわれています。
もちろん科学的な証明はありませんが、一概に間違いとはいい切れないかもしれません。
芸術家は、さまざまなアイデアを用いて芸術を作り出します。
しかし、ときにはアイデアが湧いてこないこともあるでしょう。
そんなときに近くに猫がいれば、リラックスできて自然とアイデアが湧いてくることもあります。
そのため、この言い伝えは一理あるといえそうです。

猫が横切るのは変化の兆候

最後にご紹介する言い伝えは、猫が横切るのは変化の兆候というものです。
これは、その人に新たな周期が訪れるというメッセージでもあります。
ここで気を付けておきたいのが、猫が横切ったときの自分のメンタルです。
ポジティブな思考のときであればよいですが、ネガティブな思考に支配されているときは、さらにマイナスに物事が進んでしまうといわれています。
そのため、猫が横切ったときには自分の気持ちに支配されないように気を付けましょう。

猫はさまざまな迷信がある魅力の多い動物

出典:https://www.shutterstock.com

猫は、昔から縁起の良し悪しをいわれたり、神として崇拝されたりしてきました。
そして現代になってからも、「三毛猫は幸運を呼ぶ」や、「黒猫が横切ったら不吉だ」などと、さまざまな言い伝えがあります。

今回はさまざまな幸運を呼ぶ猫をご紹介しましたが、猫を飼っている人は再度愛猫のことを見てみましょう。
もしかしたら、幸運を呼ぶ猫と特徴が一致しているかもしれません。

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事