賢く素直な犬・プーリーを飼う前に知っておきたいポイントとは

モップのような見た目が印象的なプーリーは、とても賢い犬として知られています。今回は、プーリーを飼いたい人に役立つ情報をご紹介します。 2021年03月22日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の種類犬のカテゴリ - 犬の種類
  • VIEW:391

プーリーってどんな犬?

画像・写真・ベクター画像・動画・音楽素材 | Shutterstock

出典:https://www.shutterstock.com

見た目のインパクトが大きいプーリーは、実際にはどんな犬なのでしょうか。その特徴について見てみましょう

プーリーの見た目の特徴

プーリーと言えば、何と言ってもモップのようなモサモサとした毛が特徴ですね。全身を重たそうにまとう毛がとても印象的な犬です。体つきは意外とがっしりしていて、体長も長いです。オスの平均的な体高は39cm~40cm程度、体重は13kg~15kgくらいです。メスは一回り小さく、体高36cm~42cm程度、体重は10kg~13kgくらいとなっています。

子犬の頃はウェーブ状になっている毛も、大人になると長く伸びてドレッドヘアのようになります。色は黒やパールホワイトが多いようです。

プーリーの性格の傾向

個体差はありますが、プーリーはとても活発で賢く、飼い主に忠実な犬だと言われています。好奇心旺盛で遊ぶことが大好き、しつけも比較的しやすい犬のようですが、自分の意思を曲げない頑固さも持ち合わせています。

学習能力が高く運動好きなので、ドッグスポーツにも挑戦しやすいそう。警戒心が強めなので、番犬としての役割も期待できます。

プーリーは、もともと牧羊犬として人と共に暮らしてきた犬です。そのため、テリトリーへの守護意識が高いことが警戒心の高さに影響していると考えられています。また、牧羊犬ならではの判断力で自分の意思で行動するという自立心があるのも特徴です。

社会性を身に付ければ、とても人懐こい性格になり、子どもと活発に遊ぶことを好みますが、子犬の頃にあまり多くの人と関わらなければ、警戒心の強い性格になりやすいとも言われています。

プーリーの賢さ

プーリーの知能指数や単語の記憶数は、全犬種のトップを記憶したこともあるそうで、大変賢く優秀な犬であることが分かります。きちんとしつけをすれば、飼い主に対してとても忠実になります。

プーリーの歴史

プーリーは、ハンガリーという国で生まれた犬です。祖先は、ドナウ川近辺で暮らすマジャール族が連れていた牧羊犬で、16世紀頃に多くの犬種と交配を重ねた結果生まれたとされています。ハンガリーはとても寒い地域ですが、プーリーの独特な毛が寒さから身を守ってくれていたんですね。

プーリーを飼う前に知っておきたいこと

画像・写真・ベクター画像・動画・音楽素材 | Shutterstock

出典:https://www.shutterstock.com

プーリーを飼いたいけど、どんな点に気を配る必要があるのか知りたい方は、以下のポイントを知っておくと良いでしょう。

念入りなお手入れが必須

プーリーの毛はとても長いため、日頃から気を付けてあげる必要があります。ケアには時間がとてもかかりますので、お手入れが苦にならない方に向いています。ドレッドヘアのような毛には、汚れやゴミがとにかく溜まりやすく、定期的に毛の束を分けてあげないと絡まって大変です。

他の犬に比べると、シャンプーにも時間がかかります。特に乾燥が大変です。ほぼ完璧と言われるほどの防水性を持つ毛は、基本的に生え変わらないので刈ってしまうわけにもいきません。

集合住宅よりも戸建て向き

プーリーは、番犬としての活躍も期待できます。しかし、吠えるとその声はとても大きくよく通ります。集合住宅では騒音によるトラブルも出るかもしれませんので、しつけが必要です。

そして、熱中症対策ができる住環境でなければ、暑さにやられてしまいます。プーリーの持つ被毛は、熱をとじこめてしまいますので、熱中症になりやすいのです。暑い日は冷房がきく場所、風がよく通る場所にベッドを設置してあげましょう。

運動でしっかりエネルギー消費

プーリーは運動が大好きです。運動不足はストレスにつながるため、毎日体を動かす機会を設けましょう。目安としては、朝と夕方にそれぞれ30分程度の散歩、たまにドッグランで全力疾走させてあげるのもおすすめです。

プーリーを迎えるには?

画像・写真・ベクター画像・動画・音楽素材 | Shutterstock

出典:https://www.shutterstock.com

プーリーは、ペットショップ等で気軽に出会える犬ではありません。日本国内で飼われている数は100頭に満たないとされており、日常生活で出会える確率はとても低いです。

もし、プーリーをお迎えするのであれば、国内のブリーダーを頼るか、ペットショップなどに頼んで輸入してもらう方法があります。

国内のブリーダーといっても、専用のブリーダーは日本にはいないようですので、子犬のうちにブリーダーから迎えようとするのは難しいかもしれません。

輸入を検討する場合は、まず請け負ってくれるペットショップを探す必要があります。そして、輸入する場合には注意点があります。イギリスやアメリカから輸入する場合は、生後1年経ってからになるということです。オーストラリアなどからなら、1歳未満の子犬を迎えることも可能です。

里親という方法は?

残念ながら、日本国内でプーリーを飼う人が少ないぶん、里親という方法で迎えるのはとても難しいと言えます。里親探しの方法が様々ですが、どんな手段にしろかなり低確率であることを覚悟しておいた方が良いでしょう。里親募集は、個人のSNSやジモティーなどの掲示板を利用する人が多いですので、もし探される時は参考にしてみては。

どのくらいお金がかかる?

日本でブリーダーから迎える場合、20万円~60万円くらいかかるようです。希少犬のため、仕方のないことかもしれません。もし、輸入するのなら、事務手数料を含み30万円~60万円程度になります。

プーリーの飼育におすすめの商品4選

ペット用アルミすのこ

ペット用のアルミ製のすのこです。プーリーの故郷であるハンガリーは、緯度で言うところの北海道より北に位置しているため、年間を通して平均気温が日本よりも低い地域です。そのため日本の夏はプーリーにはつらいものがあります。
アルミ製のすのこはペットの体温を素早く吸収し、効率よく放熱してくれます。


ペット用アルミすのこ

daim ドア付ドッグランセット

人工芝付きのドッグランセットです。元々は牧羊犬だったプーリーは一日にかなりの運動量を必要とします。できればドッグランで思い切り走らせてあげたいところですが、近所に都合よくドッグランがない場合もあります。そのようなときは自宅に作ってあげることで、毎日しっかり運動してエネルギー消費を促してあげられるでしょう。


daim ドア付ドッグランセット

コング

天然ゴム製の犬用おもちゃです。投げて遊べばその独特な形状から予測できない不規則なバウンドをするため、運動が大好きなプーリーにはたまらないおもちゃになるでしょう。
穴にはおやつなどを入れられるので、おいしく楽しく遊べるおもちゃです。

アーテミス アガリクスI/S

サプリメントの成分として注目が集まっているアガリスク茸を配合したプレミアムドッグフードです。
アガリスク茸はビタミンやミネラル、βグルカン、酵素などを豊富に含み、犬の本来持つ免疫機能をサポートします。被毛や皮膚のコンディションを整える必須脂肪酸もバランス良く配合されています。


アーテミス アガリクスI/S

プーリーを迎える時は飼育環境が整うか確認して

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、プーリーについて、特徴やお迎えする前に知っておきたいことをご紹介しました。きちんとしつけができれば、とても人なつこく賢い犬ですので、楽しい日々を送ることができるでしょう。

しかし、プーリーを飼うとなると飼育環境を整えたり、頻繁なお手入れをしたりすることに無理がないかどうかしっかりと考えておく必要があります。

ここでご紹介したことを参考に、プーリーをお迎えするかどうかゆっくり考えてみてはいかがでしょうか。

参考サイト

リコメン堂生活館 (参照日:2021-02-26)
https://item.rakuten.co.jp/rcmdse/tm-2323406/

メーカー直販 第一ビニール(株) (参照日:2021-02-26)
https://item.rakuten.co.jp/saien-factory/42502-s2/

charm 楽天市場店 (参照日:2021-02-26)
https://item.rakuten.co.jp/chanet/79480/
https://item.rakuten.co.jp/chanet/172227/

著者情報

こば

小さな頃から保護された犬や猫を迎えて生活。現在は黒猫の「ジジ」に翻弄されながら、発見と感動の毎日を送っています。
実体験を振り返りつつ、飼い主さんの役に立つような情報を分かりやすく記事にすることを目標にしています。

オススメ

新着記事