飼い主甘えてる?インコがかまってほしいときの仕草について!

インコには喜怒哀楽があります。きちんとした感情が通う生き物であることは研究でわかっています。だからこそ、インコの気持ちを察したお世話の仕方が必要になってくるのです。今回はインコが、かまってほしいと考えている時に見せる仕草などについてまとめました。 2020年01月04日作成

  • ペット - 小鳥ペット - 小鳥
  • VIEW:4,420

インコの感情について

https://www.shutterstock/.com

インコは犬と同様に、かなりの感情の幅を持ち合わせています。陽気におしゃべりをしていつもご機嫌!という印象がありますが、意外と細かな神経を持ち合わせている鳥でもあります。いつも、様々なことに対してアンテナを張り巡らせていると言えます。インコには気持ちがあります。

そこを飼い主さんが先回りして、読み取れることがインコとの生活には欠かせないコミュニケーションなのです。何を目安にインコの気持ちを読み取るのか?と言うとやはり、インコの仕草をよく見て、その瞬間に何を伝えようとしているのか?ということを読み取ることが最良です。

インコの仕草とは?

インコの仕草にもいろいろとあります。嬉しい時や寂しいとき、そして「かまってほしい時」に見せる仕草にも愛らしい特徴があります。常に同じ感情で過ごしているとは限らないのです。インコを飼育するにあたり、心の準備をするときにインコは感情豊かな生き物であることをしっておきましょう。

そこからインコとのコミュニケーションを図り、最終的には意思の疎通までが目的です。飼い主さんも自分の時間の許す限りで、インコの気持ちに気づけるように仕草をよく観察しておきましょう。

インコがかまってほしい時に見せる仕草について

https://www.shutterstock/.com

犬は飼い主さんに甘えたいときには

〇頭を上下に下げる
〇翼を震わせる
〇止まり木を行ったり来たり落ち着きがなくなる

これらはインコが飼い主さんにかまってほしいと感じている時に見せる仕草です。広く考えると、甘えたいという気持ちがインコにも先行しているのです。飼い主さんの姿を見つけると一目散に、小さな体で感情を表現するという愛らしさは、インコの飼い主さんだけが知っている一面なのです。

インコの仕草に注目すると

インコがくちばしをすり合わせて音を立てているときがありませんか?これも何かを要求している場合の仕草です。一つ間違うと、怒りの気持ちを表している場合もあるので要注意です。そしてインコがつばさを浮かしている時の仕草はどういう気持ちなのでしょうか?これは紛れもなく飼い主さんへの要求です。

かまってほしいという気持ちにもいくつか種類があります。

〇一緒に遊んでほしいとき
〇おやつをねだっているとき

いずれも飼い主さんに対してかまってほしい!と訴えていることになります。物理的なものの要求から飼い主さんとのスキンシップそのものを求めるような要求まで、非常に幅広い仕草を見せるようになります。

インコが頭を下げている飼い主にすり寄るとき

https://www.shutterstock/.com

放鳥をしているときに、突然頭を下げて寄り添ってくる瞬間があります。これは、インコが飼い主さんに甘えたいときの仕草です。甘えたい=かまってほしいというサインですので、見逃さないようにしてください。一度でもインコの要求と飼い主さんの対応が一致した場合には、かなりの確率でインコは飼い主さんを信頼して次も同じように、かまってほしいと訴えるようになります。

上手く意思の疎通ができないとき

インコにも「残念」に思う気持ちがあります。懸命に、飼い主さんに対してのアピールを続けているのに、一向に飼い主さんが振り向いてくれない場合には、落ち込みます。その仕草は非常に物悲しく、心がきちんと存在することを意味します。だからこそ、時間の余裕があるときには、インコの気持ちを受け止めてあげて欲しいのです。

そうすることでインコは飼い主さんとの絆を一層強くします。そうなると、これからのインコとの生活が楽しく、そして意味のあるものに変化していくのです。それも飼い主さんにとっても、喜びでありインコにとっても生きがいにかわります。

著者情報

UCHINOCO編集部

UCHINOCO編集部では、ペットに関するお役立ち情報をお届けしています。

オススメ

新着記事