フェレットとの暮らしを綴るおすすめブログ

フェレットの寿命は平均的に5年~7年という短さです。フェレットの飼い主さんたちはそんな可愛い家族の日常をブログとして丁寧に綴っているのです。今回はそんなフェレットのおすすめブログをご紹介します。 2018年12月19日作成

  • ペット - フェレットペット - フェレット
  • VIEW:229

フェレットおすすめブログ「ボンバーフェレット」

出典元 https://www.shutterstock.com/

飼い主さんは歴代には数十匹のフェレットを飼育してこられた経験者です。冒頭部分にある文章の中に「増えるイタチ(フェレット)と去り行くイタチ(フェレット)という一節があります。本当に、短い寿命のフェレットたちの何気ない毎日を丁寧に綴る素敵ブログです。

ボンバーフェレット
https://ameblo.jp/kurigin/

フェレット目線で綴る毎日

まるで犬や猫と同じような感覚で読み込んでしまう、飼い主さんのペット感が素敵です。これまでの経験と、個体別に大切にフェレットを扱う様子は、勉強になります。ボンバーさんは本当にフェレットが大好きで、家族同様に感じて接していることが伝わって来ます。こちらのブログには温かさをほんわかと感じます。

闘病も別れも赤裸々に綴る

フェレットをただ可愛いという思い付きだけで飼育しようとする人もいます。こちらのブログには短くも懸命に家族の一員として過ごしたフェレット達のお別れの場面なども赤裸々に綴られています。ただ楽しいという気持ちだけではなく辛いお別れも繰り返し訪れるのがペットを飼うということ。その気持ちがダイレクトに伝わる内容には感動します。いつかは亡くなる、というよりもフェレットに与えられた時間は長くて5年近く。だからこそ最初にそこを踏まえてブログを綴るという思いは伝わってくるのです。

フェレットおすすめブログ「せなとひなたの毎日」

出典元https://www.shutterstock.com/

せなとひなたの毎日
https://blogs.yahoo.co.jp/haru_rui_0528

優しい日常を描いたブログ

最初は2頭のフェレットと暮らしていた飼い主さん。2年前に片方のフェレットが旅立ってからも、まるでそこにまだ存在するかのように優しい語り口で思い出を綴ります。魅力的なブログです。お別れは悲しいけれども、それはフェレットという生き物の運命。そんな風にきちんと死を昇華して受け入れている様子は、潔く、ほろ苦い感傷に浸ります。

限りある時間を温かく過ごす

フェレットの寿命を何年と数字ではわかっていてもいざ、飼育し始めると情が移り、お別れの日が来るのを恐れる人もいるほどです。それでもブログの中にそのお別れをきちんと描いて、お別れが来てもそこからの時間をさらに優しく過ごせる様子。ブログを綴っている人の倫理観や生き物に対しての死生観には、学ぶものがたくさんあります。こちらのブログにも途中で悲しいお別れが描かれます。それでも、数年経った今なお、まるでそのフェレットが生きているかのように生前の画像を明るくアップされている様子は、ほほえましい限りです。

フェレットだからこその過ごし方を学ぶ

出典元https://www.shutterstock.com/

フェレットとの暮らしを綴るブログには、必ずと言ってブログの途中で悲しいお別れが描かれてしまいます。それはフェレットという小動物の寿命であり、病気にかかりやすい個体もあることから避けられない道です。活字だけでセオリーを学んでも、実際に見舞われる闘病やお別れというのは身を切るほどに辛い体験です。それでもブロガーさん視線で描かれるフェレット達はとても幸せです。今もなお息づいているかのように、優しくその子を語ります。犬や猫の飼い主さんとは違った感情がそこには流れていることも読み手として学べるところが素晴らしいのです。

フェレットとの実りある毎日を送るために

第三者のブログを見るといはそしてフェレットへの思いやりが溢れています。リアルタイムにフェレットと暮らすという意味。そして、後悔しない育て方。どこにも掲載されていない、生の声がそこには満載です。おすすめのブログには、人としての温かみが根底にあり、優しさに満ちているのです。

著者情報

UCHINOCO編集部

UCHINOCO編集部では、ペットに関するお役立ち情報をお届けしています。

オススメ

新着記事