イタリアングレーハウンドってどんな犬種?おすすめの服もご紹介

小さな身体と引き締まった筋肉が特徴的な、イタリアングレーハウンド。
イタリアングレーハウンドは、どんな犬種なのでしょうか?
この記事では、イタリアングレーハウンドの歴史や特徴、飼育する際のポイントを解説します。 2024年06月20日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の種類犬のカテゴリ - 犬の種類
  • VIEW:6,023

イタリアングレーハウンドの歴史・特徴

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは、イタリアングレーハウンドの歴史を解説します。
併せて、特徴も見ていきましょう。

イタリアングレーハウンドの歴史

イタリアングレーハウンドの起源は、はっきりとわかっていません。
しかし、イタリアングレーハウンドの祖先といわれるグレーハウンドに似た犬が、古代エジプトの壁画に描かれているのが残っています。
一説では、イタリアングレーハウンドは2000年以上前から人間とともに生活をしていたのではないかといわれています。
日本では、1990年代のペットブームをきっかけに人気が高くなり、いまではイタグレの愛称とともに老若男女問わずに親しまれている犬種です。

小さな身体

イタリアングレーハウンドの大きな特徴は、その小さな身体です。
体高は約32~35cm、体重は約5kgで小型犬に分類されます。
ちなみに、サイトハウンド犬種の中では最小であり、小さな身体だからかもしれませんが臆病な一面も持っています。
骨格も繊細であることから力加減が難しい小さな子どもと遊ぶ際には注意が必要ですが、走り回ったりジャンプをしたりするのは大好きです。

防衛本能が強い

イタリアングレーハウンドはサイトハウンド犬種であることから、防衛本能が強いです。
また、飼い主には従順であることから、知らない人に対しては飼い主を守ろうとする動きも見せることがあるでしょう。
そのため、きちんとしつけをしなければ知らない人に対して怪我をさせてしまう可能性も考えられます。

イタリアングレーハウンドを飼育する際のポイント

出典:https://www.shutterstock.com/

イタリアングレーハウンドを飼育する際は、いくつかのポイントがあります。
イタリアングレーハウンドが快適に生活できるようにするために、これらのポイントは必ずチェックしておきましょう。

室内での怪我に注意

イタリアングレーハウンドは骨格が繊細であるため、室内の床で滑ったりソファから飛び降りたりすると、骨折をしてしまう可能性があります。
可能であれば、床にカーペットを敷いたり滑りにくくするワックスを使用したりするようにしましょう。
また、高い場所への上り下りを予防するために、ソファやベッドなどにスロープを設置するのもおすすめです。

寒さ対策

イタリアングレーハウンドは、寒さにとても弱い犬種です。
特に秋や冬などの寒い時期になったら、室内でストープやエアコンを使用することはもちろん、散歩時に服を着せるなどの寒さ対策が必要になります。
また、室内で使用できるペット用ヒーターなどを使用するのも良いでしょう。

幼い頃から社会化を学ばせる

イタリアングレーハウンドは臆病な性格をしているため、生後半年になるまでに社会化のトレーニングを完了させておきましょう。
幼い頃からさまざまな場所に連れて行きいろいろな人や犬と触れ合わせることで、イタリアングレーハウンドの警戒心の強さは薄れるはずです。
また、知らない人や犬に攻撃的になることもあるため、服従訓練をする必要もあります。

気分転換のためにも散歩は連れて行く

イタリアングレーハウンドは小さな身体であるため、散歩をしなくても室内で遊ばせれば運動不足となる心配はないでしょう。
しかし、毎日室内にこもりっきりになると精神的にも疲れてしまいます。
そのため、1日5分や10分でも良いので必ず散歩をさせるようにしましょう。

イタグレの飼育におすすめの首輪やハーネス・服4選

出典:https://www.shutterstock.com/

最後に、イタリアングレーハウンドの飼育におすすめのグッズをご紹介します。
寒さに弱いイタリアングレーハウンドですが、可愛い服も用意してあげると良いかもしれません。

イタグレの飼育におすすめの首輪やハーネス・服(1)アンナレザーGハウンドカラー

首の細いイタリアングレーハウンドのために、首の負担が少ないように作られた首輪です。
柔らかいカーフレザーを使用しており、イタリアングレーハウンド以外の犬種にも負担がかかりにくいでしょう。
おしゃれなデザインは、イタリアングレーハウンドにぴったりだといえます。


アンナレザーGハウンドカラー

イタグレの飼育におすすめの首輪やハーネス・服(2)上品おしゃれ イタグレ用ハーネス

首の細いイタリアングレーハウンドには、ハーネスを使用するのも良いでしょう。
シンプルなデザインで、合わせやすいです。
また、さまざまなカラーが用意されているため、必ず愛犬に合ったものを見つけることができるでしょう。


上品おしゃれ イタグレ用ハーネス

イタグレの飼育におすすめの首輪やハーネス・服(3)Three Quarter Sleeve

散歩や部屋着として使用できる、イタリアングレーハウンド用の服です。
シンプルなボーダーシャツになっており、7分袖なので動きやすいでしょう。
寒い時期には、インナーとして着るのもおすすめです。

イタグレの飼育におすすめの首輪やハーネス・服(4)暖かフリースロンパース

イタリアングレーハウンドのために作られた、服用の服です。
ロングネックになっており、耳もすっぽりと被せることができます。
また、伸縮性に優れているため、着脱も楽にできるでしょう。


暖かフリースロンパース

イタリアングレーハウンドが快適に過ごせる工夫をしよう

出典:https://www.shutterstock.com/

イタリアングレーハウンドは、一説では2000年以上前から人間とともに暮らしてきたといわれています。
その小さな身体はサイトハウンド犬種の中で最小ですが、小さな身体からか警戒心が強く、きちんとしつけをしなければ攻撃的な犬種になってしまう可能性も考えられます。
飼い主に対しては従順であることから、イタリアングレーハウンドが幼い頃からしっかりと社会化を学ばせることで、知らない人や犬に対してもフレンドリーになってくれるはずです。
イタリアングレーハウンドを飼育する際の一番のポイントとすれば、寒さ対策です。
特に真冬の散歩時は服が必須になるため、事前に服を数着用意しておくと良いでしょう。

参考サイト
STARRY(参照日:2024-04-15)
https://item.rakuten.co.jp/starry/dav0-005-200827/

はっぴーDOG(参照日:2024-04-15)
https://item.rakuten.co.jp/k-city/mdac30i/

athos Shop(参照日:2024-04-15)
https://item.rakuten.co.jp/athos-shop/igt518/

FRENCH FRENCH(参照日:2024-04-15)
https://item.rakuten.co.jp/frenchfrench/km384op/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事