シーズーの洋服のサイズの測りかたは?そもそも服って必要?

シーズーには服を着せた方が良いの?そもそも服って必要なの?サイズの測りかたは?そんな疑問は丸ごと解決!シーズーにおすすめの犬用服もご紹介します。 2023年07月27日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:1,522

シーズーに服は必要なの?

出典:https://www.shutterstock.com

犬の洋服は、何のためにあるのでしょうか。たくさんの被毛に覆われた犬なら、多少の寒さも平気だと思われるかもしれません。しかし、犬種によって寒さに強い犬とそうでない犬がいて、例え寒さに強いとされる犬でも室内飼いに慣れることで防寒対策が必要になる場合もあります。

シーズーは、日本よりも寒いチベットで生まれた犬種です。そのため、日本の冬くらいなら問題なく乗り越えられると考えられることが多いです。あたたかい家の中なら、さほど心配することはないでしょう。ただ、やはり室内飼いで慣れていると、特別に寒い日の外出は体にこたえることもあります。雪や雨の降る冬の日には、洋服を着せて防寒対策をとるのがおすすめです。

シーズーが快適に過ごせる温度は?

基本的に、シーズーが快適に過ごせる室温は、20℃前後だと言われています。そして、寒さを感じやすくなるのは、10℃以下です。住まいのある場所にもよりますが、冬に暖房器具などを使わずにいると、室温が10℃以下になることは珍しくありません。常に暖かく保っていれば問題もないでしょうが、状況に応じて洋服の使用も検討してみてはいかがでしょうか。

こんなサインが見られたら防寒対策を

もし、シーズーが震えていたり、小さく丸まっていたり、ストーブの前から離れなかったりといった様子が見られたら、「寒いよ」と訴えているサインです。その他にも、飼い主さんにぴったりくっついて離れない、散歩を嫌がる、お水を飲む量が減るなどの様子も見られるかもしれません。

特に、子犬やシニア犬は寒さに弱くなるため、気を付けてあげましょう。

犬用の服は防寒対策以外の役割もある

犬用の服は、防寒以外にも色々な用途で使用できます。冷感素材のものは夏場の快適性を高め、レインコートは雨から体を守ってくれます。また、虫除けや泥よけ、外出先での抜け毛対策、傷の保護など、TPOによって使い分けると良いでしょう。

特に、シーズーの場合は皮膚病を発症しやすい犬種であり、通気性の良いものを選んであげることも大事です。豊かな被毛が絡んでしまうことを防ぐためにも、服は着せっぱなしにせずに、ブラッシングをしてあげることも忘れずに。

シーズーの洋服のサイズの測りかた

シーズーの体型は個体差があり、洋服を選ぶ際はメーカーが示す適用犬種の目安だけでは判断できないことも多いです。小さい洋服を選んでしまうと窮屈な思いをさせてしまうことに。逆に、大きすぎると動きにくいなどの弊害も出てきます。足が中途半端に抜けて転んでしまうといった危険もあるでしょう。そのため、洋服を選ぶ際は愛犬のサイズを必ず確認して、サイズに問題がないかチェックする必要があります。

測る場所は首回り・胴回り・体長の3つ!

基本的に、シーズーの洋服のサイズを測る時は、首回り・胴回り・体長の3つが不可欠です。

・首回り……首の付け根をぐるりと一周測る
・胴回り……あばら骨の一番深いところ(横から見て一番地面に近いところ)をぐるりと一周測る
・体長……首の付け根から尻尾の付け根までの長さを測る

なお、体長の場合は、洋服のデザインによって尻尾の付け根までではなく骨盤あたりのサイズが適する場合もあります。体長は着丈の長さとなるため、両方の長さを測っておくと良いでしょう。

メーカーのS・M・Lは統一されていないため注意

よく、Sサイズ・Mサイズなどという表記を見かけますが、この基準はメーカーによって違います。同じSサイズでも、メーカーが違えば窮屈だったり丁度良かったりするのです。したがって、安易に「小型犬だからSサイズ」などと決めつけずに、実際に測定した数値から服のサイズを選びましょう。

シーズーにおすすめの犬用服15選

スマイルウィズユー タンクトップ

大きなスマイルマークと、愛犬のお名前がプリントされた冷感素材の洋服です。見た目はスッキリ、とてもシンプルですが、愛嬌のあるデザインと爽やかな色の組み合わせが夏らしい印象ですね。「ベンワールド」という高性能ニット素材が使われていて、UVカット、吸放湿性、速乾性、接触冷感を併せ持っています。夏のお散歩中に、霧吹きで洋服にお水をシュッシュッと吹きかければ、服との間にたまった熱気を外に逃がしてくれます。


スマイルウィズユー タンクトップ

はっぴーDOG!! 犬用 ワンピース

腰のフリフリがかわいい、まさに夏にぴったりなワンピースです。色はイエロー、ピンク、ドットピンク、ドットホワイトの4色。おめかしをしてお出掛けしたい時にも良さそうですね!


はっぴーDOG!! 犬用 ワンピース

はっぴーDOG!! フルーツ柄 ワンピース

パイナップルやいちご、バナナといったフルーツの爽やかなデザインが魅力的なワンピースです。タンクトップとワンピースの2種類があるため、性別を問わず選びやすいのも嬉しいですね。男の子の犬洋服を探している方にもおすすめです。


はっぴーDOG!! フルーツ柄 ワンピース

はっぴーDOG!! ドッグベビー タンクトップ

オールシーズン使いやすいボーダー柄のタンクトップです。伸縮性があるため、脱ぎ着のストレスも軽減してくれるでしょう。まとめ買いによってお買い得になるクーポンも発行されています。


はっぴーDOG!! ドッグベビー タンクトップ

はっぴーDOG!! スイカ柄 タンクトップ

ユニークな、スイカ柄のタンクトップです。ワンちゃんのお洋服で季節を感じるのも良いですね。素材は涼しいソフトメッシュなので、暑い時期にも活躍します。毛落ち対策にもおすすめです。


はっぴーDOG!! スイカ柄 タンクトップ

RADICA ミックス 半袖TEE

パッチワークのように、異なる色や柄の布が合わせてあるデザインがとっても個性的で可愛いですね。袖のあるタイプなので、洋服に慣れていない子には少しハードルの高さを感じるかもしれませんが、しっかり伸びる素材なのでストレスも少なくて済むでしょう。


RADICA ミックス 半袖TEE

SPIRAL-style 無地Tシャツ

シンプルなお洋服が欲しいなら、このTシャツがおすすめです。着心地が柔らかくサラッとしていて、動きもラクラク。国内の工場で作られており、品質も高いです。脱ぎ着がしやすく、洋服に慣れていない子も着せやすいでしょう。アップリケなどをつけて、オリジナルのお洋服に仕上げるのも良いですね。


SPIRAL-style 無地Tシャツ

ベリー 犬用 Tシャツ

コットン100%、夏は涼しく冬は温かいTシャツです。ふんわり柔らかく、ストレッチがきいていて着脱も難しくありません。肌に優しい素材なので、リピート利用される飼い主さんも多いようです。


ベリー 犬用 Tシャツ

はっぴーDOG!! 迷彩 タンクトップ

サラリと着れて、夏場に大活躍してくれそうなタンクトップです。通気性が良く、抜け毛防止や季節の変わり目のちょっと肌寒い日にも良さそうですね。プチプラなので、色違いで複数枚購入しておくのもおすすめです。


はっぴーDOG!! 迷彩 タンクトップ

CRAZYBOO フリル タンクトップ

袖のフリルがとってもキュートなタンクトップです。背中には、まるでクマちゃんのポシェットを下げているかのような図柄が描かれています。ふんわり優しい生地で、縫製もしっかりしていると定評があります。


CRAZYBOO フリル タンクトップ

鎌倉DOG キルトベスト

分厚すぎず、ふんわりと軽いベストです。背開きとなっているため、頭からかぶる必要はありません。落ち着いたカラーバリエーションで上品な印象になるでしょう。素朴ながらもおしゃれな雰囲気がありますね。


鎌倉DOG キルトベスト

はっぴーDOG!! レインコート

ポンチョタイプの、犬用レインコートです。マジックテープでとめるタイプなので咄嗟の雨でも着せやすいでしょう。裏地はフリース素材になっているため、雨の日のお散歩でも体が冷えにくくなっています。


はっぴーDOG!! レインコート

エビスマーケット NYパーカー

思いっきりカジュアルに決めたい時は、このパーカーもおすすめです。秋冬の防寒対策等に良さそうですね。グレー、ネイビー、カーキの3色があり、背中には大きく「NY」の文字が。袖は長くないため、着せやすいです。


エビスマーケット NYパーカー

DOGCHOiCE ルディック パーカー

裏起毛でぬくぬく、見るからに温かそうなジャケットです。ノルディック柄や、フードに付いたポンポンも可愛いですね。運動量が少ないシニア犬の防寒にも良いのではないでしょうか。


DOGCHOiCE ルディック パーカー

鎌倉DOG 鎌倉ボーダー's

袖のある服でも抵抗がなければ、こちらの長袖もおすすめです。伸縮性のある肌さわりの良い素材で、重ね着にも便利です。しっかりと抜け毛予防したい時や寒さを感じやすい子に使いやすいでしょう。


鎌倉DOG 鎌倉ボーダー's

シーズーの洋服は気温やTPOに合わせて上手に活用しよう

出典:https://www.shutterstock.com

シーズーは寒さに強い地域で生まれた犬種とはいえ、生まれてからずっと室内で飼われていると気温差が体にこたえたり、寒さに弱くなってしまうのは当然のことです。気温や場面に応じて、上手に洋服を活用することは、愛犬の健康を守ったり周囲へのマナーを守る上でも重要です。
肌のトラブルを起こしやすいシーズーは、ずっと服を着せっぱなしにせず素材にも気を付ける必要がありますが、快適に着れて脱ぎ着もラクな洋服ならストレスも少なくて済むでしょう。

著者情報

こば

小さな頃から保護された犬や猫を迎えて生活。現在は黒猫の「ジジ」に翻弄されながら、発見と感動の毎日を送っています。
実体験を振り返りつつ、飼い主さんの役に立つような情報を分かりやすく記事にすることを目標にしています。

オススメ

新着記事