犬に服を着せるメリットや注意点を解説。子犬におすすめの服も紹介

犬に服を着せるのはとても可愛らしいものですが、犬にとって服は必要なものなのでしょうか?
犬の服は、正しく着せればメリットがありますが、注意しなければいけない点もあります。
この記事では、犬に服を着せるメリットと注意点のほかに、服の選び方や子犬におすすめの服をご紹介します。 2022年06月24日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:1,815

犬に服を着せるメリット

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは、犬に服を着せるメリットをご説明します。
メリットを理解した上で、愛犬に服を着せるかどうか判断していきましょう。

体温調節がしやすい

犬に服を着せる最大のメリットは、体温調節がしやすいという点です。
特に体温調節が苦手なのは、子犬やシニア犬などでしょう。
子犬は外に出る機会が少なくストーブやクーラーなどで室温を一定に保てば良いですが、シニア犬の場合は散歩の際に防寒着を着せることで寒さから身を守ることができるはずです。
暑い時期には通気性の良い服を、寒い時期には防寒着を着せてあげましょう。
しかし、犬種によっては寒さに強い場合があり、服を着せることでかえって身体に熱がこもってしまう可能性も考えられるため、注意が必要です。

雨に濡れないで済む

雨天時に散歩に行くと、どうしても犬の被毛が濡れてしまいます。
濡れた被毛を散歩から帰ってくるたびに乾かすのは、かなりの手間になります。
しかし雨具を着せることで、犬の身体を雨から守ることができるでしょう。

直射日光から身体を守ることができる

直射日光から身体を守ることができるのも、犬に服を着せるメリットです。
散歩時の直射日光は、熱中症の原因にもなるため注意しなければなりません。
また、アスファルトの照り返しにより犬の腹部に熱が溜まってしまう可能性もあります。
それらの問題は、犬に服を着せることである程度は解決するでしょう。
ただし、完全に犬を熱中症から守るためには、日光の出ていない時間帯に散歩することが一番良いです。

ノミやダニから守ることができる

犬は、公園や草むらを走り回ることが大好きです。
しかし、草むらにはノミやダニが潜んでいる可能性があります。
犬がノミやダニに寄生されると皮膚炎などの原因にもなりますが、毎日犬の身体中をチェックすることは難しいでしょう。
犬に服を着せておけば、ノミやダニの寄生も予防することができます。

犬の服の選び方・注意点

出典:https://www.shutterstock.com/

次に、犬の服の選び方を解説します。
併せて、犬に服を着せる注意点についても見ていきましょう。

素材を重視する

犬の服を選ぶ際は、使い方に合った素材のものを選びましょう。
夏であればメッシュ生地で通気性の良いもの、服はニットなど防寒できるものがおすすめです。
また、肌が弱い犬には、綿100%のものを選ぶと良いでしょう。

ぴったりのサイズのものを選ぶ

犬の服は、大きすぎても小さすぎても効果がありません。
ぴったりのサイズのものを選ぶ必要がありますが、メーカーによってサイズが異なります。
犬種ごとにおすすめのサイズを明記しているメーカーがほとんどなので、購入時の参考にすると良いでしょう。

散歩時にのみ着せる

犬に服を着せるのは、散歩時のみにしましょう。
1日中服を着せると、被毛と服がこすれて毛玉になってしまう可能性があります。
また、皮脂により服が汚れて衛生的にも良くありません。

嫌がる場合は着せるのを諦める

犬は、服を嫌がる場合があります。
そもそも、犬にとって服は必須アイテムではありません。
そのため、無理やり犬に服を着せるのはストレスの原因にもなるため、やめてあげましょう。

装飾物の誤飲に注意する

デザイン性の高い犬の服には、ボタンやリボンなどの装飾品が付けられています。
ボタンやリボンを気にして噛んでしまうと、犬が誤飲する可能性があります。
犬の装飾物の誤飲を予防するには、シンプルなデザインのものを選ぶと良いでしょう。

【4選】子犬におすすめの服をご紹介!

出典:https://www.shutterstock.com/

体温調節が苦手な子犬は、服を着せることで寒さから身体を守ることができるでしょう。
最後に、子犬におすすめの服をご紹介します。

CRAZYBOO Baby ベア刺繍 パイル タンクトップ

子犬にはじめて服を着せるのであれば、これをおすすめします。
カラフルな刺繡が、印象的な子犬用の服です。
また、パイル生地で着心地が良く、はじめて服を着る犬でも抵抗する心配が少ないでしょう。


CRAZYBOO Baby ベア刺繍 パイル タンクトップ

はっぴーDOG 足跡柄 タンクトップ

犬の足跡のプリントが可愛らしいタンクトップです。
Tシャツ生地で伸縮性があるため、犬に着せやすいでしょう。
首元を丸めて頭からすっぽりとかぶせるようにすると、楽に着せることができます。


はっぴーDOG 足跡柄 タンクトップ

犬服 パーカー スウェット

パーカースタイルの、可愛らしい犬服です。
幅広いサイズがあり、さまざまな犬種に着せることができます。
6種類のカラーが用意されているため、愛犬に似合うものを探してみましょう。


犬服 パーカー スウェット

鎌倉DOG ニットハイネック

上品な印象を感じさせる、おしゃれなニットです。
つなぎや長袖Tシャツを合わせることで、おしゃれさと暖かさがアップします。
おしゃれなデザインでありながら袖がないため、簡単に着せることができるでしょう。


鎌倉DOG ニットハイネック

犬の服は用途に合わせて選びましょう

出典:https://www.shutterstock.com

犬に服を着せるのは、暑さや寒さや雨、ノミやダニなどから身体を守ることができるというメリットがあります。
しかし、犬種によっては服を着せることでかえって身体に熱がこもってしまい、体調不良を起こしてしまう原因にもなるでしょう。
そのため、犬に服を着せるのは、犬種や性格を踏まえて判断することをおすすめします。
子犬の頃から服に慣れておけば成犬になっても問題なく着ることができるため、子犬のうちに用途に合わせた服選びをすると良いでしょう。

参考サイト

CrazyBoo(参照日:2022-05-10)
https://item.rakuten.co.jp/crazyboo/cb141887/

はっぴーDOG(参照日:2022-05-10)
https://item.rakuten.co.jp/k-city/md86252/

Melville(参照日:2022-05-10)
https://item.rakuten.co.jp/melville/mel-petwear240/

KAMAKURA DOG(参照日:2022-05-10)
https://item.rakuten.co.jp/kamakuradogshop/t549/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事