ペットに服を着せるメリットとは?おすすめ犬服もご紹介

犬に服を着せて散歩をしている方を見かけたことはありませんか?洋服を着ているペットは可愛らしいですが、犬が服を着ることにはどんなメリットがあるのでしょうか。ここでは、犬に服を着せるメリットやおすすめの犬服をご紹介します。 2021年11月03日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:8,698

犬に服を着せるメリットとは?

出典:https://www.shutterstock.com

犬に洋服を着せていると可愛らしいですが、中には「着させられてる」「犬に洋服を着せてしまうのは可愛そうではないか」という意見の方もいらっしゃいます。実は、犬に洋服を着せることには見た目以外の理由があるのです。
ここでは、犬に洋服を着せることのメリットについてご紹介します。

体温調節の手助けができる

犬に服を着せることで、体温調節の手助けができます。寒い時期には保温性の高い洋服を着ることで体温を保持することができ、暑い時期には通気性が高く、接触冷感機能のある洋服で体温の上昇を防ぐことが期待できます。
特に子犬やシニア犬は自分で体温調節をすることが苦手です。その場の気温に体調が左右されやすく、熱中症や体温低下を引き起こす可能性が高い傾向があります。そんな時に洋服を活用することで、体温を調節するサポートをしてくれます。

怪我の予防にもなる

犬は外で遊んでいると、草むらや茂みに入り込んだりします。その際に木の枝や石などで体を傷つけてしまう可能性があります。洋服を着ていることでそれらの怪我を防ぐこともできます。虫刺されや軽い引っかき傷程度であれば、服が防いでくれるでしょう。
アウトドアによく行くご家庭であれば、犬用のアウトドア服を持っていると便利です。

換毛期の掃除が楽になる

犬の種類にもよりますが、犬には換毛期があります。被毛がオーバーコートとアンダーコートの二層構造であるダブルコートの犬種のほとんどに換毛期があり、季節により被毛を生え変わらせることによって体温を調節しているのです。換毛期には抜け毛の量がとても多くなるため、部屋中毛だらけになり、掃除も1日に2〜3回しなければいけないことも多いです。

換毛期に洋服を着せることにより、抜け毛がそのまま部屋に落ちていくことが減ります。洋服をこまめに脱がせ、ブラッシングを行う必要がありますが、部屋の掃除は楽になります。
また、服を着ていれば外出時にも抜け毛があちこち舞うことを多少抑える効果もあるため、周りへの配慮にもなります。

洋服の選び方とは?

出典:https://www.shutterstock.com

犬の洋服にはたくさんの種類があります。機能を優先させたいけど、おしゃれにも気を使いたい…たくさんの洋服からどんなものを選べばいいのか、迷ってしまいますよね。
ここでは、犬の洋服の選び方についてご紹介します。

季節にあったものを選ぶ

犬の洋服は、季節や気候に合ったものを選びましょう。
春夏用、秋冬用などの季節に分かれているものが多くあります。春夏用は暑さを凌ぐために通気性が良く、接触冷感素材で作られているものも多いです。秋冬用は保温性を高めるためにボア素材を使用しているものが多いです。
デザインだけでなく、これらの機能性を見ることで、犬がより快適にその季節を過ごすことができるようになります。

愛犬のサイズに合ったものを選ぶ

洋服を購入する前にしっかり愛犬の体のサイズを測定し、体に合ったものを選びましょう。
他にも、装飾の多さなどは愛犬の性格を見極めてから選ぶことをおすすめします。神経質な犬には装飾があまりない着心地の良い洋服を、活発な犬は着脱が簡単でズレにくい洋服など、愛犬の体や性格に合ったものを選んであげましょう。

おすすめ犬服をご紹介

犬の洋服を選ぶ時には、デザイン、機能性、季節感、サイズなど、チェックすることが意外にも多いです。これらをしっかりとチェックした上で、愛犬にぴったりの服を選んであげましょう。
ここでは、おすすめの犬服をご紹介します。

kamakuradog star's

伸縮性がよくオールシーズン着用することができる洋服です。洋服の厚さはやや薄く、1枚でもインナーとしても使用することができます。カラーバリエーションは11色と豊富にあるので、愛犬に合ったものを選ぶことができます。どんな季節でも使用することができるので、1着持っておくとさまざまなアレンジが可能になるでしょう。


kamakuradog star's

PETFiND ドッグウェア ロンパース

伸縮性のある着脱しやすいロンパースです。特にボタンなどもなく、着心地もよくオールシーズン着用することができます。カラーも8色と豊富に取り揃えているため、愛犬にピッタリのカラーを見つけることができます。


PETFiND ドッグウェア ロンパース

ひんやり冷感クール

冷感クール素材で作られた夏用の洋服です。暑い季節でも着るだけで涼しく過ごすことができます。サイズはSSからLL、SD、MDなどの種類があり、愛犬にピッタリのサイズで購入することができます。服のデザインも夏らしく、涼しく過ごすためにも最適です。


ひんやり冷感クール

ボアダウンジャケット

秋冬シーズンにピッタリのボアダウンジャケットです。裏地はボアで作られているので、寒い時期の散歩も最適です。ジャケットとハーネスが一体型となっているので、散歩時にハーネスの長さを調節するなどの手間を省くこともできます。さらに、背開きファスナーなので、洋服を嫌がる犬でも簡単に着用可能です。


ボアダウンジャケット

おしゃれにお出かけを楽しもう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、犬に服を着せるメリットやおすすめの犬服をご紹介しました。
犬にとって洋服はおしゃれだけでなく、体温調節や怪我の予防などさまざまなメリットがあります。さらに、ドッグランなどの犬が多い時にも、いち早く自分の犬を見つけるための目印にもなります。
洋服は犬が快適に過ごすためにも大事なものです。機能性に優れた洋服も数多くありますので、必要な時期に正しく活用することをおすすめします。

参考サイト

・鎌倉DOG2号店 (参照日:2021-10-14)
https://item.rakuten.co.jp/kamakuradogshop/t351/

・犬服専門店TambedyDogWear (参照日:2021-10-14)
https://item.rakuten.co.jp/dog-wear-creative/crma-1265/

・犬服専門店TambedyDogWear (参照日:2021-10-14)
https://item.rakuten.co.jp/tambedy/201407-koritank/

・ 犬服 SPIRAL-style 楽天市場店(参照日:2021-10-14)
https://item.rakuten.co.jp/spiralstyle/kaki139580-01/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事