犬の寒さ対策!もこもこ服が重宝するシーンと注意点

寒さに弱い犬種は特に、散歩時等の寒さから守る必要があります。今回は、もこもこ服がおすすめなシーンや注意点をご紹介します。 2020年12月16日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:7,363

そもそも犬に服って必要なの?

寒さが厳しい季節が到来し、犬も寒そうだなと感じることはあっても、服の必要性までは正直なところ感じない、という方は多いのではないでしょうか。犬の服に関しては賛否両論あるかと思いますが、否定派の人の中には「飼い主のエゴだけで着せているから犬が可愛そう」という人もいます。

しかし、犬にとって大きなメリットがあるからこそ、服を着せてあげている人が多いのです。なぜ犬に服を着せるのか、重要なポイントを見てみましょう。

冷え防止

一昔前までは屋外での飼育が一般的だった犬も、徐々に室内飼いが増えてきました。室内犬は快適な温度の中で暮らしているため屋外犬のように体温調節が上手ではありません。特に、外国産の犬種は日本独自の気候に順応しきれず、気候や気温の変化で体調を崩してしまいやすいと言われています。

また、毛が短い犬種や厚い被毛を持たない犬種などは、全身が毛で覆われているとはいえ寒さが苦手です。体温調節が苦手なシニア犬や子犬、闘病中の犬にも防寒対策は不可欠と言えるでしょう。こうした、寒さに弱い犬の健康を守る1つの手段として、洋服は便利です。

汚れ対策

雨の日でも、雪の日でも、犬は散歩に出たがります。雨が降れば体はびしょ濡れ、雪が積もっていれば毛に絡まって雪玉まみれ…といったように、ただでさえ気温が低いのに体を冷やしてしまいます。
服に慣れていると、雨の日はレインコートを着て体が濡れるのを最小限に防ぎ、雪の日は雪玉の付着から守ってくれます。

公共の場での抜け毛防止

公園など、犬と一緒にどこかに出掛けることもあるでしょう。しかし、不特定多数の人がいる場所へ出掛けるとなれば、マナーを守ることが大原則。犬の抜け毛は、あちこちに舞い上がり、特に毛の生え変わりの時期はどんなにブラッシングをしても次から次へと毛が抜けます。
できるだけ犬の毛の付着やフケの落下を防ぐために、洋服を着せることは有効な手段です。

ケガの治療や術後のケアに

ケガや手術後の傷があると、犬はどうしても患部を舐めてしまいます。患部を清潔に保ったり、塗り薬が落ちたりしないように、術後服は有効です。エリザベスカラーという手段もありますが、これがとてもストレスになって動けなくなったり四六時中気にしてしまったりする犬も多いため、術後服もよく用いられています。

犬にもこもこ服を着せる時の注意点

寒い冬はもこもことした暖かい洋服を着せてあげたいものですね。初めて購入する場合は特に、以下のポイントに注意しましょう。

常に快適かどうか配慮する

犬に洋服を着せるのは人間、脱がせるのも人間です。暑いから脱いで、寒いから着る、という動作は、当然ですが犬にはできません。犬に洋服を着せる時には、気温の変化に敏感になって調節してあげることが大事です。暖房がガンガンかかっている暖かい部屋で、モコモコの服を着せていると暑すぎて熱中症になるリスクもあります。
快適な室温に保たれているのであれば、室内では薄着、屋外で厚着といったように調節してあげましょう。

静電気が起こりやすい

私たちでも、冬にフリースやセーターなどを触ったらパチッと静電気が起こるように、犬にも静電気は起こります。特に毛の長い犬種は静電気が起こりやすく、中には痛い思いをして洋服が嫌いになる犬も…。静電気は湿度によって発生状況が変わるため、部屋の中を加湿するなどの静電気対策をして服を着せてあげましょう。

毛玉ができやすい

犬が洋服を着ることで抜け毛の舞い上がりをある程度防げるとご紹介しました。ということは、抜けた毛は服の中に留まるという意味にもなります。抜けた毛が体と服の間に長く溜まっていると、毛が絡まって毛玉になりやすくなります。

また、皮膚病にもつながるリスクがあるため、服を脱いだ時はブラッシングをして抜け毛をしっかりとる、毛玉を取り除くといったケアも必要です。

正しい方法で洗濯を

犬の服をその都度クリーニングに出す人は少ないでしょう。やはり家庭用洗濯機や手洗いで、家で洗って干すのが経済的でもあり手間もかかりません。モコモコの服は、人間のものと同様に適した洗濯方法が指定されている可能性があります。間違った方法で無理に洗濯してしまうと、生地が縮んで小さくなってしまうかもしれません。
体の大きさに合っていない服は、犬にとっては不快でしかありません。正しい方法で洗濯をし、サイズが変わらないように注意しましょう。

慣れないうちは慌てず徐々に慣らす

初めて服を着せる場合、多くの犬は嫌がったり落ち着かない様子を見せたりと、多少のストレスを感じるようです。慣れないうちは無理をせず、服を着たらおやつがもらえる、散歩に連れて行ってもらえるなど、嬉しいことがセットになるように覚えさせていくと、段々と慣れてくれるでしょう。

犬のもこもこ服おすすめ4選

もこもこノルディックパーカー

冬らしいノルディック柄と、大きなボンボンがついたフードが可愛らしい洋服です。内側はふわふわとしたボア生地で、しっかりと暖かいです。前側にスナップボタンがついており、脱ぎ着がしやすいのも魅力ですね。


もこもこノルディックパーカー

フード付きダウンベスト

サイズ展開はXSからXLまで、小型犬にぴったりのダウン風ベストです。表はサラサラと滑らか、内側はフリースで暖かく、人間のダウンそっくりなベストですね。前側のスナップボタンで脱ぎ着できます。


フード付きダウンベスト

TEDDY & KANON プレミアムコート

暖かさと着せやすさ、着心地を追求して作られたモコモコの犬用服です。内側の体にあたる部分は、コーラルフリースという綿100%の素材が使われており、静電気が起こりにくくなっています。耐久性も高く、大事に使えば長年にわたり愛用できるかも。小型犬~中型犬までのサイズ展開となっています。


TEDDY & KANON プレミアムコート

スヌーピーもこもこつなぎ

お尻までしっかりと暖めてくれる、つなぎタイプの犬用服です。とにかくモコモコとした肌触りが気持ちよく、モコモコ好きの飼い主さんによく選ばれています。袖無しと袖有りの2種類から選ぶことが可能です。


スヌーピーもこもこつなぎ

冬はもこもこ服で犬も快適に

今回は、寒さ対策のできる犬用のもこもこ服をその必要性とともにご紹介しました。体温調節が難しい犬や寒さに弱い犬には、寒さから身を守り健康を損ねないように気を付けるのも飼い主さんの役目ではないでしょうか。

もこもこ服は、とても寒い時期や気温の時に役立ちます。暑すぎないかどうか常に確認しながら、愛犬が快適な生活を送れるように注意してあげたいですね。

参考サイト

犬服のお店DOG CHOiCE(参照日2020-11-22)
https://item.rakuten.co.jp/dog-choice/n-bonbon/

スマホケースのCINC SHOP(参照日2020-11-22)
https://item.rakuten.co.jp/cincshop/10001647/

【犬服】TEDDY&KANON楽天市場店(参照日2020-11-22)
https://item.rakuten.co.jp/teddy-kanon/tk1401/

ペットパラダイス(参照日2020-11-22)
https://item.rakuten.co.jp/pet-para/633-84883/

著者情報

こば

小さな頃から保護された犬や猫を迎えて生活。現在は黒猫の「ジジ」に翻弄されながら、発見と感動の毎日を送っています。
実体験を振り返りつつ、飼い主さんの役に立つような情報を分かりやすく記事にすることを目標にしています。

オススメ

新着記事