猫がエリザベスカラーを嫌がる原因について解説!布製のかわいいエリザベスカラー4選

猫がケガをしたり術後の際、患部を舐めてしまわないように首に装着するエリザベスカラー。しかし、猫が嫌がってしまい、装着に苦労する飼い主さんも多いはずです。今回は、猫がエリザベスカラーを嫌がる理由と、おすすめの布製のエリザベスカラーをご紹介します。 2023年03月15日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:2,941

エリザベスカラーとは?

出典:https://www.shutterstock.com

エリザベスカラーとは、猫の首回りに装着するカバーで、ケガや手術後の患部、塗布した薬などを舐めたり掻いたりしないようにするものです。また、猫の爪切りや耳掃除など、少しの時間だけじっとしててほしい際にも役立ちます。エリザベスカラーを付けて優しく抑えることで、噛まれたり暴れたりするのを防ぐことができます。
猫にとってわずらわしいものですが、猫自身の健康を守るためにもエリザベスカラーは必要なアイテムです。

エリザベスカラーの種類は?

出典:https://www.shutterstock.com

エリザベスカラーはハードタイプ、ソフトタイプ、布タイプなど、いくつか種類がありますが、動物病院で多く使われているのはプラスチック製のハードタイプです。
最近では、しなやか且つ強度があるポリエステル素材ものや、クッションのように柔らかい布製のものも多く販売されるようになりました。猫の性格や好みに合わせて選ぶことができるようになっています。

猫はなぜエリザベスカラーを嫌がるのか

出典:https://www.shutterstock.com

エリザベスカラーを装着すると普段通りの生活に支障をきたします。視野が狭まり、首が重くなるため、猫にとってはストレスに感じるでしょう。

ご飯を食べるときや水を飲むときにも食器にエリザベスカラーのフチが当たってしまいます。エリザベスカラーが汚れてしまっても舐め取ることもできず、猫自身ではどうすることもできない場合がほとんどでしょう。

また、いつもなら通れている隙間や通り道などにエリザベスカラーが引っ掛かり、スムーズに通れなくなることもあります。自分のエリザベスカラーの幅を分かっていないのであちこちぶつかってしまい、その衝撃音がストレスとなることもあるでしょう。

エリザベスカラーの選び方は?

出典:https://www.shutterstock.com

エリザベスカラーから鼻先が出ない

猫の鼻先がエリザベスカラーより出てしまうと患部を舐めることができるため、装着する意味がなくなってしまいます。猫の鼻先がエリザベスカラーから出ないものを選んであげましょう。

カラーの口の広さが適切なもの

カラーの広がり方が大きすぎると患部に口が届いてしまい、広がり方が小さいとご飯を食べたり水を飲んだりするときにお皿に当たってしまいうまく摂取できなくなってしまいます。調節ができるものを選んであげましょう。

首回りのサイズが適切なもの

首回りが窮屈だと苦しくなり、エリザベスカラーをさらに嫌がるようになってしまう可能性があります。また、首回りの素材によっては、擦れてさらにケガが増えてしまうことも考えられます。首周りには優しい素材を使用しており、サイズも猫の大きさに合ったものや調整ができるようなものを選ぶことが大切です。

柔らかい素材のものを選ぶ

プラスチック製のような硬いものではなく、布製などの柔らかい素材でできたエリザベスカラーであれば、装着する際のストレスも少しは和らぐかもしれません。
近年では機能性に加え、デザイン性が高い商品もたくさん販売されているなど、エリザベスカラーの選択肢が増えてきています。猫の性格に合わせて選んであげるようにしましょう。

【布製】かわいいエリザベスカラー【4選】

出典:https://www.shutterstock.com

プラスチック製の硬いエリザベスカラーより、布製のエリザベスカラーのほうが猫への負担もストレスも軽減されます。おすすめの布製のエリザベスカラーを紹介します。

エリザベスカラー 食パン

食パン型のエリザベスカラーです。ふわふわのクッションのような触り心地で、優しく猫の首周りを包んでくれます。サイズも2種類が用意されており、首周りのサイズは伸縮ロープで調節できるため、さまざまな猫に着用できるでしょう。


エリザベスカラー 食パン

エリザベスカラー ドーナツ

かわいいドーナツのようなエリザベスカラーです。クッションタイプはぶつかっても衝撃音が発生しないため、猫のストレスにもなりにくい仕様となっています。猫の首の負担にならないよう、デザインだけでなく軽さにもこだわっているのが特徴です。


エリザベスカラー ドーナツ

ソフトエリザベスカラー ワイド

首元から円盤のように広がるエリザベスカラーです。前方へ飛び出していないため視界も良好で、猫の行動を妨げません。大きめに作られていますが、中身は発泡性ビーズのためとても軽くなっています。寝るときの枕としても使うことができます。撥水加工が施されているのでお手入れも楽々です。


ソフトエリザベスカラー ワイド

ソフトエリザベスカラー フラワー

花のようなデザインがかわいいソフトスポンジ素材のエリザベスカラーです。首周りのサイズ調整はマジックテープで簡単に行うことができます。つけたまま寝ることもできるくらい軽く作られています。


ソフトエリザベスカラー フラワー

猫にストレスを与えないエリザベスカラーを選ぼう

出典:https://www.shutterstock.com

今回は、エリザベスカラーについてまとめてきました。エリザベスカラーは行動の自由を制限するものですが、猫の健康を守るためにも必要です。なるべく猫にストレスを与えないために、首周りのサイズや重量、使われている素材などをしっかり吟味して選ぶようにしましょう。
また、エリザベスカラーをあまりにも嫌がる場合には、術後服などの着用も検討してみることをおすすめします。

参考サイト
ルームウェア Fashion FALCO(参照日:2023-2-6)
https://item.rakuten.co.jp/falcoletter/honbu-0389/

モリチュウネットショップ(参照日:2023-2-6)
https://item.rakuten.co.jp/moritada10/20006/

nikkashop(参照日:2023-2-6)
https://item.rakuten.co.jp/auc-nikkashop/nkd20162s/

JS U.S.A(参照日:2023-2-6)
https://item.rakuten.co.jp/jsusa/ra51802_ra22226/

著者情報

Hanaco

子育てをしながら、専業主婦ワーカーとしてお仕事をさせていただいております。以前はチワワを2匹飼っていました。
調べることや文章を考えることが好きで、自分の考えや経験などを活かせるようなお仕事をしたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

オススメ

新着記事