猫をケージで留守番させるときの準備や注意点についてご紹介

ケージは来客時や猫の体を休ませることにも活用できますが、留守番させるときにもおすすめです。ケージで留守番させることは猫にとってどんなメリットがあるのでしょうか。ここでは、猫をケージで留守番させるときのメリットや注意点についてご紹介します。 2022年12月17日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:2,219

猫をケージで留守番させることのメリットとは?

出典:https://www.shutterstock.com

猫を留守番させるときにはそのままにして出かける方もいれば猫をケージに入れる方もいます。どちらがよいかは猫の性格などにもより異なりますが、ケージで留守番させることにはいくつかのメリットがあります。
ここでは猫をケージで留守番させることのメリットについてご紹介します。

誤飲や事故などのトラブルを防げる

誤飲とは、本来食べることができないものを飲み込んでしまう事故です。飲み込んだものや大きさによって手術が必要になるケースもあります。

誤飲は飼い主がいない留守番のときに多く見られる事故で、いたずらしているときに飲み込んでしまうこともあります。特に子猫に多く見られるため、やむを得ず目を離さなければいけないときはケージの中で休ませることがおすすめです。
他にも、家電製品のコードを噛んでしまい感電してしまうなどの事故を避けることができます。

さらに、ケージで留守番させることにより脱走などを防ぐことができます。猫は体が柔らかく少しの隙間でもするりと抜け出してしまいます。そのため、外の興味が強い猫は脱走しないようにケージで留守番させることがおすすめです。

猫が安心・安全を確保できる場所

ケージは猫にとって安全を確保できる場所です。飼い主が猫の存在を確認しやすく、もしもの災害時にも活用することができます。猫がケージで休んでいるときはちょっかいを出すことのないように、ケージは安全地帯だと認識させてあげましょう。

猫をケージで留守番させるときの注意点とは?

出典:https://www.shutterstock.com

猫をケージで留守番させることにはいろんなメリットがあります。しかし、注意しなければいけない点もあるため、しっかり踏まえておくことが大切です。
ここでは猫をケージで留守番させるときの注意点についてご紹介します。

トイレや水などをしっかり用意する

留守番させるときにはケージの中で生活できるよう、一通りの設備を整えることが大切です。飲み水、トイレ、ベッドなどが設置できるようなものがおすすめです。おもちゃも置くなど、留守番中猫が退屈しないような工夫もしておくことがおすすめです。
ケージの中には猫用のハンモックがついているものもあり、ケージを選ぶときに少し大きめのおもちゃなどがついているものを選ぶといいかもしれませんね。

大きめなケージを用意する

ケージの中にはいろんなものを設置するため、大きめなケージを選びましょう。小さいケージで留守番させると窮屈でストレスになることがあります。できるだけ猫が自由に動き回ることができるサイズを選ぶことがおすすめです。

長時間留守番させない

長時間留守番をさせてしまうとケージに入っていることをストレスに感じてしまいます。長くても6時間程度にし、できるだけ早く帰宅できるようにしましょう。
それ以上留守番をさせなければいけない場合は、ペットホテルやペットシッターなどを検討することがおすすめです。ただ、知らない人が来ることによりストレスになることもあるため、猫の性格により検討しましょう。

おすすめの猫用ケージ4選

猫用ケージにはいくつか種類がありますが、ケージの中で留守番させることもある場合は少し大きめのサイズを選ぶことがおすすめです。
ここではおすすめの猫用ケージをご紹介します。

アイリスオーヤマ 3段 キャットケージ PEC-903

のんびり過ごすことができる広々ケージです。インテリアにも馴染むホワイトカラーで、明るい印象があります。シンプルなデザインですが、こだわりの機能が満載です。留守番でも快適に過ごすことができます。


アイリスオーヤマ 3段 キャットケージ PEC-903

ハピネコ 2面扉付き キャットケージ

前からも横からも出し入れ簡単な2面扉タイプのケージです。爪とぎできる朝ステップ、着脱できる水飲み皿、ゆらゆらハンモック、ロックがかかる6箇所扉など機能性も抜群となっています。


ハピネコ 2面扉付き キャットケージ

トイレ付きキャットケージ にゃん箱2号

トイレ付きの3段猫ケージです。トイレ収納モデルになっており、引き出して掃除ができるためお手入れも簡単です。砂が飛び散りにくい切り返し付きなので汚れにくい仕様となっています。トイレを購入しなくてもいいため初めて猫を飼育する方にもおすすめです。


トイレ付きキャットケージ にゃん箱2号

アイリスオーヤマ キャットランドケージ ワイド PCLC-903

猫ケージの中にキャットタワーが入っている商品です。ワイドタイプなので多頭飼育の場合でも使用することができます。広々としたスペースがあるため、トイレや水などを設置することも可能です。キャットタワーの楽しさとケージの安心感を併せもった商品です。


アイリスオーヤマ キャットランドケージ ワイド PCLC-903

留守番させるときは時間によってしっかり準備しよう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、猫をケージで留守番させるときのメリットや注意点についてご紹介しました。
猫をケージで留守番させることは、誤飲や事故などのトラブルを予防することに繋がります。さらに脱走などの危険も避けることができるため、1つ持っておくことがおすすめです。
しかし、長時間の留守番はストレスになることや大きめなケージを用意してあげることなどの配慮も必要です。ただ、ケージは災害時や来客があるときなどにも活用できます。

参考サイト

・キャットランド (参照日:2022-11-16)
https://item.rakuten.co.jp/cat-land/i332157/
https://item.rakuten.co.jp/cat-land/251639/

・タンスのゲン Design the Future(参照日:2022-11-16)
https://item.rakuten.co.jp/tansu/24610051a/

・Liv House (参照日:2022-11-16)
https://item.rakuten.co.jp/neolead/nl-cgt3/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事