猫がカーテンをボロボロにするのはなぜ?理由や対策方法を解説

猫がカーテンによじ登って、ボロボロにしてしまうことがあります。
なぜ、猫はカーテンをボロボロにしてしまうのでしょうか?
この記事では、猫がカーテンをボロボロにする理由や対策方法をご紹介します。 2022年10月12日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:1,351

猫がカーテンをボロボロにする理由は?

出典:https://www.shutterstock.com

当然ながら、猫は飼い主への嫌がらせのためにカーテンをボロボロにしているわけではありません。
まずは、猫がカーテンをボロボロにする理由についてご説明します。

カーテンがヒラヒラと動くから

猫は、本能的に動くものを追ってしまう習性があります。
もしかしたら、カーテンが風でヒラヒラと動いてしまうため、本能的に爪を立ててじゃれついてしまうのかもしれません。
当然ながらカーテンは窓際にあり、風の影響で動きやすいのが、猫がカーテンを無意識のうちにボロボロにしてしまう理由でしょう。

爪とぎの代用品として使用しているから

猫は、古くなった爪を剥がすために、爪とぎを行います。
家の中に最適な爪とぎグッズがない猫は、代用品としてカーテンで爪とぎをしてしまうこともあるでしょう。
カーテンは猫の爪が引っかかりやすい素材でできていることが多く、猫にとっては気持ち良く爪とぎができるアイテムとして認識している可能性があります。

爪が引っかかりやすいから

猫は、カーテンをボロボロにしようとしているわけではありません。
窓の外を眺めようとカーテンに爪をかけたら、思わず爪が引っかかってしまうこともあります。
この場合は、猫に悪気はないでしょう。

高い場所に登るのが好きだから

猫は、高い場所が好きな動物です。
高い場所は、猫が外敵に見つかりにくい、獲物を探しやすいなどのメリットがあります。
家の中にキャットタワーなどのグッズがあれば良いですが、ない場合にはカーテンレールまで登ろうとして、結果的にカーテンをボロボロにしてしまいます。

猫がカーテンをボロボロにするときの対策方法

出典:https://www.shutterstock.com/

次に、猫がカーテンをボロボロにするときの対策方法を解説します。
しつけでは難しい悩みを、さまざまな対策で予防しましょう。

キャットタワーを設置する

猫の高い場所へ登りたいという欲求を満たしてあげるために、キャットタワーを設置するのが良いでしょう。
キャットタワーは高い場所に登れるだけでなく、柱部分が爪とぎになっているなどの機能もあり、一石二鳥です。
ほかにも、キャットタワーの登り下りをすることで運動不足解消にも繋がるでしょう。

カーテンを束ねる

日中であれば、カーテンを束ねることで猫がカーテンに爪が引っかかることを予防することができます。
カーテンを束ねていれば、猫は窓からの景色も見やすくなるでしょう。

こまめに猫の爪切りをする

猫の爪がカーテンに引っかからないように、こまめに猫の爪切りをするのもひとつの対策になります。
猫の爪切りを行うことで、壁紙などもボロボロにされにくくなるでしょう。

カーテンの素材を変える

カーテンのデザインが気に入っている場合には、最適な対策とはいえませんが、思い切ってカーテンの素材を変えてみるのもおすすめです。
カーテンの素材をツルツルとした引っかかりにくいものにすることで、猫の爪が引っ掛からなくなります。
また、ロールスクリーンに変えてみるのも良いかもしれません。

おすすめのキャットタワー 4選

出典:https://www.shutterstock.com/

猫が高い場所に登りたいという欲求を満たすために、キャットタワーの設置をすることをおすすめします。
最後に、おすすめのキャットタワーをご紹介します。

Mwpo キャットタワー 57 宮

オーソドックスで使いやすいキャットタワーです。
ハウスやハンモック、爪とぎポールなどが付いており、どんな猫でも喜んで登ってくれるでしょう。
安価であるのも、嬉しいポイントです。


Mwpo キャットタワー 57 宮

据え置きキャットタワー ACIN08

このキャットタワーも、ハウスやハンモック、爪とぎポールが付いています。
また、階段付きで子猫やシニア猫でも登りやすいです。
3つのカラーが用意されているため、インテリアに合わせて選ぶと良いでしょう。


据え置きキャットタワー ACIN08

キャットタワースタジアム Sクラス

高さ194cmの、大型キャットタワーです。
多頭飼いをしている場合でも、このキャットタワーをひとつ設置していれば問題ないでしょう。
登ったり隠れたりと、思い思いの遊び方ができます。


キャットタワースタジアム Sクラス

キャットタワースタジアム SLIMOA

場所をとらない、スリムタイプのキャットタワーです。
スリムタイプでありながら機能は豊富で、たくさんの足場があるのも特徴です。
キャットタワーの設置するスペースが確保しにくい人に、おすすめです。


キャットタワースタジアム SLIMOA

猫からカーテンを守るために対策をしよう

出典:https://www.shutterstock.com/

猫がカーテンをボロボロにするのは、本能によるものが多いです。
猫は、飼い主へ嫌がらせをしようとカーテンへイタズラしている意識はないでしょう。
カーテンに爪が引っかかるから、カーテンレールまで登りたいからなど、純粋な気持ちでカーテンを結果的にボロボロにしてしまっているだけかもしれません。
カーテンを猫にボロボロにされないために、キャットタワーを設置する、日中はカーテンを束ねておくなどの対策をしましょう。
また、部屋の雰囲気に合えば、思い切ってロールスクリーンに変えてみるのもおすすめです。
ロールスクリーンへ変えることで猫の爪が引っかからなくなり、猫がカーテンをボロボロにしてしまう悩みも解決されるでしょう。

参考サイト

Mwpo(参照日:2022-09-08)
https://item.rakuten.co.jp/ohamakaguya/mwpo-57/

キャットランド(参照日:2022-09-08)
https://item.rakuten.co.jp/cat-land/7079518/

Liv House(参照日:2022-09-08)
https://item.rakuten.co.jp/neolead/nl-pjer02/
https://item.rakuten.co.jp/neolead/nl-cs175/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事