犬が人の手を舐めるのはなぜ?理由や対処方法を解説

犬が人の手を舐めるのは、どのような意味があるのでしょうか?
もちろん理由があるわけですが、犬が人の手を舐めるのはいくつかの注意点もあります。
この記事では、犬が人の手を舐める理由や、対処方法を解説します。 2022年09月11日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:12,892

犬が人の手を舐める理由

出典:https://www.shutterstock.com/

犬の行動には、すべて意味があります。
まずは、犬が人の手を舐める理由について見ていきましょう。

構ってほしい

おそらく、犬に手を舐められた人のほとんどが「なに?どうしたの?」と犬に対して反応するはずです。
それは犬の計画通りの反応で、犬は構ってほしいという気持ちから人の手を舐めている可能性が考えられます。
また、過去に人の手を舐めたことで構ってもらえた経験がある犬も、積極的に舐めるようになるでしょう。

コミュニケーション

犬にとって舐めるというのは、大切なコミュニケーションの手段です。
人間でいう、人の頭を撫でるような役割をしており、母犬が子犬にみせる行動のひとつです。

緊張している

犬は緊張やストレスを感じていると、自分や人の手を舐めることがあります。
これは、人の手を舐めることでリラックスしようとしているのでしょう。
犬にとっては、深呼吸のようなものかもしれません。

相手を落ち着かせようとしている

犬が人の手を舐めるときは、相手を落ち着かせようとしているのかもしれません。
犬は嗅覚に優れているため、人が怒ったり興奮したりしていると、汗のにおいで察することができます。
そこで、「大丈夫だよ」「自分はあなたの敵ではないよ」と相手に対してのメッセージとして、手を舐めてくるのでしょう。

食べ物やほかの動物のにおいがするから

嗅覚に優れた犬は、単純に人の手から食べ物やほかの動物のにおいがしているため、手を舐めてくるのかもしれません。
特に、人の手ににおいの強い調味料などがついていると、しきりににおいを嗅ぎながら舐めるでしょう。
また、動物園や猫カフェなどのほかの動物がいる場所を訪れたときにも、人の手からほかの動物のにおいがするため、舐めて確かめているのです。

犬が人の手を舐めるときの注意点

出典:https://www.shutterstock.com/

犬に手を舐められると愛情を感じるかもしれませんが、いくつかの注意点もあります。
自分と犬を危険に晒さないためにも、しっかりとチェックしておきましょう。

細菌感染のリスク

犬に手を舐められるのは、細菌感染のリスクが伴います。
犬の舌に付着している細菌もそうですが、人の手の細菌を舐めることで犬が完全する可能性もあるでしょう。
特に高齢や小さな人や犬は、細菌感染により体調不良を起こしてしまうこともあるため、注意が必要です。

ハンドクリームを舐めるリスク

ハンドクリームはにおいがするものが多いため、犬は興味本位で舐めてしまいます。
もちろん天然素材のみを使用したハンドクリームであれば問題ありませんが、ハンドクリームによっては油やアルコール、防腐剤などが含まれているものもあるでしょう。
それらの成分が、犬の身体に害を及ぼす可能性も考えられます。
そのため、ハンドクリームを塗っているときは犬に手を舐められないように特に注意しましょう。

不衛生

犬は、人間が汚いと感じる排泄物や肛門付近を舐めることもあります。
それらのものを舐めた舌で舐められるのは、当然ながら不衛生です。
犬に舐められることにより、病気を発症してしまうこともあるでしょう。
「うちの犬はきれいにしているから大丈夫!」と感じていても、犬自身はそうは思っていないかもしれません。
愛犬と自分のことが大切ならば、犬に手は舐めさせないほうが無難です。

犬が人の手を舐めるときの対処方法

出典:https://www.shutterstock.com/

犬に手を舐められるのが、嫌だという人もいるでしょう。
最後に、犬が人の手を舐めるときの対処方法をご紹介します。

ストレス解消をさせる

犬がストレスを溜めて人の手を舐めることのないように、日頃からストレスが溜まらないように気を付けましょう。
毎日朝晩の散歩はもちろん、休日にはドッグランに連れて行ってあげるなど、犬が思い切り走って飼い主とコミュニケーションを取れる環境づくりが大切です。
また、室内でもなるべく犬を構ってあげましょう。
狭いスペースでも遊べるおもちゃなどで、1日に少なくとも10~20分は犬と遊ぶようにすることをおすすめします。

舐められる前や舐められた後に手を洗う

犬は突然手を舐めてくるため、事前に手を洗うことは難しいかもしれません。
しかし、理想を言えば犬に手を舐められる前には手を洗っておいたほうが良いでしょう。
もちろん、犬に舐められた後もすぐに手を洗います。
そうすることで、衛生面の問題はクリアすることができます。

手を舐められても反応しない

これは犬が幼いころから気を付けたいことですが、犬に手を舐められても反応しないようにしましょう。
何か反応してしまうと、犬は構ってもらえたと感じて、遊んでほしいときに積極的に手を舐めてくるようになります。
そのため、犬が手を舐めてきても無視をすることをおすすめします。
大切なのは、犬の構ってほしいという欲求を、日頃から満たしてあげることです。

犬が人の手を舐めるのは寂しいから?

出典:https://www.shutterstock.com/

犬が手を舐める理由はいろいろありますが、主に構ってほしいというものが多いでしょう。
ほかには、人の手から食べ物やほかの動物のにおいがして気になるという犬もいます。
また、ハンドクリームのにおいが気になって舐めてしまうという犬もいるでしょう。
犬に手を舐められるのは嫌ではないかもしれませんが、不衛生なのでやめさせたほうが良いです。
犬が手を舐めるのをやめさせるには、無視をすることや日頃からストレス解消をすることが大切です。
朝晩の散歩や休日のドッグラン、室内でもおもちゃで遊んであげるなどコミュニケーションを欠かさないことで、犬は欲求が満たされて手を舐めてこなくなるでしょう。

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事