犬が見つめてくるのはなぜ?理由や対処方法を解説

愛犬といっしょに過ごしていると、じっと見つめられることがあります。
なぜ、犬は飼い主のことを見つめてくるのでしょうか?
この記事では、犬が見つめてくる理由や対処方法について解説します。 2022年07月03日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:8,313

犬が見つめてくる理由

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは、犬が見つめてくる理由をご説明します。
理由がわかれば、正しい対処ができるようになるはずです。

飼い主のことを信頼しているから

犬が見つめてくるのは、飼い主への信頼の証です。
特に、口を開けて楽しそうに見つめてくるときは「あなたのことが大好きだよ!」という犬からのメッセージかもしれません。
ほとんどの動物は、動物同士のアイコンタクトをすることがありません。
なぜなら、知らない動物同士で見つめ合うということは、威嚇行為にもなりうるからです。
当然ながら、犬も知らない人や犬を見つめることは避けます。
信頼している飼い主だからこそ、目をしっかりと見つめることができるのでしょう。

飼い主を観察してる

愛犬は、飼い主のことを観察しているのかもしれません。
「何をしているのかな?」「もしかして散歩に行くのかな?」「ご飯くれるのかな?」と、何かを期待しているのでしょう。
犬は雰囲気を察する能力もあるため、飼い主が嬉しいのか怒っているのかも、気にかけているはずです。

何かを要求している

犬が上目遣いで飼い主の事を見つめてくるときは、何かを要求している可能性が考えられます。
「散歩に連れて行ってほしい」「遊んでほしい」など、飼い主に対しての期待が伺えます。
特に、過去に飼い主を見つめたときにおやつをもらえたなどの経験がある犬は、何かを要求したいときに飼い主のことを見つめることが多くなるはずです。

緊張している

犬は、緊張や不安を感じたときにも、飼い主を見つめることがあります。
叱られたときや身体に痛みを感じるときなどに、拒否反応として飼い主のことを見つめます。
その状態で犬に対して嫌なことをすると、攻撃的な反応を示すこともあるため、注意が必要です。

犬に見つめられたときの対処方法

出典:https://www.shutterstock.com/

次に、犬に見つめられたときの対処方法を解説します。
正しい対処をすることで、愛犬との信頼関係を築くことができるかもしれません。

犬のことを見つめ返す

犬が嬉しそうに飼い主を見つめているときは、見つめ返してみても良いでしょう。
犬と飼い主の信頼関係を築くために、アイコンタクトはとても大切です。
特に散歩中に犬がアイコンタクトをしてくるときには、見つめ返して話しかけてあげましょう。
そうすることで、犬はさらに飼い主のことを好きになるはずです。

無視をする

犬が何かを要求しているようであれば、無視をするのが一番の対処方法です。
間違っても、犬の要求に応えてはいけません。
一度でも犬の要求に応えてしまうと、犬との立場が逆転してしまう可能性があります。
私たち人間が犬に「おすわり」などの指示をして犬が行動するように、犬が飼い主に対して指示をして飼い主が行動をしてしまうと、犬のほうが上の立場になってしまいます。
そのため、犬の期待を裏切るのは心が痛むでしょうが、思い切って無視をすることがおすすめです。

知らない犬は見つめ返さない

知らない犬から見つめられたときには、目をそらしたほうが良いでしょう。
犬が相手を見つめるのは、敵意の現れである可能性もあります。
そこで犬の目を見つめ返してしまうと、喧嘩を買ったと認識されて、吠えられたり噛まれたりする危険性があるでしょう。
知らない犬に見つめられても気が付かないふりをするのが、お互いのためになるはずです。

犬を見つめ返したときに目をそらす理由

出典:https://www.shutterstock.com/

犬に見つめられたときに見つめ返すと、犬は目をそらすことがあります。
なぜ、犬から見つめてきたにも関わらず、飼い主に見つめられたら犬は目をそらしてしまうのでしょうか?

興奮しすぎないようにしている

犬は、大好きな飼い主のことを見つめたときに見つめ返されると、とても嬉しい気持ちになります。
嬉しそうな顔をしながら尻尾を振り回しているのは、犬が興奮しているサインですが、犬自身も自分が興奮しているのを理解しています。
そこで、飼い主のことをあえて見ないようにすることで、気持ちを落ち着かせているのです。

ストレスから逃れるため

犬とのアイコンタクトは信頼関係を築くために大切だと先述しましたが、アイコンタクトをしすぎるのは犬にとってストレスとなる可能性があります。
特にしつけをしている最中は、常に飼い主とアイコンタクトをとっているため、犬は疲れやストレスを感じてしまいます。
犬がストレスを感じると、ストレスから逃れるために飼い主とのアイコンタクトをやめることがあるでしょう。
しつけの時間が長すぎるときや、飼い主の伝えたいことがわからないときなど、犬がストレスを感じないようなしつけをすることが大切です。

敵意がないことを伝えている

犬同士が見つめ合うと喧嘩に発展することもあるため、犬は飼い主に対して「あなたに敵意はないですよ」と伝えるために目をそらしてしまうのかもしれません。
普段は大好きな飼い主に対して目をそらすことはないでしょうが、叱られているときなどは、あえて目をそらして気を紛らわせます。

苦手なことをしているとき

シャンプーや爪切りなど、犬が苦手なものをしているときは、犬のことを見ても目をそらしてくるでしょう。
これは、嫌なことから目をそむけるという心理が働いています。

犬が見つめてくるのは愛情の証?

出典:https://www.shutterstock.com/

犬が飼い主をじっと見つめてくるのは、さまざまな理由があります。
主な理由は、「あなたのことが大好きだよ!」という愛情表現でしょう。
また、散歩に行きたいときやおやつがほしいときなど、要求をするために見つめてくることもあります。
対処方法としては、アイコンタクトをする意味で見つめ返しても良いでしょう。
しかし、犬が何かを要求しているようであれば、無視をしても構いません。
犬がどういった理由で見つめてくるのかを見極めて、正しい対処ができるようにしましょう。

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事