犬に牛肉を与えても大丈夫?メリットや与え方をご紹介

牛肉は良質なタンパク源となるため、体にとても良い食べ物です。健康に良い食材であれば愛犬にも与えたいと考えることもあるでしょうが、犬に牛肉を与えても大丈夫なのでしょうか。ここでは、犬に牛肉を与えても大丈夫なのか、メリットや与え方についてご紹介します。 2022年04月02日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の食べ物犬のカテゴリ - 犬の食べ物
  • VIEW:759

犬に牛肉を与えても大丈夫?

出典:https://www.shutterstock.com

牛肉は良質なタンパク源となる食材であり、タンパク質は犬が必要とする栄養素で、体を作るためにも大切なものです。牛肉にはタンパク質以外にも栄養が豊富に含まれているため、犬に牛肉を与えても問題ありません。
ドッグフードなどにも主要原材料として牛肉を使用している商品も多くあり、犬専用の牛肉も販売されています。

牛肉を与える時のメリットとは?

牛肉にはたくさんの栄養が含まれていますが、犬に牛肉を与えるメリットはあるのでしょうか。
ここでは、牛肉を与える時のメリットについてご紹介します。

タンパク質、鉄分、ビタミンB群

牛肉には、タンパク質、鉄分、ビタミンB群が豊富に含まれています。

タンパク質は、犬の体を作るための栄養成分です。体の中の臓器や皮膚や被毛の健康維持のために必要な栄養素です。タンパク質は体を動かすためのエネルギー源ともなります。

鉄分は、犬の健康を維持するためのミネラル成分で、酸素の運搬や鉄分の貯蔵などの働きがあります。不足すると貧血のような状態になり、免疫力低下などを引き起こします。

ビタミンB群は水溶性ビタミンの1つで、エネルギー代謝をスムーズにする働きがあります。

牛肉を与える時の注意点とは?

出典:https://www.shutterstock.com

牛肉は犬にとってたくさんの栄養が含まれています。しかし、牛肉に与える時にはいくつか注意しなければいけないことがあります。
ここでは、牛肉を与える時の注意点についてご紹介します。

寄生虫や細菌の危険性がある

牛肉を与える時の注意点として、生肉を与える時には気をつける必要があります。生肉には寄生虫や細菌が存在している可能性があり、そのまま食べることにより体調を崩してしまうことがあるためです。
そのため、むやみに生肉を与えるのは注意が必要です。生肉を与えたい場合は犬専用の生肉などを選んで購入することをおすすめします。

与える量は注意

牛肉を与える時の注意点として、与える量には気をつけましょう。牛肉は、エネルギー源で栄養素も高いですが、過剰に摂取すると、腎臓や肝臓に負担をかけてしまうことやカロリーオーバーを引き起こすことがあります。
ドッグフードを与えている場合は、トッピングとして2割程度で抑えることをおすすめします。
特に、病気を患っている場合は、病気により栄養素に気をつけないケースもあるため、かかりつけの獣医師に相談しましょう。

牛肉アレルギーの可能性

牛肉を与える時の注意点として、牛肉アレルギーには気をつけましょう。アレルギーを起こすと、下痢や嘔吐、皮膚疾患などを引き起こす可能性もあります。
牛肉に対してアレルギーを持っているかどうかは少量ずつ与えてみることでわかりますが、万が一アレルギーを持っていた場合に症状がみられることがあります。心配な場合は、動物病院でアレルギー検査を行うことをおすすめします。

牛肉を使用したドッグフードをご紹介

ドッグフードには牛肉を使用したものが多くあります。牛肉は良質なタンパク質が含まれているため、犬にとってはとても大切な栄養素です。
ここでは、牛肉を使用したドッグフードについてご紹介します。

アボ・ダーム オーブンベイクド オリジナル ビーフ 小粒

アボダームは愛犬の健康維持のことを考えて作られたドッグフードです。原材料に乾燥ビーフを使用しています。小麦を使っていないため、小麦に対してアレルギーを持っている犬にもおすすめです。天然アボガドミールやオイルを配合しているので、犬の皮膚の健康維持に効果が期待できます。


アボ・ダーム オーブンベイクド オリジナル ビーフ 小粒

PRIMO ベーシック

いろんな生肉を約50%使用している新鮮なドッグフードです。プリモの原材料には、牛肉、鶏肉、馬肉、レバー肉、魚肉、豚肉などの生ミンチ肉をバランスよく配合しています。パッケージにもこだわり作られているため、遮断性が高く、ほぼ真空パックに近い状態で届きます。


PRIMO ベーシック

オーシーファーム 選べる!無添加 犬 おやつ

たくさんの種類のおやつから6袋選んで購入することができます。牛肉だけでなく、ささみ、かつお節、鹿肉などのおやつがあり、愛犬好みにセレクトすることができます。1袋にたっぷりはいっているので、長く楽しむことができます。


オーシーファーム 選べる!無添加 犬 おやつ

ペットのおやつ もぐもぐ5

好きなおやつを5種類選ぶことができます。おやつはいろんな種類のものがあり、まぐろ、カツオ、鮭、ささみ、鶏レバー、馬肉、牛肉などを使用しています。牛肉を使用しているおやつには、ビーフステーキ、ビーフジャーキーなどがあります。他の種類のお肉も試すことができるので、愛犬の好きなおやつを見つけることができます。


ペットのおやつ もぐもぐ5

ごはんから犬を健康に!

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、犬に牛肉を与えても大丈夫なのか、メリットや与え方についてご紹介しました。牛肉は犬にとって良質なタンパク源となり、犬が食べても問題ない食材です。タンパク質や鉄分、ビタミンB群などが含まれています。
しかし、牛肉を与える時には加熱処理をすることがおすすめです。生の状態で与えると、寄生虫や細菌によって体調を崩してしまう可能性があります。どうしても牛肉を与えたい場合は、牛肉を多く含んでいるドッグフードも検討してみてはいかがでしょうか。

参考サイト

・ペッツビレッジクロス~ペット通販 (参照日:2022-03-16)
https://item.rakuten.co.jp/kurosu/10010543/

・新鮮・国産ドッグフード プリモ (参照日:2022-03-16)
https://item.rakuten.co.jp/primofood/10000002/

・オーシーファーム【楽天市場店】 (参照日:2022-03-16)
https://item.rakuten.co.jp/ocfarm/10000001/

・ペットスタジオ (参照日:2022-03-16)
https://item.rakuten.co.jp/pet-studio/po-0068-ss/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事