犬の年齢は人間に換算するといくつ?シニア犬におすすめのドッグフードもご紹介

犬は人間と比べると、かなり早く年をとっていきます。犬を人間も年齢に換算すると、いったいいくつになるのでしょうか。この記事では、犬の年齢を人間に換算したらどうなるのか、何歳からシニア犬になるなのか、シニア犬におすすめのドッグフードについてご紹介します。 2022年02月06日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:8,741

犬の年齢を人間に換算すると?

出典:https://www.shutterstock.com

犬の年齢を人間の年齢に換算する方法は複数あり、計算法により多少誤差があります。また犬種による違いや、大型犬か小型犬かでも違いがあるようです。

犬の年齢を人間の年齢に換算すると?

犬は1歳半なると人間の20歳に相当し、それ以降の1年はおよそ4歳ごと年をとっていくとされるのが一般的です。
小型犬・中型犬では、体が小さい犬のほうが老いるのが遅く、平均寿命も長い傾向があります。小型犬の平均寿命は12~15歳程度、中型犬の平均寿命は11~14歳程度のようです。

年齢換算表
犬の年齢 人間の年齢
1ヶ月 1歳
2ヶ月 3歳
3ヶ月 5歳
6ヶ月 9歳
9ヶ月 13歳
1歳 16歳
1歳半 20歳
2歳 24歳
3歳 28歳
4歳 32歳
5歳 36歳
6歳 40歳
7歳 44歳
8歳 48歳
9歳 52歳
10歳 56歳
11歳 60歳
12歳 64歳
13歳 68歳
14歳 72歳
15歳 76歳
16歳 80歳
17歳 84歳
18歳 88歳
19歳 92歳
20歳 96歳
※こちらの換算表はあくまで目安です。犬種や飼育環境、個体差により数値は変動します。

大型犬のほうが歳をとるスピードが早い

大型犬は小型犬に比べて成熟するまでが遅く、歳をとるのが早くなり、1年が人間の約7年に相当すると考えられています。成熟後は早く歳をとる分、平均寿命も10~13年と小型犬・中型犬よりも短いようです。

犬のライフステージについて

出典:https://www.shutterstock.com

犬には幼犬期、成犬期、シニア期というライフステージがあります。ライフステージにより犬の生活には変化が必要で、食事の種類も変えたほうがいい場合があります。
ここでは、犬のライフステージについてご紹介します。

幼犬期

犬のライフステージは犬種により異なります。小型犬は生後10ヶ月程度、中型犬は1歳程度、大型犬は1歳半程度です。性成熟は小型犬が生後5ヶ月程度、中型犬が生後6ヶ月程度、大型犬が生後8ヶ月程度となるため、避妊手術を検討している場合は早めに相談することをおすすめします。避妊手術は発情出血時にはできないため、予約をとっていても出血が多いと手術ができない可能性があるため注意しましょう。

幼犬期は体を成長させるために、高品質な食事、睡眠、運動が必要となります。この時期に栄養が足りないと、栄養失調を引き起こすこともあります。この時期は、こまめに体重を量り、ドッグフードの摂取量が足りているかどうかこまめに確かめましょう。

成犬期へと成長するタイミングで、成犬用のドッグフードに切り替えることが必要になります。切り替えるタイミングがわからない場合は、かかりつけの動物病院で相談してみましょう。

成犬期

幼犬期をすぎると成犬期に入ります。成犬期はもっとも活動的になる時期で、幼犬期の幼さが消えていき、性格も落ち着いていきます。しつけを継続していればトイレの失敗などは減っていくことが多いですが、体力が有り余っている場合はぬいぐるみを壊すなどのいたずらをすることもあります。成犬期は体力が一番ある時期なので、しっかり運動をしてあげましょう。

シニア期

成犬期をすぎると、シニア期に入ります。シニア期に入る年齢は犬種により異なり、一般的に小型犬・中型犬では7歳程度、大型犬では5歳程度です。
シニア期に入ると、体力や代謝機能、内臓機能などが徐々に低下していきます。睡眠が増え、性格も落ち着いていきます。

運動量も減るため、シニア用のドッグフードに変更しましょう。カロリーオーバーの食事を続けることで、肥満になりやすくなるため食事内容には注意が必要です。

シニア犬におすすめのドッグフードをご紹介

シニア期に入ると、徐々に体力が落ち、睡眠時間が長くなっていきます。シニア期に入ったばかり頃は成犬期とあまり変わりないように見えますが、代謝や内臓の機能なども徐々に低下していきます。そのため、シニア期では、シニアに合ったドッグフードを与えることがおすすめです。
ここでは、シニア犬におすすめのドッグフードについてご紹介します。

アーテミス フレッシュミックス ウエイトマネジメント&スモールブリードシニア

アメリカ産のシニア用ドッグフードです。シニア犬に多く見られる関節・骨のリスク予防のためにグルコサミンやコンドロイチンを配合しています。シニア犬のために、摂取カロリーの調整や栄養補助成分なども豊富に含まれています。さらに、人間が口にできるレベルの食材を使用して作られているため、高品質で安心して愛犬に与えられます。


アーテミス フレッシュミックス ウエイトマネジメント&スモールブリードシニア

SOLVIDA グレインフリー チキン 7歳以上用

穀物アレルギーの犬に配慮して作られた、グレインフリーのドッグフードです。消化吸収に優れたタンパク源を主原料にしているため、筋肉の維持やお腹にも優しくなっています。脂肪とカロリーを控えめにしているため、肥満になりにくいよう配慮されています。原材料には、厳しい基準をクリアした食材を使用しています。


SOLVIDA グレインフリー チキン 7歳以上用

アカナ シニアドッグ

カナダ産の新鮮な食材を使用し作られたシニア用ドッグフードです。タンパク質も豊富に含まれているので、シニア犬に必要な栄養素をしっかり与えることができます。人工の酸化防止剤などは使用していません。オメガ6、オメガ3、グルコサミンやコンドロイチンなど、シニア犬に嬉しい栄養成分も含まれています。


アカナ シニアドッグ

アーテミス アガリクスI/S

アガリクス茸を配合したドッグフードです。アガリクスはβグルカンを豊富に含んでおり、体の健康をサポートし、体力維持などに効果が期待できます。オメガ6、天然ビタミンなども配合しており、シニア犬の体を健康に維持できるようにサポートしてくれます。全年齢対応のドッグフードになっているので、幼犬期から与えることができます。


アーテミス アガリクスI/S

最後まで愛情を持って

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、犬の年齢の計算方法やシニア犬は何歳からなのか、シニア犬におすすめのドッグフードについてご紹介しました。犬は最初の1年半で人間に換算すると約20歳年をとります。それ以降は毎年4歳ごと歳をとっていくため、緩やかに成長していきますが、人間と比べるとそのスピードは早いものです。

犬と過ごす1日はとても大切な時間ですが、あっという間にすぎてしまいます。できるだけ犬と一緒に過ごす時間をとり、犬が穏やかに生活できるようにしてあげることをおすすめします。

参考サイト

・goody-pet 楽天市場店 (参照日:2022-01-12)
https://item.rakuten.co.jp/goody-pet/813369001980/

・暮らし健康ネット館 (参照日:2022-01-12)
https://item.rakuten.co.jp/kurashikenkou/7112975/

・ペッツビレッジクロス~ペット通販(参照日:2022-01-12)
https://item.rakuten.co.jp/kurosu/10022267/

・犬想い (参照日:2022-01-12)
https://item.rakuten.co.jp/inuomoi/8133690066451/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事