冬はうさぎにもヒーターが必要?寒さ対策の方法と必要性・注意点

うさぎは本来、暑さよりも寒さに強いとされますが、家庭内で飼育している場合は寒さへの対策も必要です。ここでは、うさぎの寒さ対策について、ヒーターの必要性や使用時の注意点をご紹介します。 2021年11月26日作成

  • ペット - うさぎペット - うさぎ
  • VIEW:3,886

どうしてうさぎに寒さ対策が必要なの?

出典:https://www.shutterstock.com

寒さに比較的強いとされるうさぎも、寒さによって体調を崩すことはあります。全身が毛に覆われていても、やはり寒さは感じます。寒くてストレスになったり、低体温になったりすると、胃腸の働きが低下して体調を起こすことも。

特に、家庭内で飼われている場合、多くは単体です。複数一緒にいれば、お互いに体を寄せて多少の寒さはしのげますが、単体ではそれをすることもできません。さらに、冬の終わりや夏の終わりといった急激に気温が変化しやすい時期は、温度変化もストレスにつながります。こうした急激な気温の変化に備えて、できるだけ温度を一定に保てるような配慮が必要です。

うさぎが心地よい温度とは?

さて、それではうさぎが気持ち良いと思える適温はいくらくらいなのでしょうか。一般的に、うさぎにとっての適温は18度~24度、湿度は40~60%がちょうど良いとされます。厳しい寒さや暑さには家電などで対応する必要があるかもしれませんが、季節の変わり目にはちょっとした工夫で対応してあげることも可能です。

うさぎの寒さ対策

出典:https://www.shutterstock.com

うさぎは、寒さや暑さを感じてもそれを人間に上手に伝えることはできません。室温や湿度をみながら、臨機応変に対策をしてあげる必要があります。

ケージを毛布等で覆う

ちょっと寒くなってきたかな、という時期には、毛布などでケージを覆ってあげるだけでも大丈夫でしょう。毛布以外にも、厚手の布やタオルケット、ケージカバー、段ボールなどが使えます。暗い環境はうさぎにとっても安心感が得られるというメリットもあります。ただし、通気性が悪くなり湿度が上がるため、隙間を設けて空気の通り道をつくりましょう。昼間は被せず夜だけ覆ってあげるのもおすすめです。

巣箱を入れる

うさぎの大きさにちょうど良い巣箱を入れてあげると、冷たい空気から守りうさぎ自身の体温で暖かい空間をつくることができます。巣箱は、様々な素材のものが販売されていますが、誤食を防ぐという観点からうさぎ用につくられたものがおすすめです。

暖房機器で暖める

エアコンやストーブなどで部屋全体を暖めると、うさぎがケージから出て活動する際も常に良い室温が保たれるためおすすめです。しかし、火気のある暖房機器をつけっぱなしにするのは、換気不足になったり暑すぎたり、火事になったりする危険もあるため、つけっぱなしにするならエアコンを選びましょう。

電気ヒーターを使う

エアコンのつけっぱなしは、電気代がとにかくかかります。そこで、よく選ばれるのがマット型の電気ヒーターです。温度調節ができるもの、裏と表で温度が違うもの、遠赤外線でケージの外から温めるものなど豊富にあります。電気コードをかじって事故にならないように、しっかりとコードが保護してあるものがおすすめです。

うさぎ用電気ヒーターの種類

ボードタイプ

よく使われているのが、うさぎが直接乗って暖をとれるボードタイプです。うさぎ自身が必要に応じて乗ったり降りたりしながら体温調節ができます。しかし、高齢のうさぎや病気の治療中のうさぎは、反応が鈍いことも多く、そのまま寝て低温やけどを負うリスクも高まります。また、若いうさぎでも、気に入らなければ使ってくれません。電源コードは保護されているものが多いですが、中にはうさぎの噛む力に耐えられず破壊される恐れも無視できません。

電球タイプ

保温球にカバーをかけ、ケージに固定して使用します。温める力は強く、短時間でケージ内の温度をあげることができますが、カバーをしていても高熱になるためうさぎが触れると火傷の危険性があります。また、狭いケージ内は暖かくなりすぎて熱中症の危険もあります。とても寒い時に、一時的に使用して速やかに暖める場合に役立ちます。

遠赤外線タイプ

ケージの外側から、遠赤外線でじんわりと温めることができるタイプです。低温火傷も起こりにくく、コードをかじられる心配もありません。サーモスタット機能により、暑くなりすぎることはなく、飼い主が留守をしている間の防寒にも適しています。

うさぎ用のヒーターを使う際の注意点

うさぎ用ヒーターは、寒い時期のうさぎを守る便利なアイテムです。しかし、暑すぎて熱中症や火傷をしないように気を配る必要はあります。使うアイテムにもよりますが、大事なのはうさぎ自身が暑いと感じた時に逃げられる場所を確保しておくことです。そして、いつでも美味しい水が飲めるようにしておくことが大事です。
気候をみながら、ヒーター以外の寒さ対策とあわせて行っていくこともポイントでしょう。いきなり防寒対策でマックス装備をするのではなく、季節の変わり目から徐々に適した方法で暖をとってあげましょう。

おすすめのうさぎ用ヒーター4選

ほっとうさ暖 リバーシブルヒーターLLサイズ

大きめのうさぎものびのび暖まる、大きめのヒーターです。リバーシブルタイプなので、しっかりと暖めたい時と優しく暖めたい時とで使い分けることができます。コード全体がイタズラ防止用にカバーされています。


ほっとうさ暖 リバーシブルヒーター LLサイズ

ほっとうさ暖 寄りそいヒーター

こちらもマットタイプのヒーターですが、九の字に折れ曲がる仕様で、底と横との両方から体を温めることができます。うさぎがくつろぎやすいよう、ゆるやかなカーブで包み込んでくれるのも魅力です。


ほっとうさ暖 寄りそいヒーター

遠赤外線マイカヒーターⅡ

サーモ付きの遠赤外線ヒーターと、専用のステンレスホルダーがセットになっています。IC制御のサーモスタットにより、確実に温度コントロールが行われるため安心です。スタンドの部分を取り外せば、ケージにひっかけて使用することも可能です。最大消費電力は60Wで、丸1日付けていても月の電気代は千円以下という、お財布に優しいのもポイントでしょう。


遠赤外線マイカヒーターⅡ

外付けワイドヒーター

ケージの外に取り付けるタイプのヒーターで、光を出さないため夜でも快適に使用できます。熱中症や低温やけどが心配なうさぎにも、使いやすい仕様となっています。縦・横両方から設置できます。


外付けワイドヒーター

うさぎが快適に過ごせる環境を整えよう

出典:https://www.shutterstock.com

うさぎの寒さ対策は、本格的な冬を迎える前から行うことが大事です。いきなりヒーターを使うというよりは、ケージカバーや巣箱、マットなどで季節の変わり目も快適に過ごせるようにしてあげることが大事です。これまで、エアコンや石油ストーブに頼ってきた方は、うさぎ用の電気ヒーターを検討し、留守中は無駄な電気の消費を抑えつつ快適な環境を目指しても良いのではないでしょうか。

参考サイト

にゃんでも屋 楽天市場店(参照日2021-10-25)
https://item.rakuten.co.jp/nyandemoya/marukan-4906456556794/

美活コスメ応援部 BIKACO(参照日2021-10-25)
https://item.rakuten.co.jp/guruguru-ds2nd/4906456563549/

小動物専門店ヘヴン(参照日2021-10-25)
https://item.rakuten.co.jp/heaven/4836/

うさうさラビトリー(参照日2021-10-25)
https://item.rakuten.co.jp/seiranen/10003863/

著者情報

こば

小さな頃から保護された犬や猫を迎えて生活。現在は黒猫の「ジジ」に翻弄されながら、発見と感動の毎日を送っています。
実体験を振り返りつつ、飼い主さんの役に立つような情報を分かりやすく記事にすることを目標にしています。

オススメ

新着記事