猫を育てるにはなにを準備すればよい?飼育の基本も解説

猫は、犬と並んで人気のペットとして挙げられます。
「いつか猫を飼ってみたい!」と、考える人も多いのではないでしょうか。
この記事では、猫を育てる前に準備しておくことや、猫の飼育の基本を解説します。 2021年10月26日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:1,812

猫を迎える前に準備しておくことは?

出典:https://www.shutterstock.com

まずは、猫を育てる前に準備しておくことについてご紹介します。
ペットショップで可愛い猫を見たからといって、決して衝動買いをしないようにしましょう。

猫の身の回りのものを事前に用意しておく

まずは、猫を飼育する上で必要となるものを揃えましょう。

毎日食べるキャットフードやそれを入れる食器、猫用トイレや猫砂などが挙げられます。
キャットフードは、猫の健康を維持しなければならないため、かならず総合栄養食と記載されているものを選びましょう。
食器はなんでも大丈夫ですが、陶器などの割れやすい素材は避けたほうがよさそうです。

猫用トイレはさまざまな種類がありますが、はじめのうちは高さのない猫が入りやすいものを選びましょう。
ちなみに、トイレに敷く猫砂にもたくさんの種類があるため、悩んでしまう人もいるはずです。
猫によって好みもあるため、最初は何種類か試してみて猫が気に入ったものを使用することをおすすめします。

また、部屋のスペースに余裕があるのであれば、高さのある猫用ケージも用意するとよいでしょう。
子猫であれば、はじめのうちはケージに入れておくことで、さまざまな事故から猫を守ることができます。

寝床を用意する

猫が落ち着いて過ごすことができるように、専用の寝床を用意してあげるとよいでしょう。
特に寒い時期には、温かさのある素材のベッドを用意することで、猫はゆっくりと寝ることができます。

グルーミング用品

猫の被毛や皮膚をきれいに保つことができるように、グルーミング用品も準備しておきましょう。
短毛の猫であればラバーブラシ、長毛の猫はスリッカーブラシを使用します。
猫は水に濡れることが苦手なので、嫌がるようであればシャンプーは無理にしなくてもよいでしょう。

キャットタワー・おもちゃ

猫は高い場所に上ることが好きな動物であるため、キャットタワーはかならず設置してあげましょう。
子猫のころは高い場所に上ることができずに、キャットタワーがあっても使用する機会はないはずです。
はじめのころは猫用ケージに付属している足場でよいでしょうが、成長に合わせてキャットタワーを設置することをおすすめします。
また、おもちゃで猫と遊ぶことは、運動不足解消はもちろん飼い主とのコミュニケーションにもなるため、1つは用意しておきましょう。

爪とぎ

猫のために爪とぎを設置していなければ、猫は壁紙や柱などで爪とぎをしてしまうでしょう。
キャットタワーに爪とぎが付いているものもありますが、可能な限り爪とぎはいろいろな場所に設置することをおすすめします。
もしも賃貸住宅であれば、爪とぎ防止のシートを壁紙に貼るのもよいでしょう。

猫の飼育の基本

出典:https://www.shutterstock.com

次に、猫の飼育の基本についてご説明します。
気になる人が多い、食事やしつけについても見ていきましょう。

猫にとって危険なものは置かない

当然のことですが、猫には言葉が通じないため「これは食べちゃダメだよ」と言っても理解してはくれません。
そのため、猫にとって危険なものは常に猫の手の届かない場所に避けておく必要があります。

具体的な例を出すと、電源コードなどでしょう。
猫がコードを噛んでしまうと漏電や感電に繋がり、大変危険です。
そのため、猫がコードを噛まないようにカバーを付けるなど、しっかりと対策をしなければなりません。
もちろん、猫が誤飲する可能性のある食べ物や小さな置物なども、閉まっておきましょう。

食事

私たち人間と同様に、猫にとっても食事は健康を維持するために欠かせないものです。
キャットフードは、総合栄養食と記載されているものを選んで、適正量を与えましょう。
適正量の目安は、キャットフードのパッケージに記載されているはずです。
食事の回数は、基本的に朝晩2回です。
しかし、消化器官の発達していない子猫や消化器官の弱ったシニア猫は、1日3~4回に分けて食事を与えることをおすすめします。

また、飲み水は常に補充して、新鮮なものをいつでも飲めるようにしておきましょう。
飲み水がないと、暑い時期の熱中症の原因になることもあります。
猫が水の入った食器をひっくり返してしまわないように、安定感のある食器を選びましょう。

しつけ

猫は犬と違い、基本的にしつけは必要ありません。
しかし、トイレを失敗しないことや壁で爪とぎをしないことなどは、快適に生活をする上で猫に守ってもらう必要があります。
それらをするためには、しつけではなく猫が生活しやすい環境を整えてあげることが大切です。
トイレは出入り口がわかりやすくて使いやすいものを選ぶ、壁には爪とぎ防止シートを貼るなど、猫の問題行動はしっかりと予防することができます。
また、人見知りの猫に育たないように、小さな頃からさまざまな人と触れ合わせるとよいでしょう。

猫の飼育に最低限必要なグッズ4選

出典:https://www.shutterstock.com

最後に、猫の飼育に最低限必要なグッズをご紹介します。
キャットフードや食器のほか、これらのものを準備しておけば猫を飼うことができるでしょう。

デオトイレ 快適ワイド 本体セット

トイレ本体と猫砂、そしてトイレシートがセットになった猫用トイレです。
猫砂とトイレシートにより、猫のおしっこのにおいをしっかりと取り除いてくれます。
また、高さのある壁によって猫砂の飛び散りもある程度抑えることができるでしょう。


デオトイレ 快適ワイド 本体セット

トイレに流せる木製猫砂

猫用トイレに使用する猫砂は、これがおすすめです。
ひのきのよい香りでしっかりと消臭してくれるため、部屋におしっこのにおいが広がるのを防いでくれます。
また、トイレに流せて後始末もとても楽です。


トイレに流せる木製猫砂

MWPO キャットタワー モロ

162cmでしっかりした高さのある、キャットタワーです。
ハンモックや隠れ家など、猫が喜ぶ機能がたくさん付いています。
また、柱部分は爪とぎになっているため、猫はキャットタワーひとつでさまざまなことができるでしょう。


MWPO キャットタワー モロ

猫じゃらし11点セット

握りやすいグリップでおもちゃを動かしやすい、釣り竿タイプの猫じゃらしです。
付け替え可能なおもちゃは10種類用意されているため、猫が飽きることもないでしょう。
この猫じゃらしを使用して、猫とコミュニケーションをとることをおすすめします。


猫じゃらし11点セット

しっかりと準備をして猫との快適な生活を!

出典:https://www.shutterstock.com/

どんな動物でも家に迎え入れる際には、事前にしっかりと準備をしなければなりません。
猫の場合はキャットフードはもちろん、キャットタワーやグルーミング用品など、多くのものを買い揃える必要があります。
ペットショップで見かけた猫が可愛いからと、準備もせずに衝動買いをしてしまっては、猫にとっても迷惑です。
猫を飼いたいのであればしっかりと準備をして、飼い主と猫が快適に生活できるようにしましょう。

参考サイト

コーナンeショップ(参照日:2021-10-01)
https://item.rakuten.co.jp/kohnan-eshop/4520699689790/

よろずやマルシェ(参照日:2021-10-01)
https://item.rakuten.co.jp/onestep/pec006/

Mwpo(参照日:2021-10-01)
https://item.rakuten.co.jp/ohamakaguya/mwpo-130/

パープルセブン(参照日:2021-10-01)
https://item.rakuten.co.jp/purple7/cattoy-lod/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事