正しい犬の抱っこの仕方、知ってる?注意点についても解説

犬を抱っこすることは、犬とのコミュニケーションになることはもちろん、シニア犬となったときに介護をする際にも必要です。
そのため、正しい犬の抱っこの仕方を覚えておくことをおすすめします。
この記事では、正しい犬の抱っこの仕方と注意点について解説します。 2021年08月05日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:11,490

正しい犬の抱っこの仕方

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは本題である、正しい犬の抱っこの仕方についてご説明します。
犬が嫌がらないように、「抱っこしてもらえて嬉しい!」と思ってもらえるような抱っこの仕方を覚えましょう。

小型犬の抱っこの仕方

小型犬を抱っこする際は、まず飼い主は前かがみの姿勢になりましょう。
そして犬の身体の側面からお腹にかけて、片手をくぐらせます。
もう片方の手を犬の股の間を通して、お腹を支えましょう。
そのまま犬が地面と平行になるようにして、立ち上がります。
最後に、犬と身体を密着させるように脇を締めて完了です。

中型犬の抱っこの仕方

中型犬を抱っこするときにも、小型犬と同様に犬の身体の側面からお腹にかけて片手をくぐらせましょう。
この際には、立ちやすいように立ち膝の姿勢になることがおすすめです。
そしてもう片方の手は、犬のお尻から太ももを支えるように抱きかかえます。
そのまま立ち上がり、犬の身体を密着させるように抱っこをしましょう。
犬が暴れて落ちてしまわないように、しっかりと犬の側面に入れた手を固定することが大切です。

大型犬の抱っこの仕方

大型犬は体重が重いため、正しく抱っこをしなければ飼い主の腰を痛めてしまいます。
大型犬を抱っこする際は、両手で犬の身体の側面に手をくぐらせましょう。
そして抱っこした犬の外側の手足の付け根を掴んで、そのまま持ち上げます。
犬が立っているような姿勢で抱っこをすることで、犬の身体への負担を減らすことが可能です。

犬を抱っこする際の注意点

出典:https://www.shutterstock.com/

次に、犬を抱っこする際の注意点について解説します。
これらの注意点を守らなければ、犬の身体に負担をかけてしまうこともあるでしょう。

人間の子どものように抱っこをしない

私たち人間が子どもを抱っこするときは、脇の下に手を入れてそのまま持ち上げるように抱っこをするでしょう。
しかし、この抱っこの仕方は犬にとって身体の負担が大きくなります。
犬の関節を傷める原因にもなるため、人間の子どものように抱っこをするのはやめましょう。

無理やり抱っこをしない

子犬の頃に抱っこされ慣れていない犬は、抱っこをさせるのを嫌がる傾向にあります。
無理やり抱っこをしようとすると、犬が暴れてしまい落下をするなど、怪我の原因にもなるでしょう。
そのため、抱っこされ慣れていない犬を無理やり抱っこするのはやめたほうがよいです。

徐々に抱っこが好きになるように、まずはスキンシップからはじめてみてはいかがでしょうか?
また、大人しく抱っこをされた後にご褒美を与えることで、犬は抱っこをされることに抵抗がなくなる可能性もあります。

抱っこをするタイミングに気を付ける

犬を抱っこする際は、タイミングに気を付けましょう。
例えば横断歩道を渡るときなど、犬にとって危険が及ぶ可能性がある場合には抱っこをしても問題はありません。
しかし、犬がほかの人や犬に吠えたときに抱っこをするのは避けたほうがよいです。
なぜなら、犬は「吠えたら抱っこしてもらえる」と理解するようになるため、無駄吠えの原因にもなるからです。
そのため、犬を抱っこするのは犬が大人しくしているときに限りましょう。

おすすめの犬の抱っこ紐(スリング)4選

出典:https://www.shutterstock.com/

犬が抱っこされることに慣れたら、抱っこ紐「スリング」を使用してみてもよいでしょう。
最後に、おすすめの犬用のスリングをご紹介します。
スリングにはさまざまな種類がありますが、今回はなるべく犬の身体の負担にならないようなスリングを選びました。

snowdrop オリジナルスリング

一見小さめに見えますが、犬と密着できるように考えて作られたスリングです。
丸めると缶ジュースと同じくらいのサイズになるため、持ち歩きも楽にすることができます。
フィット感が、犬の背中や腰の負担を軽減させることに繋がるでしょう。


snowdrop オリジナルスリング

4 LAZY LEGS スリングバッグ

オランダのペットブランドの犬用スリングです。
カジュアルでありながら実用性にも優れており、15kgまでの犬に対応しています。
飛び出し防止用のフックも付いているため、安心して使用することができるでしょう。


4 LAZY LEGS スリングバッグ

オリジナルドッグスリング

10kgまでの犬に対応しているスリングです。
外側は丈夫な綿生地、内側は肌触りのよいメッシュ生地を使用しており、耐久性は抜群です。
使いやすいサイドポケットも付いているため、散歩用の小物を持ち歩くこともできます。


オリジナルドッグスリング

snowdrop メッシュネット付きオリジナルスリング

さまざまな犬に対応可能な、サイズの調節ができるタイプのスリングです。
付属のメッシュネットを犬の顔にかけることで、ストレスを軽減することが期待できます。
また、腰の負担が心配な犬種のために、横抱きにしても使用可能なのが嬉しいポイントです。


snowdrop メッシュネット付きオリジナルスリング

犬は正しく抱っこして身体の負担を少なくしましょう

出典:https://www.shutterstock.com/

犬を抱っこするときには、正しく抱っこしなければ犬の身体に負担がかかってしまいます。
特に人間の子どもを抱っこするような感覚で抱っこをしてしまうと、犬の腰に大きな負担がかかります。
そのため、基本的には犬を横向きにするように抱っこをしましょう。
犬が嫌がらないようにするには、安定感が大切です。
なるべく犬と身体を密着させることで、安定感はもちろん、犬も安心するため抱っこを嫌がらなくなるでしょう。

参考サイト

snowdropPlus(参照日:2021-07-05)
https://item.rakuten.co.jp/snowdrop/da017/
https://item.rakuten.co.jp/snowdrop/sd162/

Inuya(参照日:2021-07-05)
https://item.rakuten.co.jp/inuya/db-101/

SmileDog726(参照日:2021-07-05)
https://item.rakuten.co.jp/smiledog726/10000001/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事