おすわりを1日でマスター!?犬のおすわりのしつけ方法

犬のしつけの基本ともいえる、おすわり。
おすわりは、犬が興奮したときに落ち着かせる方法としても効果的です。
この記事では、誰でも簡単にできる、犬のおすわりのしつけ方法について解説します。 2021年06月30日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬のしつけ犬のカテゴリ - 犬のしつけ
  • VIEW:912

犬のおすわりのしつけ方法

出典:https://www.shutterstock.com

おすわりを正しく教えることで、犬はしつけに対して自信を持って取り組んでくれるようになります。
まずは本題である、犬のおすわりのしつけ方法について見ていきましょう。

犬にコマンドを出す

しつけは、コマンドから始まります。
コマンドとは、犬に対する命令のことです。
おすわりの場合は、「おすわり」や「すわれ」、「sit」などがコマンドとして挙げられます。
まずは、犬に大きな声で「おすわり」とコマンドを出しましょう。
すると、何もしつけをされていない犬であれば、飼い主が何をいっているのかわからずにキョトンとするはずです。
何も知らないうちは、それで問題ありません。

犬をおすわりの姿勢に誘導する

犬にコマンドを出したあとは、犬をおすわりの姿勢に誘導しましょう。
簡単な誘導の仕方といえば、手におもちゃやおやつを持ってそれを犬の頭の上に持っていくことです。
そうすると、犬は頭上にかかげられたおもちゃやおやつを見ようとして、自然とおすわりの姿勢になります。
そこでおすわりの姿勢になったら、しっかりと褒めてあげましょう。

犬をおすわりの姿勢に強制する

犬を誘導しても、ぴょんぴょんと跳ねておすわりの姿勢にならない犬もいます。
その場合には、強制的におすわりの姿勢にしましょう。

強制的におすわりの姿勢にするには、犬の首輪を掴みながらお尻を軽く叩きます。
それと同時に首輪を持った手を少し上げることで、おすわりの姿勢になるはずです。
強制的でありながらも、犬がおすわりの姿勢になったら褒めてあげましょう。
ここで大切なのは、強制をしたときには誘導をしたときよりも大袈裟に褒めてあげることです。
強制は、犬に少なからずストレスがかかります。
しかし、思い切り褒めてあげることで、犬はストレスを忘れて褒められた喜びに満たされるでしょう。

犬のおすわりのしつけをする際のコツ

出典:https://www.shutterstock.com/

次に、犬のおすわりのしつけをする際のコツについてご説明します。
しつけのコツさえつかめば、犬はおすわり以外にもさまざまなしつけを覚えてくれるでしょう。

褒めるときは思い切り褒める

犬がおすわりを成功したときには、思い切り褒めてあげましょう。
頭を撫でながら「よしよし」というのではなく、手を広げて走り回り、大きな声で「すごい!えらい!」などと褒めてあげます。
はじめのうちは恥ずかしいかもしれませんが、大袈裟に褒めることで犬は褒められたことを実感して、高いモチベーションでしつけに取り組んでくれるはずです。

ごほうびは褒めた後に

よく見るのが、犬にごほうびのおやつを与えてから褒めるしつけです。
これは、犬のしつけの覚えが悪くなるのでやめましょう。

しつけの順序は「コマンド」→「成功」→「褒める」→「ごほうび」が理想です。

先にごほうびを与えてしまうと、犬はおすわりをしておやつをもらっただけという認識になるでしょう。
しかし思い切り褒めた後にごほうびを与えることで、犬はおすわりをして飼い主が喜んだ、飼い主が喜んだらおやつをもらえたと、褒められたことを理解するようになります。

犬が自ら行動するまで待つ

これもよく見ますが、誘導をしながら犬にコマンドを出すのはやめましょう。
人差し指を口元に当てて「おすわり」というコマンドを出す人もいますが、その手の動作は無意味です。
むしろ、その手の動作もセットになってコマンドになってしまいます。
そうすると、犬は声だけのコマンドでは反応しなくなるでしょう。

しつけは自己満足ではなく、知らない人や犬に迷惑をかけないために、しっかりと行わなければなりません。
そのため、犬にコマンドを出した後に犬が何か考えているようであれば、それを見守ってあげましょう。

何か考えているときに、おそるおそるおすわりの姿勢になることもあるかもしれません。
その瞬間が、はじめてしつけが成功した瞬間になります。
コマンドに反応して犬が行動したときは、いままで以上に褒めてあげましょう。

しつけのごほうびにおすすめの犬用おやつ4選

出典:https://www.shutterstock.com

犬のしつけをする上で、ごほうびを欠かすことはできません。
犬にしつけのモチベーションを高く保ってもらうためにも、これらのごほうびを用意しておきましょう。

トッピングキューブ

牛肉ベースの生地に、チーズの旨みをプラスしたおやつです。
チーズの香りで、犬はモチベーションを高くしつけに取り組んでくれるでしょう。
保存料や合成着色料、発色剤や酸化防止剤を使用せずに作られているため、安心して犬に与えることができます。


トッピングキューブ

鹿肉ジャーキー チップタイプ

低脂肪・高たんぱくの鹿肉ジャーキーもおすわりのしつけのごほうびとしておすすめです。
しつけでは、ごほうびとして何度もおやつを与えるため、肥満を心配する人もいるでしょう。
この鹿肉ジャーキーであれば、肥満の心配をせずに与えることができるはずです。


鹿肉ジャーキー チップタイプ

やわらかおやつのおたのしみセット

ビーフステーキやまぐろキューブ、ササミチーズバーなど5種類のおやつのセットです。
さまざまな種類があるため、おやつに飽きることもないでしょう。
おやつはしつけのモチベーションに直結するため、いろいろな味がセットになったこのおやつはおすすめです。


やわらかおやつのおたのしみセット

国産おやつ チキンジャーキー

800gの大容量のチキンジャーキーです。
細切タイプのため、小型犬にも与えることができるでしょう。
また、しつけのごほうびは小さくても問題ないので、小さくちぎってから与えるのもおすすめです。


国産おやつ チキンジャーキー

犬のしつけはとても簡単!

出典:https://www.shutterstock.com

犬のしつけは、コツをつかめばすぐに教えることができます。
おすわりのしつけで自信がつくと、犬はほかのしつけにも喜んで取り組んでくれるでしょう。
おすわりのしつけは、飼い主次第で覚えるスピードが大きく変わります。
特に褒めるときには、プライドを捨てて思い切り褒めてあげましょう。

参考サイト

Pets Village(参照日:2021-05-28)
https://item.rakuten.co.jp/kurosu/33121272ku/

淡路アグリファーム(参照日:2021-05-28)
https://item.rakuten.co.jp/awaji-agrifarm/10000012/

ペット食彩館(参照日:2021-05-28)
https://item.rakuten.co.jp/petshoku/10019507/

Pet館(参照日:2021-05-28)
https://item.rakuten.co.jp/dog-kan/1231740/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事