猫がエリザベスカラーを嫌がる!注意点や対処方法を解説

手術後に猫が傷口を舐めないようにするための、エリザベスカラー。
エリザベスカラーは、皮膚炎の治療中などにも使用されるグッズですが、猫が着用を嫌がることがあります。
この記事では、猫にエリザベスカラーを着用する際の注意点や、着用を嫌がる時の対処方法を解説します。 2024年06月07日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の健康ケア猫のカテゴリ - 猫の健康ケア
  • VIEW:118

猫にエリザベスカラーを着用する際の注意点

出典:https://www.shutterstock.com/

猫にエリザベスカラーを着用する際は、いくつかの注意点があります。
注意点を守らなければ猫を危険にさらしてしまう可能性もあるため、必ずチェックしておきましょう。

首まわりをきつく締めすぎない

エリザベスカラーは、傷口を守るために付けられるものなので、猫の首から簡単に外れてしまっては意味がありません。
しかし、エリザベスカラーが外れないようにするためにきつく締めてしまうと、猫の大きなストレスとなってしまいます。
当然ながらエリザベスカラーはそれなりに重みがあるため、どんな付け方をしても猫のストレスにはなってしまうでしょう。
少しでも猫のストレスが軽減されるように、エリザベスカラーはきつすぎず緩すぎず着用しなければなりません。

室内をきれいにする

エリザベスカラーは、猫の視界を大きく遮ってしまいます。
そのため、部屋が散らかっていると、エリザベスカラーが当たって猫のストレスや怪我の原因になってしまうでしょう。
猫にエリザベスカラーを着用する際は、事前に室内をきれいにすることが大切です。

食器を見直す

エリザベスカラーを着用していると、エリザベスカラーが食器に当たってうまく食事や水を飲むことができなくなります。
そのため、猫にエリザベスカラーを着用する際は食器を見直す必要があるでしょう。
また、食器の置き場所も考えなければなりません。
食器を猫の顔の高さくらいの台に設置することで、猫はエリザベスカラーを着用していても食事がしやすくなるでしょう。

猫がエリザベスカラーを着用している時は目を離さない

エリザベスカラーは、どこかに引っかかって猫の首が絞まってしまうなど、思わぬ事故の原因になります。
そのため、猫がエリザベスカラーを着用している時は、目を離さないようにしましょう。
もしも飼い主が外出する時には、エリザベスカラーがぶつかりにくい広めのケージに猫を入れておくことをおすすめします。

猫がエリザベスカラーを嫌がる時の対処方法

出典:https://www.shutterstock.com/

猫によっては、エリザベスカラーを嫌がることもあります。
そんな猫には、どうやって対処をすれば良いのでしょうか?

軽い素材のエリザベスカラーにする

通常のエリザベスカラーはプラスチック製のため、はじめて着用する猫にとっては首に負担となりますし、ストレスの原因にもなります。
エリザベスカラーの重みを猫が嫌がる場合は、布でできた柔らかいタイプのエリザベスカラーを着用させると良いでしょう。
布素材のエリザベスカラーは、プラスチック製よりも衛生面は劣りますが、動きやすいというメリットがあります。

サイズを見直す

猫がエリザベスカラーを嫌がるのは、サイズが合っていないからかもしれません。
サイズがぴったりと合っているエリザベスカラーは、猫が動いても激しく揺れるようなことはありません。
もしもエリザベスカラーのサイズを見直したいのであれば、一度獣医師にチェックしてもらった上で、適切なサイズのエリザベスカラーに変更すると良いでしょう。

どうしても嫌がる場合は食事の時のみ外す

猫がエリザベスカラーをどうしても嫌がる場合は、獣医師と相談した上で食事の時のみ外すのも良いでしょう。
基本的に、エリザベスカラーは獣医師からの許可が出るまでは一切外すことができません。
しかし、エリザベスカラーの着用が猫にとって大きなストレスとなっているのであれば、一度獣医師に相談してみることをおすすめします。

ソフトタイプのエリザベスカラー4選

出典:https://www.shutterstock.com/

ハードタイプのエリザベスカラーは、重みがあるため嫌がる猫もいるでしょう。
最後に、ソフトタイプのエリザベスカラーをいくつかご紹介します。

ソフトタイプのエリザベスカラー(1)エリザベスカラー ペット用

メッシュとEVA素材の、エリザベスカラーです。
とても柔らかく、猫の首にも負担がかかりにくいでしょう。
また、可愛らしいデザインなのもポイントです。


エリザベスカラー ペット用

ソフトタイプのエリザベスカラー(2)柔らかいエリザベスカラー

柔らかくて軽い、エリザベスカラーです。
透明になっているため、猫の視界を遮る心配もありません。
はじめてエリザベスカラーを使用する猫でも、ストレスがかかりにくいでしょう。


柔らかいエリザベスカラー

ソフトタイプのエリザベスカラー(3)かわいいお花のエリザベスカラー

お花柄の、可愛らしいエリザベスカラーです。
EVA素材でできているため、とても軽いのが特徴です。
また、通気性にも優れており暑い時期でも問題なく着用できるでしょう。


かわいいお花のエリザベスカラー

ソフトタイプのエリザベスカラー(4)エリザベスカラー 超軽量

柔らかくて肌に優しい、エリザベスカラーです。
Mサイズで約50gのため、猫の首にも負担がかかりにくいでしょう。
また、マジックテープに幅があるため、多少のサイズ調整も可能です。


エリザベスカラー 超軽量

猫にエリザベスカラーをストレスなく着用させよう

出典:https://www.shutterstock.com/

エリザベスカラーは、猫の傷口や怪我を守るために大切なグッズです。
しかし、使用方法を間違えると猫の怪我やストレスの原因となってしまいます。
また、猫によってはエリザベスカラーを嫌がることもあるでしょう。
エリザベスカラーを嫌がる猫には、ソフトタイプの使用がおすすめです。
飼い主としてできる限りのことをして、エリザベスカラーを嫌がる猫にもストレスがかかりにくくしましょう。

参考サイト
GENTiL(参照日:2024-04-03)
https://item.rakuten.co.jp/kyoujudou/z-203/

nekozuki(参照日:2024-04-03)
https://item.rakuten.co.jp/cxc/clearss/

JS U.S.A(参照日:2024-04-03)
https://item.rakuten.co.jp/jsusa/ra50010/

ダブルシスターズ(参照日:2024-04-03)
https://item.rakuten.co.jp/wsisters/sani-softcoll/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事