猫が寝ている時にやってはいけないNG行動とは?

猫は、1日の大半を寝て過ごす動物です。
猫の睡眠を妨害するとストレスの原因にもなるため、飼い主として猫が寝ている時は起こさないように心がけなければなりません。
この記事では、猫が寝ている時にやってはいけないNG行動を解説します。 2023年05月08日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:28,552

猫が寝ている時にやってはいけないNG行動

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは、猫が寝ている時にやってはいけない行動についてご説明します。
猫が心地良く寝られるように、飼い主としてこれらのことに気を付けましょう。

撫でる

人間と同じように、猫も寝ている時には邪魔をされたくないものです。
愛猫の寝顔がとても可愛くて、つい撫でてしまいたくなることもるでしょう。
しかし、寝ている時に撫でられるのは、猫にとってストレスとなる可能性があります。
軽く撫でる程度であれば大丈夫かもしれませんが、なるべくは触れずにそっとしておきましょう。

何度も写真を撮る

猫が寝ていると、その可愛らしい姿を写真に収めたいと考える人も多いでしょう。
ですが、猫が寝ている時の撮影はおすすめしません。
猫が寝ている時に写真を撮ってしまうと、カメラアプリのシャッター音やフラッシュで目が覚めてしまう可能性があります。
また、猫を近くで撮ろうとするあまり、近づいて猫を起こしてしまうこともあるでしょう。
もしも猫の寝顔を撮りたいのであれば、なるべく遠くから静かに撮影をすることをおすすめします。

大きな音を出す

これは当然のことですが、猫が寝ている時は大きな音を出さないようにしましょう。
通常の生活音であれば仕方ないですが、ドアを強く閉める、大きな足音を立てて走り回るなどは避けたほうが良さそうです。
猫は、寝ている時はもちろん、日頃の生活でも大きな音がストレスになります。

抱っこをする

寝ている猫を見ると、そのまま抱っこをしてしまいたい気持ちになるでしょうが、ぐっと我慢しましょう。
寝ている猫を抱っこすると、猫が落ち着いて寝られなくなってストレスの原因になります。
また、猫が抱っこ嫌いになってしまう可能性もあるため、寝ている猫を抱っこするのはおすすめできません。

猫が寝る時に心がけたいこと

出典:https://www.shutterstock.com/

次に、猫が寝る時に心がけたいことを解説します。
猫の睡眠を妨害しないように、これらのことを心がけながら生活しましょう。

そっとしておく

猫が寝ている時には、そっとしておくことが一番良いでしょう。
なるべく静かな環境にしてあげることで、猫はゆっくりと寝ることができるはずです。
猫はマイペースな動物なので、飼い主と遊びたいと考えた時には自ら近づいてきます。
それまでは、テレビの音や生活音に気を付けて、猫の睡眠を妨害しないように気を付けましょう。

キャットタワーを設置する

猫の安眠のために、キャットタワーを設置してあげると良いでしょう。
猫は、高い場所が好きな動物です。
野生の猫は、高い場所で休憩をしたり獲物を探していたりしていたため、飼い猫であっても高い場所は落ち着きます。
若くて元気な猫であれば、高さのあるキャットタワーを設置してあげることで、ゆっくりと寝ることができるでしょう。

猫用ベッドを設置する

猫が気持ち良く寝られるように、猫用ベッドを設置するのもおすすめです。
猫用ベッドがなくても、猫は飼い主が使っているソファやベッドで寝るでしょう。
しかし、猫用ベッドがあることで、猫は自分のにおいがついた場所で安心して寝られるはずです。

おすすめの猫用ベッド4選

出典:https://www.shutterstock.com/

猫が安心して寝られるように、猫用ベッドを設置すると良いでしょう。
最後に、おすすめの猫用ベッドをご紹介します。

necosekai キャット ハンモック

ハンモックタイプの、猫用ベッドです。
フカフカで包まれるように寝られるため、猫は安心するでしょう。
デザイン性が高くカラーも4種類から選ぶことができ、部屋の雰囲気に合わせやすいはずです。


necosekai キャット ハンモック

セシール ペットソファー

オーソドックスなデザインの、猫用ベッドです。
フカフカでボリューム感があるため、猫はゆったりと寝ることができるでしょう。
裏面は滑り止め加工がされており、飛び乗っても滑る心配はありません。


セシール ペットソファー

ねこのおふとん はいるにゃん

狭い場所が好きな猫には、この猫用ベッドがおすすめです。
袋型になっているため、寒い時期でも温かく寝られるでしょう。
中綿は抗菌防臭加工がされており、清潔を保つことができます。


ねこのおふとん はいるにゃん

ドーム型ペットベッド

警戒心の強い猫には、この猫用ベッドがおすすめです。
ドーム型になっているため、まわりの環境を気にせずに寝ることができます。
さまざまなカラーが用意されており、好みに合わせて選ぶことができるでしょう。


ドーム型ペットベッド

猫が寝ている時は邪魔しないで!

出典:https://www.shutterstock.com/

猫が寝ている時は、撫でたり大きな音を出したりしないように気を付けましょう。
また、なるべくは写真を撮らないことをおすすめします。
写真を撮りたい気持ちはわかりますが、シャッター音やフラッシュで猫が起きてしまう可能性もあるでしょう。
そのため、猫が寝ている時はそっとしておきましょう。

猫は構ってほしくなったら、自分から飼い主の下へやってきます。
それまでは、なるべく大きな音を出さずに、飼い主も自分の時間を楽しむことが大切です。
また、猫が安心して寝られるように、キャットタワーや猫用ベッドを設置するのも良いでしょう。

参考サイト
Neco sekai(参照日:2023-03-07)
https://item.rakuten.co.jp/necosekai/mdr-55200/

セシールのコテージ(参照日:2023-03-07)
https://item.rakuten.co.jp/cecilescottage/ce-1003/

ひなたのふとん(参照日:2023-03-07)
https://item.rakuten.co.jp/hinatanofuton/ry0119/

地球問屋(参照日:2023-03-07)
https://item.rakuten.co.jp/auc-r-style/pet03-10-10m/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事