キャットタワーのDIYはできる!メリットと注意点を解説

キャットタワーは、市販のもの以外にDIYをすることもできます。
DIYをすることで、部屋の雰囲気や広さに合わせたキャットタワーができるでしょう。
この記事では、キャットタワーをDIYするメリットや注意点を解説します。 2023年04月18日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:5,000

キャットタワーをDIYするメリットとは?

出典:https://www.shutterstock.com

まずは、キャットタワーをDIYするメリットを解説します。
もちろん市販のキャットタワーでも問題はないでしょうが、市販なりのメリットがあるといえるでしょう。

好きなサイズに設計できる

キャットタワーをDIYする一番のメリットは、好きなサイズに設計できるという点でしょう。
特に身体の大きな猫や多頭飼いをしている場合などは、市販の大型のキャットタワーでも小さいと感じることがあるかもしれません。
しかし、DIYをするとキャットタワーを好きなサイズにすることが可能なので、極端に言えば部屋を横断するほどの巨大なキャットタワーを作ることもできるでしょう。
また、運動能力の低いシニア猫や子猫用に、段差の低いキャットタワーを作ることも可能です。

デザインにこだわることができる

DIYに慣れている方であれば、センス次第でデザイン性の高いキャットタワーを作ることもできるでしょう。
DIYの材料はさまざまな場所で購入することができますが、インターネット通販などにも視野を広げると、おしゃれでデザイン性の高い材料はたくさん販売されているでしょう。
デザイン性の高さを売りにしているキャットタワーでも満足できない人は、DIYにチャレンジするのもおすすめです。

安価に抑えることができる

キャットタワーのDIYの材料は、100円ショップやホームセンターで気軽に購入することができます。
そのため、工夫をすれば市販のキャットタワーよりも安価で作ることができるでしょう。
また、逆に高級な材料を使用すればいくらでも高価なキャットタワーを作ることも可能です。
材料と工夫次第で、予算に合わせたキャットタワーを作ることができるのも、DIYの大きなメリットといえるでしょう。

キャットタワーをDIYする際の注意点

出典:https://www.shutterstock.com

次に、キャットタワーをDIYする際の注意点をご説明します。
注意点を意識して、猫に危険が及ばないようにしましょう。

強度に気を付ける

キャットタワーをDIYする上で、もっとも大切なのが足場の強度です。
どれだけデザイン性の高いキャットタワーにしていても、壊れやすかったら猫の怪我の原因になります。
猫が高い場所から着地した時の衝撃も計算して、しっかりとした土台と足場を作るようにしましょう。

直線の足場を作らないようにする

部屋を横断するようなデザインのキャットタワーをDIYしたとしても、直線の足場は作らないようにしましょう。
直線の足場を作ってしまうと、猫がその上を走る可能性があります。
足場を走ることは、当然ながら猫の落下や怪我に繋がるため、注意しなければなりません。

適度な高さにする

キャットタワーをDIYする時は、「どうせなら高い場所が好きな猫のために、高さのあるキャットタワーを作りたい」と考える人もいるかもしれません。
しかし、キャットタワーのDIYは、適度な高さにすることをおすすめします。
適度な高さでなければ、メンテナンスが行き届かなくなってしまいます。
メンテナンスを怠ると、足場の強度が低くなるなどの危険性が高まるでしょう。
また、抜け毛が放置されることで衛生面でも良くありません。

キャットタワーをDIYするためのグッズ 5選

出典:https://www.shutterstock.com

最後に、キャットタワーをDIYするためのグッズをご紹介します。
これらのグッズを利用して、効率良くキャットタワーをDIYしましょう。

ラブリコ キャットタワー DIYパーツセット

キャットタワーをDIYするパーツが、セットになった商品です。
市販の2✕4材と組み合わせてキャットタワーを組み立てることができます。
工具が不要なため、簡単におしゃれなキャットタワーを作ることができるでしょう。
また、さまざまなカラーが用意されており、部屋のデザインに合わせたキャットタワー作りができそうです。


ラブリコ キャットタワー DIYパーツセット

壁に設置できるキャットウォーク クリアタイプ

壁に取り付けるタイプの猫の足場です。クリアタイプのカプセル部分の直径は35cmあるため、体が大きめの猫でもくつろぐことができます。DIY感覚でお好みの高さに設置することができ、下からくつろぐ猫の可愛らしい姿を見ることができます。先にご紹介したラブリコと組み合わせれば壁に穴を空ける必要もないため、賃貸でも活用することが可能です。


壁に設置できるキャットウォーク クリアタイプ

animacolle キャットウォーク

キャットタワーをDIYする時に使用するステップです。
透明なデザインになっているため、くつろいでいる猫の肉球やお腹を楽しむことができるでしょう。
大きめなサイズになっており、身体の大きな猫でも十分使用できるはずです。


animacolle キャットウォーク

animacolle キャットラダー

壁に取り付けることができる、キャットタワーのDIY用のステップです。
大きな猫が乗っても、しっかりと身体を支えてくれます。
また、特別な工具は必要ないため、簡単に取り付けることができるでしょう。


animacolle キャットラダー

壁付け 吊り橋 キャットウォーク

キャットタワーのDIYのデザイン性を高めるためには、このグッズがおすすめです。
吊り橋のようなデザインは、可愛らしさと実用性を兼ね揃えています。
ほかの人と違うようなデザインのキャットタワーをDIYしたい人は、このグッズを使用するだけで印象的なキャットタワーにすることができるはずです。


壁付け 吊り橋 キャットウォーク

キャットタワーのDIYを楽しもう

出典:https://www.shutterstock.com

キャットタワーのDIYは、好きな材料で好きなように作ることができるのが魅力です。
また、材料や工夫次第で、市販のキャットタワーよりも安価なのもメリットとして挙げられます。

しかし、キャットタワーをDIYする際には、足場の強度に気を付けなければなりません。
いくらデザイン性が高くても、猫が使用している時に壊れてしまうと大きな怪我に繋がる可能性もあります。

また、適度な高さにしなければ、定期的なメンテナンスをすることができなくなるでしょう。
注意点を守れば、キャットタワーのDIYはとても楽しいものです。
さまざまな材料から、部屋のデザインや用途にあったキャットタワーを楽しみましょう。

参考サイト
rooming(参照日:2023-03-06)
https://item.rakuten.co.jp/beadsmania/bm-26576/

キラキラハイム(参照日:2023-03-06)
https://item.rakuten.co.jp/kirara2/10137582/

animacolle(参照日:2023-03-06)
https://item.rakuten.co.jp/animacolle/700003/
https://item.rakuten.co.jp/animacolle/70099l/

AiO Online Store(参照日:2023-03-06)
https://item.rakuten.co.jp/aio-shop/20210921-2/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事